【不倫調査】自分で尾行してバレずに証拠を得る!その方法を徹底解説

【不倫調査】自分で尾行してバレずに証拠を得る!その方法を徹底解説

「最近の夫(妻)の行動は何だかおかしい! もしかすると不倫をしているかもしれない…」

「真相を確かめたいけど、探偵に依頼して不倫調査すると莫大な費用が掛かりそうだから、自分で尾行をして確認したい!」

自身の配偶者の不倫疑惑を持ったときは、自分で尾行して不倫調査をしたみたいと考える方もいます。探偵は高額な料金が掛かるため簡単には使えないからです。

ここでは配偶者を自分で尾行して不倫調査し、証拠を得る方法について徹底解説。本記事を読めば、自分で尾行するための準備、方法、注意点、ポイントなどがわかります。

自分で尾行するリスクなどもお伝えしますよ。

自分で尾行を行うための準備は万全に

自分で尾行を行う準備

配偶者を自分で尾行して不倫調査するなら、事前の準備をしっかりとしていないと高確率で失敗に終わります。

事前に準備すべきことは次の通りです

それでは個別にお伝えしますね。


尾行に必要な機器を揃える

自分で尾行し不倫調査をするため、配偶者と不倫相手が接触した場合は、当然ですが自分でその場面を撮影する必要があります。

大事な場面を押さえるのですから、拡大ズームが十分で夜間でもバッチリとれるカメラやスマホなどの用意が必要です。

ラブホテルの出入りなどの決定的な場面を押さえられるように、ぱっぱっと操作できるための事前練習は欠かせません。


GPSで見逃しを防ぐ

おそらくあなたは初めての尾行ですよね。当然ながら探偵などのプロと比べると、その経験が不足しているため、途中で配偶者を見失う可能性は高いと言わざるを得ません。

配偶者を見失えば、もはやその日の尾行はそれまでですし、日を仕切り直しても、再び見失う日々が続く可能性は高いでしょう。

どうしても尾行する技術が不足しているため、こればかりは仕方がありません。

でも一旦配偶者を見失っても、短時間で再び見つけられて、尾行の再開を可能にしてくれる方法があります。

【リアルタイム型のGPS】を配偶者に仕掛けることです。

GPSあれば配偶者を見失っても、スマホで配偶者の現在地をすぐに確認できるため、それ元に追いかければ尾行が再開できます。

自分で尾行して配偶者の不倫調査をするのであれば、GPSを用意するのは必要不可欠だといえるでしょう。

ただし一般的なGPSを仕掛けても、精度などが悪くて実際の位置と大きくずれるため、見逃す可能性は高いです。


配偶者の行動分析をしておく

配偶者の行動分析

配偶者の尾行を実施するにあたり、次のような情報がわかっているのが重要です。

  • 不倫相手と会いそうな日
  • 待ち合わせ場所
  • いつも立ち寄る場所
  • 不倫相手と思われる自宅住所
  • 利用しているラブホテル…など

そもそも不倫相手と会いそうな日が分析できていなければ、配偶者を尾行しても空振りに終わる可能性は高いでしょう。よって配偶者の行動分析は、絶対に欠かせません。

箇条書きのような情報が多いほど、当然ながら尾行がし易くなります。

ときには入ることが予測されるラブホテルに先回りし、出入りをする瞬間を逃すまいと、シャッターチャンスを待ち構えるのも可能です。

このように、配偶者の行動を事前分析することが求められます。


配偶者の行動分析をするには

配偶者の行動を分析する方法としては、配偶者の帰りが遅い日や、怪しい動きした日などをすべてメモすることです。

メモが蓄積すれば、次のような仮説を立てられます。

「妻は毎週水曜日の夜は必ず深夜に帰宅するから、水曜日に不倫相手と密会しているかも」

仮説を元に水曜日に配偶者を尾行すれば、不倫の現場を押さえられる可能性は高まるでしょう。


不倫を疑う日の配偶者の持ち物チェック

怪しいと感じる日の配偶者の持ち物チェックをすれば、新たな情報を得られるかもしれません。

例えば、夫の上着から2人利用分の飲食店のレシートを発見したとします。帰宅が遅い日にいつもその飲食店のレシートがあったなら、配偶者は不倫相手といつもその店で食事をしていると予測できます。

このようにして、配偶者の様子を注意深く見ることで、配偶者の行動パターンが把握できるでしょう。


配偶者の行動分析をする上でもGPSは非常に有効

配偶者の行動を分析する上でも、GPSを活用するのは非常に有効。配偶者の怪しい動きをすべて把握できるからです。

機種によっては、設置したGPSの動きのすべてを記録するものがあり、その記録から多くの情報を得られます。

例えば、GPSの履歴から、夫はある住所地のマンションに過去5回も滞在しているのが分かった。しかもすべて夜の時間帯で、そのうち1回は早朝まで滞在していた…。

GPSが示したマンションは、夫の不倫相手が住んでいる可能性が高い、と推測できます。

推測を元に、尾行の途中で不倫相手のマンションに先回りし、2人が入る瞬間を撮るための万全な準備が可能になります。

GPSあれば配偶者の行動がすべて丸見えにできるため、尾行も明らかにやり易くなるでしょう。


協力者を見つけておく

1人より2人以上で尾行するのが望ましいため、友人などに頼んで協力者を見つけておきましょう。

本職の探偵であっても、対象者の見失いを防ぐために、尾行や張り込みは最低2人以上で行っているからです。加えて、1人で尾行するよりも2人のほうが怪しまれません。

同姓の協力者を見つける

協力者を異性にするのは避けましょう。もし、配偶者に見られたときに、逆に不倫をしていると疑われてしまい、面倒な事態になるからです。


移動経路の確認と準備

移動経路の確認

配偶者の行動分析ができたなら、不倫調査する当日の配偶者の動きが予測できるでしょう。その予測に合わせて万全な準備が必要です。

例えば、夫は職場を出た後に電車を利用して、〇〇駅で下車して、そこで不倫相手と待ち合わせして、不倫相手の家に行っている。

配偶者の行動が読めているなら、事前にそのルートの下見をしておくことで、当日のスムーズな尾行を可能にします。

知らない土地なら尚更に下見が必要です。


尾行手段の準備

交通系ICカードは十分チャージしておきましょう。改札口で残金が足らずに、清算をしている間に配偶者を見失う事態を防ぐためです。

また車で尾行するなら、自家用車だとバレる可能性が高くなるため、不倫調査の当日に車をレンタルできるように手配しましょう。


配偶者を油断させる

配偶者を油断させ、不倫調査をし易くさせるために、トラップを仕掛けます。例えば、夫が不倫相手に会う可能性が高い日に、配偶者に次のようなこと伝えるのです。

「その日は実家に戻る用事があって、久しぶりだから泊っていくね」

このようなことを伝えておけば、夫が実際に不倫相手と会う可能性が一段と高まります加えて、妻が家にいないのを機に、ラブホテルや不倫相手の家で一夜を過ごす可能性が高いでしょう。

尾行の方法とポイント

尾行の方法とポイント

配偶者の配偶者調査をするための準備が万全に整ったなら、実行に移します。ここからは自分で尾行をする際の方法やポイントなどをお伝えします


当日の服装など

配偶者の当日の動きを想定し、その場面に合わせた服装を選び、できるだけ目立たない地味な服装をすることです。

配偶者があなただと気づかれないために、次のような工夫などをして、雰囲気を変えましょう。

  • メイクを変える
  • 眼鏡をかける(裸眼の場合)
  • ウィッグをつける
  • 帽子をかぶる
  • 新しい服装…など

探偵のイメージでよくあるサングラスは、逆に目立つため掛けてはいけません。

靴については、できるだけ走り易い & 靴の音が極力しないものを履くようにしてください。尾行中に走ることも多くあるからです。


尾行の開始時におけるポイント

ここでは説明がわかり易いように、配偶者が退勤した後を想定してお伝えします。

配偶者が家を出るときの服装は、しっかりと確認しておきましょう。服装も尾行するための基本的な情報だからです。

まず配偶者が、職場の建物から出ていくところを張り込みしますが、その前にトイレは必ず済ませてから開始します。

職場の玄関から一瞬たりとも目を離してはいけません。人混みの多い場所なら、それだけでも見失うことも十分あるからです。忍耐強く配偶者が出てくる瞬間を待ちましょう。


配偶者が移動中の際の尾行ポイント&コツ

配偶者が職場の建物から出てきたなら、焦らずに距離を置いて尾行を開始します。

尾行における距離は、そのときの人込みや交通量を考慮して適切な間隔を置きましょう。人混みが多ければ、配偶者を見失う可能性も高まるので、距離を近めにするのは仕方がありません。

終始、配偶者から目を離しはいけませんが、頭や顔の方を凝視してはいけません。

配偶者が「誰かにずっと見られている!」と感じ、まわりを注意深く見る結果、尾行しているのがバレる可能性があるからです。

バレない尾行をするためには、配偶者の足元あたりを見ながら、無表情で斜め後ろから追うのがコツです。 

配偶者が角を曲がる手前では、距離を縮めるようにします。曲がった先の建物や路地裏に入るなどで、見失ってしまう可能性があるからです。


配偶者が後ろを振り返っても動じない

急に配偶者が後ろを振り返っても、ビックリしたり、動揺してはいけません。目立ってしまい、こちらの存在がバレてしまうからです。

何も動じずに表情はそのままで歩きましょう。


配偶者が建物に入った際の尾行ポイント

尾行しているときに、配偶者がお店や銀行などに入った際は、協力者と連携してその建物の出入り口を調べます。2ヵ所以上あるのなら、分かれて配偶者が出てくるのを見張りましょう。

もし配偶者が大型の施設に入ったのなら、出入り口がたくさんあるため、そのまま出てくるのを待っても見逃す可能性が高いです。そのまま配偶者の尾行を続けます。

尾行するときに大事なのは、その場の雰囲気に合わせて行動をすること。例えば、配偶者がスーパーに入ったなら、こちらも買い物かごを持つなどして、その場に溶けこむのが大事です。


車を使って尾行する際のポイント

徒歩による尾行より、さらに難易度が高い車での尾行となります。

車で尾行する場合は、お伝えした通り、バレる可能性が高い自家用車を使うのではなくレンタルカーで尾行しましょう。

協力者にも車を出してもらい、2台以上で追跡することは必須となります。同じ車が後ろからずっとついてくれば、間違いなく配偶者は不審に思うからです。

渋滞などに巻き込まれれば、1台だけだとすぐに見失います。車が1台しか用意できない、または車の運転に慣れていないなら、配偶者に追随する方法での尾行は諦めるのが無難です。

リアルタイム型で精度の高いGPSを利用して、後追いでの尾行方法がもっとも安心で現実的です。


徒歩の尾行で見失ってもGPSがあれば追跡ができる

徒歩で尾行する場合も同様で、どうしても深追いできない場合もあります。GPSを使って後追いができる状態にしておけば、一度配偶者とはぐれても、その後に再び尾行できる可能性は高いです。

GPSがあれば、配偶者を完全に見失うリスクを下げられます。

不倫相手と接触してからの尾行ポイント

不倫相手と接触してからの尾行ポイント

尾行中に、配偶者と不倫相手が一緒になったなら、まずは深呼吸をして落ち着くことです。

配偶者の不倫が確定に近づいたことで、気が動転するかもしれませんが、ここで変な動きをしてバレてしまえば元も子もありません。

落ち着いていると自覚できているのなら、焦らずに不倫相手の顔と全身を撮影しておきます。

もちろん、配偶者と不倫相手が手を繋いだり、抱き寄せている場面などがあれば、それも逃さずに撮っておきましょう。

その後も、2人を定期的に写真や動画で撮るようにして、親密さ証明できるように証拠を残します。


ラブホテルに入る瞬間を狙う

現時点までにおける配偶者の行動パターンは、事前に分析した通りになっている。この後も分析した通り、いつものラブホテルに行く可能性が高いと判断したとします。

念のため協力者はそのまま尾行させて、自身は先回りしてラブホテルで待ちかまえて、シャッターを押せる準備ができます。または協力者ともにラブホテルで待ちかまえて準備すれば、決定的な瞬間を押さえられる可能性がさらに高まるでしょう。


写真の撮り方

具体的な撮り方ですが、配偶者と不倫相手がラブホテルに入る瞬間を狙って撮ります。

建物がラブホテルだと一発で特定できるように、ホテルの看板も一緒に写りこむように撮れればより理想的です。


裁判所に不倫を認めてもらうには

裁判になったときも想定して、完璧な証拠が欲しいのなら、2人がラブホテルから出る瞬間も押さえる必要があります。

裁判で不貞行為があったと認めてもらうには、2人がラブホテルに入る瞬間、出る瞬間、両方の場面がある方が望ましいからです。

協力者と交代ごうたいで、出てくる瞬間を撮れるように準備をしておきましょう。


私有地での張り込みはNG

ラブホテルまたは不倫相手の自宅で張り込みをする際は、私有地に入っては絶対にいけません。

特に住宅地でそれをやれば、住居侵入罪などで逮捕される最悪な事態となる可能性もあります。

公の歩道などで張り込むとしても、長時間に渡り同じ場所にいると近所から不信に思われて、警察に通報されることもあります。適度に張り込む場所を変えるようにしましょう。

尾行がバレることで招く危機

尾行がバレることで招く危機

夫や妻を尾行するのですから、当然ながら探偵などの他人が尾行するより、バレるリスクが高まるのは仕方ありません。

その上、尾行の経験値が不足しているため、距離感を詰め過ぎて鉢合わせになったりする恐れも十分あるのです。

もし、配偶者を尾行し不倫調査をしているのがバレたならば、以下のような取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。

「コソコソ俺のことをつき纏いやがって、お前はストーカーか!」などと逆ギレされる…。

その上、自分が不倫を疑われていることを知った配偶者は、今後はより警戒するので不倫の証拠を得られにくくなります。

結果、不倫が原因で最終的に離婚となっても、証拠がないのため配偶者に慰謝料を払わすことができません。


望まない離婚に繋がることも

もし、配偶者が不倫をしていない場合は「私は夫に尾行されるくらい信用されていないのか…」と強いショックを受けます。

今まで良好だった夫婦関係にもヒビが入り、それが原因で徐々にお互いに距離ができます。

最終的には「これ以上、夫とはやっていけない」となり、離婚に繋がる事態にも…。

以上のようなリスクがある以上、配偶者を尾行しているのをバレてはいけません。

尾行がバレないためにすべき3つのこと

尾行がバレないためにすべきこと

それでは尾行がバレないために、やるべきことや心掛けるべきことを最後にお伝えします。

主には次の3つです。

個別に内容をお伝えします。


自分の雰囲気を変える

「当日の服装など」の欄でもお伝えした通り、自分の雰囲気を変えるのは絶対です。

雰囲気をガラリと変えれば、尾行中に配偶者と鉢合わせになっても、その場をすぐ立ち去れば、バレずに済む可能性が十分あります。

雰囲気が変われてるかの基準

自分の雰囲気が変えられているか否かの判断は、親友などあなたをよく知る人物の前に姿を出すことです。

親友などがあなただと気づかない場合は、自分の雰囲気を変えることに成功していると判断できます。


無理をしない

尾行中に、配偶者がしきりに後ろを気にする様子が見られたのなら、「誰かにつけられている?」と不審に感じている表れです。

ここで無理をすると、バレる可能性が高くなるため、すぐに自然な感じでその場を離れましょう。配偶者の警戒心は薄らぎます。

はぐれてしまっても、不倫調査用のGPSがあれば、配偶者の現在地がわかるため、再び尾行につける可能性は高まります。

再び尾行についた際は、「また同じ人がいる!?」と思われないために、身につけていた上着や帽子などを変えた方が安全でしょう。


言いわけを用意しておく

こちらの存在を配偶者に気づかれても、繁華街やオフィス街であれば、偶然を装えば尾行をバレずに済みます。

例えば、協力者と一緒にいたなら、次のようなことを伝えましょう。

「あら偶然ね。どこいくの?私は今から〇〇(協力者)とご飯にいくの」

このように伝えれば、自然な感じなので、尾行している疑いを配偶者に持たれません。

万が一のときを想定して、言いわけをいくつか考えておきましょう。

まとめ

自分で尾行してバレずに不倫の証拠を得る方法のまとめ

配偶者を自分で尾行して不倫調査をする方法を取り上げました。

事前の準備や尾行の対策は必須ですが、お伝えしたことを実践して頂ければ、自身での不倫調査は可能です。

お伝えした方法ではハードルが高い、尾行がうまくいかずに配偶者にバレそう…と感じるなら、次の記事が参考になります。

≫ 【夫の不倫の証拠がない…】全く掴めない方の証拠の掴み方を徹底解説

この記事でお伝えしている方法でも、十分に不倫調査や証拠を得ることができますよ。

それでは最後まで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA