イチロク GPS

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » イチロクGPSなら低費用で簡単に不倫調査ができて証拠も入手!その理由を徹底解説

イチロクGPSなら低費用で簡単に不倫調査ができて証拠も入手!その理由を徹底解説

「夫の不倫を疑っているんだけど、スマホは完全にロックされているし、証拠の手掛かりになりそうな物を何も残さないから、全く証拠が見つからない」

 

「探偵に依頼すれば、不倫の証拠を入手できるかもしれないけど、何も情報がつかめていないゼロの状態からだと、莫大な費用が掛かりそうだから、それは無理…」

 

この状態になると八方ふさがりですよね。

 

だけど、このまま何も手を打たないとなると、嫌な気持ちがずっと続くし、最終的に離婚となっても慰謝料は0円…。

 

 

でも大丈夫!全く手がかりが無い方でもイチロクGPSを使えば、低費用で簡単にパートナーの不倫事実の有無が分かる上に、証拠も入手できる可能性が十分あります。

 

そう思えるのも、私が実際にイチロクGPSを使ってみて実感したからです。

 

ここでは、その理由などを詳しくお伝えしますね。

 

 

Contents

イチロクGPSをレンタルしようと思った理由

旦那の浮気の証拠がない、全く掴めない方の証拠の掴み方はコレ!」の記事でもお伝えしている通り、全く不倫の証拠を残さないパートナーから、探偵を使わない方法で不倫の事実をハッキリさせる。

 

加えて、証拠を入手する方法はGPSを仕掛ける以外は現実的に難しいです。

 

ところが不倫調査で使えるGPSは簡単には手に入りません。

 

少なくとも次の4つの要件すべてを備えているGPSが必要です。

 

    • 高い精度
    • 無音&無振動
    • 耐久性が強い
    • 大容量バッテリー

 

これに加えて、「一般の方でも使えるのか」が重要です。

 

Amazonや楽天市場などで市販されているようなものは、この4つを満たすものは全く無く、特に精度や耐久性の面で使い物にはならないものばかり。

 

GPS位置が全く違う位置を示したり、利用して1週間も経たずに壊れる、等といったことが起こるので、不倫調査には全く役に立ちません。

 

不倫調査でも使える4つの要件を備えたGPSがないかを調べていたところ、目に留まったのがイチロクGPSのホームページでした。

 

 

当社以上の高性能・低価格・良サービスのGPSレンタル会社があればお知らせください

 

 

こんな大それたことを言いきれるほど自信があるGPS。

 

それに加えて、次のような内容にも強く興味を惹かれました。

 

    • 設定は、ほぼナシ
    • 探偵業者にもレンタルしている
    • 利用者数16,000件を突破
    • 国内最安値&往復送料と保証金0円
    • バッテリー平均稼働30日

 

GPSレンタル会社として実績は十分あるし、魅力的な内容ばかり。

 

そこでホームページに載せられている通り、本当に不倫調査で使えるGPSなのか?

 

一般人の私でも扱えることができるのか?を確認したくなりました。

 

>> イチロクGPSの詳細はこちら

 

 

 

イチロクGPSをレンタルした方の口コミ

実際に、イチロクGPSをレンタルする前に、口コミも調べてみました。

 

もし悪い内容ばかりだと期待できるものではなく、お金をドブに捨てるようなもので、それは絶対に避けたかった為です。

 

主な用途が不倫調査用のGPSですから、やはりポジティブな物ではない為か、出所がハッキリしている口コミは、イチロクGPSのホームページのものしかありませんでした。

 

アマゾンや楽天市場などでレンタルできたなら、もう少し口コミもあったと思いますが、現状はイチロクGPSの公式ホームページだけなので仕方ないですね。

 

 

ということで、ホームページからの口コミを2つ抜粋。

 

 
妻の浮気調査に使わせていただきました。

 

探偵に依頼することなく事実を突き止めることができました。

 

 
仕事や育児の中、検索出来ない状況でしたのでスケジュール機能付きで利用させていただきました。役に立ちました。

 

自社の商品の悪い口コミを載せるわけがないので、これだけでは何とも言えませんね。

 

 

イチロクGPS利用者アンケートの結果もチェック

イチロクGPSの利用者に、以下の2つの内容のアンケートをとった結果も載っていました。(2018年4月~8月の利用者500名対象)

 

結果はでましたか?
はい・・・411名(82.2%)

いいえ・・・28名(5.6%)

どちらでもない・・・61名(12.2%)

 

利用してよかったですか?
はい・・・435名(87.0%)

いいえ・・・13名(2.6%)

どちらでもない・・・52名(10.4%)

 

このような自社アンケートの大半は、「利用して満足した方は97%!」みたいな高評価に出していることが多いものです。

 

ですので、絶対に数値を操作しているでしょ?!と感じずにはいられないのですが、この結果は逆にリアルな感じがしたので、信用できるかも?と判断し実際にレンタルしました。

 

 

 

GPSと分からぬように届いた

実際にレンタルを申し込みした日の翌日に、実物が届きました。

 

日時指定ができるし、運送会社に引き取りに行くこともできるので、GPSをレンタルしたことをパートナーに知られてしまう、という事態は確実に防げますよ。

 

なお、送り状の品物の欄には通常「通信機器」と明記されますが、それをこちらが指示することもできます。

 

梱包箱に貼られた送り状

 

私は画像のように「ホームスピーカー」と明記してもらいました。

 

このような表記でしたら、もしパートナーの目に留まっても怪しまれることはありません。

 

でも、1つ気になる点が・・・。

 

梱包箱の側面に次のようなシールが貼られているのです。

 

梱包箱の側面と貼られたシール

 

このシールを貼っているのは、イチロクGPS側か運送会社側かは分かりませんが、このシールが貼っているのに、備考欄に「化粧品」とすると明らかに怪しいですよね。

 

ですので、化粧品類を明記したい場合は、事前に問い合わせる方がいいでしょう。

 

 

到着後すぐの調査OK&無駄なくレンタル

イチロクGPSはフル充電で発送されるので、届いてすぐに不倫調査はできますので、至急したい場合も問題なし。

 

またGPS開始日は、届いた日を起算日として3日以内の日を指定できるので、届いた初日を外すことも可能な為、レンタルできる時間をロスなく目一杯に利用することも可能です。

 

 

 

イチロクGPS(Pro-NEXT)を実際に使用

イチロクGPS本体一式と付属品

 

ここから実際に、イチロクGPSを使った感想などをお伝えしていきます。

 

なお、私が利用したのは最上位機種の「Pro-Next」です。

 

結論を先にお伝えすると、予想以上に性能の良い優れたGPSでしたので、これならばパートナーの不倫事実をハッキリさせられるし、証拠も得られる可能性も十分あると感じました。

 

では、その理由などを詳しくお伝えしますね。

 

 

ラクラク設置&GPS端末機の落下・故障の心配なし

まずは車にイチロクGPSをつけて、実際に軽く運転してみました。

 

 

イチロクGPSを車体底に設置

画像引用:イチロクGPS公式サイトより抜粋

 

 

設置した場所は、上の画像と同じような部分です。

 

GPSに超強力な磁石が内蔵されているので、車にすぐピッたとくっつきました。

 

ですので、誰でも簡単に設置することができますよ。

 

その上、どんなに強い振動を受けても、高速道路で速いスピードを出しても外れないし、完全防水&防塵なので雨天はもちろん、雪やダートっぽい道でも大丈夫。

 

つまり、車からの落下や故障の心配ありません。

 

それなのにGPS端末を車から剥がすときは、軽~く引っ張るだけでとれたので、凄い不思議でした。

 

 

 

 

GPSが電波を受信しにくい繁華街でテスト
今回はGPSが人工衛星からの電波を受信しにくい、高い建物が密集する繁華街に絞ってイチロクGPSをテストしました。

 

不倫調査用のGPSなので、やはりそのあたりのパフォーマンが最も気になった為です。

 

このことをテストする上で、車ではなく自転車や徒歩でイチロクGPSを持って移動。

 

私は車の運転が下手なので、繁華街で運転する自信が全く無かったからです。(苦笑)

 

それでは実際にイチロクGPSを持って、繁華街を移動した結果をお伝えします。

 

 

 

操作は超簡単!

迷うことはありませんでした。

 

パートナーの行動を今確認したい、または移動履歴を確認したい場合は、専用サイトにアクセスして、説明書に記載のIDとパスワードを入力するだけ。

 

 

イチロクGPSのログイン画面

 

この後にお伝えする、動いている時の経路を表示する「移動履歴」や、指定したエリアに進入・退出したことを知らせる「エリア設定」も本当に簡単でした。

 

ですので、普段あなたがスマホを扱っているのなら、操作面で迷うことは全く無いと思うので、「GPSって難しくて使えないかも…」という心配は無用です。

 

 

 

移動履歴で過去の行動をすぐ確認OK

 

実際にログインすると、自動で衛星を受信して現在のGPSの位置を表示してくれます。

 

そして自動的最短10秒間隔で更新して対象を追うことができるのです。

 

 

・・・とはいえ、ずっとスマホやパソコンでパートナーを見ている暇なんてないですよね。

 

その場合は移動履歴で、パートナーの行動を確認することができますので、実際にやってみます。

 

移動履歴の設定

 

赤まるで囲んだ「移動履歴」をタップ(クリック)をして、調べたい期間を入力し、検索ボタンをタップするだけで表示させることができます。

 

1分単位で設定できるところが凄いと思いました。

 

 

パートナーの移動履歴の全てが一目でわかる

私が移動履歴を確認してみて、最初に驚かされたのがこれです。

 

 

この動画は、私が自転車でイチロクGPSを持って移動した履歴の一部を自動再生したものです。

 

確かに、この通りの動きをしていました。

 

 

建物の中を移動しているように見えるのは、10秒ごとにGPS位置を記録していて、その点と点を直線で結んでいるからであって、実際は主に道に沿って移動しています。

 

次に約1時間にわたり、繁華街の周りの道などをウロウロと移動した経緯などが分かるのが次の画像。

 

 

全移動履歴

 

大型施設に入って、そのなかのどの辺りを移動したかも、しっかり履歴に残っています。

 

さらに、赤色で示された経路で調べたい位置をタップ(クリック)すると、下記の①~⑤の情報を知ることができるのです。

 

 

イチロクGPSに記録された各データ

上画像の赤丸数字を参照

① 記録日時(秒単位)

② 住所(号まで)

③ 停止時間(分単位)

④ 移動中のスピード目安

⑤ その時における誤差の目安

 

③の停止時間の記録が残ることで、ラブホテルや不倫相手の家などに、どれくらいの滞在していたのかを証明できる証拠となります。

 

 

そしてオレンジ色の丸で囲った「ストリートビュー表示」をタップすると、その場所のグーグルのストリートビューを見ることができます。

 

ストリートビュー

 

この機能を使えば、対象となる場所のことを全く知らなくても、その地点の360度見渡せる写真でそこがどんな所かを確認できます。

 

たとえば停止時間が長い履歴の場所があった為、その場のストリートビューで確認したところラブホテルだった。

 

この場合、パートナーは不貞行為をしていた可能性が大ということになります。

 

 

指定したエリアに入ったときに知らせてくれる

指定したエリアに進入・退出したことをメールで通知してくれるエリア設定もできます。

 

エリア設定をするには、画面の下にあるメニューバーの「エリア設定」をタップ。

 

 

エリア設定

 

上の画像の赤文字で示した箇所を入力などするだけで簡単に設定ができます。

 

そして実際に指定したエリアに進入・退出すれば、<エリア進入><エリア退出>といった件名のメールが、設定したアドレスに届きますよ。

 

また進入・退出の履歴は専用サイトでも確認が可能です。

 

エリア進入・退出通知

 

測定精度は概ね良好

お伝えした通り、今回テストした地域はGPSが電波を受信しにくい繁華街であり、しかも300mもの超高層ビルも建っています。

 

ですので、実際の位置とGPSが示す位置に大きな誤差が出ても、おかしくないと予想していました。

 

このような環境ならば、平気で200m以上の誤差を出すGPSも多いからです。

 

 

ところがイチロクGPSは違っていました。

 

テスト中に何度かスマホで、実際の位置とGPSが示す位置を確認しましたが、多くは3~5m以内のドンピシャで合っていました。

 

さすが日本の衛星測位技術の最先端である「NEWみちびき」を利用していることはある!と思いましたよ。

 

15mくらい違うかな?と思うことも少々ありましたが、その位の誤差ならラブホテルや、不倫相手の家を特定させる上では許容範囲です。

 

 

 

大きな誤差が出てしまう原因

ですが…稀に50m以上違っている時も確認できました。

 

とはいえGPSの精度は、場所、時間帯、季節、温度等に左右されることもあり、このような誤差が稀にでるのは仕方ないことですね。

 

現在みちびきは4機体制ですが、2023年以降は3機増やされる予定ですので、もっと精度は良くなると思います。

 

 

 

イチロクGPSを使ってみた感想

ここまでイチロクGPSの機能面などについて、私の感想を添えてお伝えしましたが、改めてまとめたいと思います。

 

私が最も良いと感じたのは、全自動かつ最短10秒間隔で完全追跡してくれる点です。(Pro-Nextモデルのみ)

 

この検索速度を出せるのも、イチロクGPSが自社独占回線で運営しているからであり、他社のレンタルGPSではこの速さを一定では出せません。

 

動いた内容を細かく全て記録してくれるから、パートナーの怪しい動きを見逃してしまうことを防げます。

 

しかも、面倒な設定が全くないところが本当にありがたかったですね。

 

 

パートナーが嘘をついているか否かはハッキリする

真実が見つかるという文字と虫眼鏡

 

不倫調査の命ともいえる測定精度も概ね満足いくものでした。

 

「〇丁目〇番〇号」と号単位でドンピシャに合っていることが大半だったので、パートナーの不倫調査としては問題なく使えます。

 

実際にパートナーが不倫をしていた場合、利用していたラブホテルや不倫相手の家を特定できる可能性も大いにありますし、またそのGPSの履歴は立派な状況証拠にもなります。

 

 

そして確実に言えるのが、パートナーの言動が一致しているか?が分かること。

 

たとえば、パートナーが「今日は急な仕事が入ってきたから、会社に泊まり込みになる」といった内容のLINEをあなたに入れてきたとします。

 

ところが、その時間帯のGPSの位置記録は見知らぬ住宅地を示していた・・・となれば、パートナーは嘘をついていたということが確定。

 

このような事実が何度も確認できたところで、次のような流れでパートナーに不倫を認めさせる&証拠を手に入れることも十分に可能です。

 

① パートナーにGPS履歴データを突き付ける

② LINEの内容との矛盾点をつく

③ パートナーが不倫を自白

④ 不倫した事実を書面にかかせる

⑤ 証拠を入手

 

この事については「イチロクGPSで取得した履歴データの活用法」の欄でも再度お伝えしています。

 

 

 

自ら積極的に不倫調査することの重要性

パートナーに不倫の疑いがある、または不倫しているのは分かっているが証拠が全くつかめないのなら、イチロクGPSを使うことで多くの場合、その疑問や悩みが解決できます。

 

イチロクGPSを使えば、パートナーの行動の全てが見えるので、真相をハッキリさせることができるのです。

 

 

パートナーの不倫に関して、じっと悩んでいても状況は変わらず、嫌な気持ちが支配する日々が続くだけ。

 

そんなのは絶対に嫌ですよね。

 

また、自分を裏切ったパートナーとの離婚を考えているなら、その原因を作ったパートナーやその不倫相手にはしっかり責任を取らせたいところ。

 

でも、今のままでは不倫の証拠となるものは全く無いので、慰謝料を払わすことはできません。

 

落ち込んでいる女性

 

夫婦修復を望んでも離婚となる恐れも

 

また離婚を考えてないとしても、パートナーとその相手との不倫関係が続いてしまうことで、別れさすことが難しくなってしまうことも。

 

なぜなら、不倫関係が長くなるほどお互いの関係性が深くなり、パートナーがあなたと別れて一緒になりたい、と思う可能性があるからです。

 

そうなれば夫婦関係を修復させることが非常に困難になり、あなたが望まなくても最終的には離婚となってしまう事態になりかねません。

 

その他、不倫の証拠が見つからないことの問題点についての詳細は「旦那の浮気の証拠がない、全く掴めない方の証拠の掴み方はコレ!」で取り上げています。

 

 

問題解決させるのはあなた自身

上記のような悲惨な結末に陥らない為には、やはりあなた自身が動かなければなりません。

 

探偵を雇うのが難しいのなら、イチロクGPSを利用する等して、自ら不倫調査をして真相をはっきりさせるべきです。

 

そして実際にパートナーが不倫をしていたなら、あなたが望む形での解決となるように、この問題に対処できるようにしなければなりません。

 

その対処には、やはり真実を証明するGPS履歴データが絶対に必要なのです。

 

積極的な行動があなたの将来を守ることに繋がります。

 

イチロクGPSの詳細は下のオレンジのバナーからご覧いただけます。↓↓↓

 

 

 

 

 

 

GPSでパートナーを追跡することの適法性

六法全書

 

パートナーの車などにGPSを設置して、不倫調査などをするのは違法行為だから、こちらが訴えられる?

 

あなたはGPSを設置することに、このような不安などをお持ちかもしれませんね。

 

結論からお伝えすると、夫婦の共有財産である車や、持ち物に設置するのは問題ありません。

 

配偶者の不倫が疑わしい状況に加えて、その事実確認または証拠を確保する為に、必要やむを得ない範囲であれば違法ではない。

※参考オンライン文献:ライリーなど

 

というのが、裁判所の基本的な考え方です。

 

実際に、不貞行為をしたパートナーに慰謝料を求める裁判の場では、GPS設置したことによる証拠が多く提出されています。

 

そこで提出した証拠が裁判で排除されたり、プライバシー侵害で損害賠償の支払い義務が生じることは、基本的にあり得ません。

 

 

注意して頂きたいのは、あくまで配偶者の場合だけであり、配偶者の不倫相手にGPSを仕掛けるのはご法度ですよ。

 

なお、パートナーにGPS追跡することの適法性の詳細は「違法?不倫の証拠を得る為のGPSや盗聴器を置くことについて解説」次の記事で取り上げています。

 

 

 

イチロクGPSで取得した履歴データの活用法

人差し指と折れ線グラフ

 

イチロクGPSで不倫調査をしたところ、ラブホテルに滞在していたことを証する履歴データを入手した。

 

この履歴データは裁判で不貞行為が認められる決定的な証拠になるのか?

 

不貞行為とは、配偶者以外の異性と体の関係を持つことをいいます。

 

残念ながら、GPS履歴データ“だけ”では、裁判所は不貞行為があったとは認めてくれません。

 

なぜなら、「運転していたら急に体調不良に襲われて、危ないし身体を休めたかったから、すぐ近くにあったそのラブホテルに入っただけ」等と反論される為です。

 

こちらが絶対に嘘だと主張しても、このような状況になる可能性はゼロではないので、裁判所はGPS履歴データの証拠だけでは不貞行為があったと認めてくれません。

 

 

GPS履歴データは立派な状況証拠になる

しかし、ラブホテルや不倫相手に家に滞在したことを示すGPS履歴データは、立派な「状況証拠」になるのは間違いありません。

 

状況証拠とは、それが不貞行為があったことを直接証明するものではなく、背景や関係などから事実を推定し、裏付けできる証拠となるものです。

 

確かに、GPS履歴データだけでは裁判では不貞行為があったと認めてもらえないけど、その他の証拠を組み合わせることで、不貞行為があったと認めてもらえるのです。

 

 

GPS履歴データとその他の証拠を組み合わせる例

 

たとえば、ラブホテルに滞在していたことが示すGPS履歴をパートナーに突き付けて、

 

「あなた不倫しているでしょ?離婚されたくなければ書面で不倫したことを認めなさい」等と詰め寄れば、大方のパートナーは離婚されたくないので書面で不倫を認めます。

 

その書面とラブホテルにいたGPS履歴データを一緒に証拠として提出することで、裁判で不貞行為があったと認められる可能性は高まります。

 

なおその際は、書面以外にもラブホテルの領収書やメンバーズカード、クレジットカードの履歴など、不倫に関するものは全て出させて外堀も固めましょう。

 

どのような内容の書面を書かせる必要があるのかは、「夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由」で取り上げています。

 

 

行動パターンを把握できれば探偵料金をグーンと抑えられる
パートナーの性格などによっては、ラブホテルや不倫相手の家にいたこと等を示すGPS履歴データを突き出して問い詰めても、言い逃れをし不倫を認めない場合もあるでしょう。

 

もし、あなたのパートナーがそのようなタイプであると思うなら、不倫したことを自白した書面を手に入れることはできません。

 

この場合は探偵に依頼し、新たな証拠を手に入れることが考えられます。

 

でもあなたは、「探偵は50万円とか100万円の費用が平気で掛かるから無理・・・」と感じますよね。

 

でもイチロクGPSで、パートナーの行動パターンが把握できていれば、不倫相手と密会している時間を狙って探偵に依頼すると、調査料金はグーンと抑えることができます。

 

 

行動パターンを把握した上で探偵に調査依頼した時の費用例

 

たとえば、毎週水曜日の夜は、パートナーがラブホテルに滞在していることがイチロクGPSで分かった。

 

ということは、その水曜日の夜はパートナーと不倫相手が密会する可能性が大だし、どこのラブホテルにいくかも予想がつく。

 

そこで、次の水曜日の18時から24時までの時間だけに絞って調査依頼をかけても、ラブホテルに出入りしている写真など決定的な証拠を得られる可能性は大です。

 

この場合の費用を次のような仮定で算出してみます。

 

調査時間:6時間

人件費:1万円(1時間あたり)

調査人数:2名

 

6時間×1万円×2名=12万円

 

決して安くはありませんが、何の手がかりも無い状態で調査依頼をするよりかは、断然に費用を押さえることが可能。

 

それに不倫したパートナーや不倫相手から払ってもらう慰謝料があるので、この程度の調査費用なら余裕で払えるし、お釣りも十分に返ってきますよ。

 

 

決定的な証拠を得られなくても不倫を立証できる可能性はある

 

事前にパートナーの行動パターンが予測できても、必ずしもその日にラブホテルに行くとは限らないのでは? とあなたは感じたかもしれません。

 

確かにその可能性はありますが、ラブホテルに出入りする写真以外の証拠でも、裁判で不倫を立証できる可能性はあります。

 

たとえば二人が抱き合ってキスをしている写真など、2人の親密さが分かる証拠を入手できた。

 

この証拠に加えて、イチロクGPSで得たラブホテルにいたことを示す履歴データを組み合わせれば、裁判で不貞行為があったと認めてもらえる可能性は高まります。

 

この判断は、自分自身では難しいでしょうから、不倫問題が得意な弁護士に相談すれば分かりますよ。

 

結果、裁判でも十分に立証できるとなれば、探偵に新たな不倫調査を依頼する必要はなく、追加の費用は発生せずに済むのです。

 

 

 

イチロクGPSの記録は必ず保存

HDDドライブ

 

イチロクGPSで記録した履歴は、端末を返却すると削除されてしまいます。

 

せっかく不倫の証拠ができても、削除されては元も子もないので、返却する前に自分で履歴データはしっかりと保存することが必要です。

 

 

イチロクGPSの履歴データを保存する方法

 

自分で履歴データを保存する方法としては、パソコンや携帯の画面のスクリーンショット(画面保存)を取ることです。

 

不倫が疑える行動をした日の移動経路などを表示させて、それをスクリーンショット機能で保存しましょう。

 

些細なデータであっても全て取っておくべきです。

 

なぜなら、そのデータがパートナーの嘘を明かしてくれる可能性などがあるからです。

 

 

有料で履歴データを送ってもらうことも可能

有料にはなりますが、イチロクGPSを運営している株式会社ミッドリブから、履歴データをまとめたものを送ってもらうこともできます。

 

納品方法は次の2つとなります。

 

■メール送付:5,500円(税込み)

納付媒体:エクセルファイル

 

【保存内容】

    • 取得日時 
    • 緯度/経度
    • 取得住所 
    • 停止時間
    • アクション

 

■USBメディア送付:8,800円(税込み)

納付媒体:エクセルファイル&PDFファイル

 

【保存内容】

    • 取得日時 
    • 緯度/経度
    • 取得住所 
    • 停止時間
    • アクション

 

有料の履歴データが欲しい場合は、必ずイチロクGPSを返却までにその旨を連絡する必要があるので、ご注意くださいね。

 

 

イチロクGPSは3種類

イチロクGPSの種類

画像引用:イチロクGPS公式サイトより抜粋

 

イチロクGPSは3つのモデルがあります。

 

    • お手軽GPS
    • Pro-GPS
    • Pro-NEXT

 

最下層モデルのお手軽GPSは確かに安いんですが、簡易調査用なので不倫調査には向いていません。

 

他の2つのモデルと比べ、使えない機能は多いし、バッテリー持ちもよくないし、何よりも精度がイマイチ…なので期待できる結果を得られる可能性は低そう。

 

ですので、「Pro-GPS」「Pro-NEXT」の2つのモデルが選択肢に残ります。

 

そこで、この2つのモデルの違いをお伝えしますね。

 

 

モデル Pro-GPS Pro-NEXT
精度

良い

★★★★

かなり良い

NEWみちびき対応

★★★★★

大きさ(mm)

45×75×20

55×40×10(mini版)

60×85×33
検索方式 手動/予約検索 完全自動

平均稼働

20日 40日
滞在時間

位置検索時に取得可能

 自動取得

移動履歴

位置検索時に取得

 自動取得

移動速度

取得不可

 取得可能

地図 番地まで 番地まで

ストリートビュー

対応 対応

 

「Pro-GPS」は完全自動検索ができないのがマイナスですし、何と言っても不倫調査の命と言える精度が「Pro-NEXT」より劣ります。

 

具体的には、「Pro-NEXT」の精度が平均5m前後に対して、「Pro-GPS」は平均20m~30mなので、この差は大きいと言わざるを得ません。

 

ですので、断然に「Pro-NEXT」がお勧めです。

 

しかし「Pro-NEXT」は少し大きいし、そこそこ重いのでパートナーの持ち物に忍ばせてしまうと、バレる可能性が大。

 

ですので、車に設置するのなら「Pro-NEXT」の一択、そうでない場合はPro-GPSの「mini」サイズの選択が最適です。

 

 

>> WEB申込みならPro-NEXTが1,000円引き

 

 

Pro-GPS と Pro-NEXTのレンタル料金
レンタル期間 Pro-GPS Pro-NEXT

差額

3日 14,800円 18,800円 4,000円
7日 17,800円 22,800円 5,000円
15日 22,800円

28,800円

+1日

6,000円
30日 29,800円

38,800円

+3日

9,000円
60日 57,800円

69,800円

+5日

12,000円
90日 79,800円

99,800円

+10日

20,000円

 

(税込み)

 

共通しているのは、レンタル期間が長くなるほど1日あたりの料金は安くなっていますね。

 

なおイチロクGPSは、往復の送料が無料だし、支払い方法を代引きにした際の手数料も無料(佐川急便のみ)なので、上記の料金以外は掛かりません。

 

 

Pro-NEXTだけの2つの特典

 

【特典1】

只今、キャンペーン中にてWEB申し込みをすると、さらに1,000円引きとなります。

 

【特典2】

レンタル期間が15日以上のプランになると、表に載せている日数分がプラスされて、長くなります。

 

90日プランだと、10日間プラスされるので100日間レンタルできますよ。

 

 

 

イチロクGPSの申し込み&返送方法

申し込み方法は凄く簡単です。

入力が必須の項目はたったの9つだけ。

 

また、レンタル商品にありがちな身分証明書を用意する必要もありません。

 

 

申し込みステップ ①

イチロクGPSのホームページの一番下にある申し込みボタンをクリック。

 

イチロクGPSの申し込みボタン

 

 

申し込みステップ ②

お申込みフォームが出てきますので、次の項目をプルダウン選択。

 

    • 機種を選択
    • 磁石の有無
    • レンタル期間

 

選択が完了したなら「ご注文手続き」のボタンをクリック。

 

 

申し込みステップ ③

お客様情報を入力する画面に切り替わります。

 

そして以下の情報を入力。

 

    • お名前
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • ご自宅住所
    • お届け先住所
    • お支払方法
    • お届け希望日時(任意)
    • ご利用開始日(任意)
    • 備考欄(任意)

 

各項目の入力が終われば、同意規約にチェックを入れて「ご注文を確定する」ボタンを押せば、申し込みは完了です。

 

イチロクGPS申込みの同意事項

 

なお、受付時間中に限り電話注文も可能ですが、WEB申し込み限定の1,000円割引(Pro-NEXT)の適用はありません。

 

 

支払い方法は3種類

支払い方法については次の3つの種類があります。

 

    • 銀行振り込み
    • クレジット払い
    • 代金引換

 

なお、佐川急便なら代引き手数料は無料&その際のクレジット払いも可能です。

 

 

イチロクGPSの返送手続きは簡単

レンタル期間終了後はイチロクGPSを返送する手続きがありますが、これも凄く簡単だし、面倒な梱包も無くて楽でしたよ。

 

やるべき作業は、イチロクGPSと同梱されていたレターパックに入れて、郵便ポストに入れるだけ。

 

 

イチロクGPSの返送キット

 

返却はレンタル終了日の翌日の消印までの有効です。

 

なお、郵便ポストの集配トラブルなどのリスクが気になる場合は、郵便局の窓口に持ち込むのが最も安心ですよ。

 

 

 

イチロクGPSの設置がバレない為には

何かを発見した男性

 

イチロクGPSを利用するにあたっての心配事の1つは、パートナーに設置したことがバレないか?だと思います。

 

Pro-NEXTの端末は、大きさは60×85×33(mm)とそこまでコンパクトではありませんが、無音で無振動、電源ランプも表から全く見えないし、色も真っ黒です。

 

ですので、無事に車にGPSを設置できれば、バレる可能性はほとんど無いでしょう。

 

それでもバレてしまうとすれば、車検のときです。

 

整備員が車をくまなく検査をするので、GPSが設置されていることに気付き、パートナーに報告されてバレてしまうことに。

 

ですので、設置しようとする車の車検時期を事前に確認することです。

 

もし時期が近いようであれば車検後にレンタルするようにしましょう。

 

 

その他バレてしまうケース

他にもイチロクGPSのことをバレてしまう主なケースは次の通り。

 

    • 余計な質問をしてしまう
    • 説明書などを放置
    • 荷物の受け取り時
    • パートナーと共有する端末でログイン

 

これらの中で、特に気をつけて頂きたいのが「余計な質問をしてしまう」ことです。

 

この例とすれば、パートナーに「今どこにいるの?」と聞いたら「まだ職場だよ」との答えが返ってきた時、GPSは全く違う場所を示していた。

 

そうなれば「絶対にウソでしょ!?」と言いたくなりますよね。

 

でも言われた側のパートナーが、「何で分かる?もしかして探偵とかGPS仕掛けられている!?」となって、あちこち調べられてGPSを発見されてしまうことに…。

 

これも全て余計な質問をしたことが原因。

 

GPSを設置したら、パートナーが不倫していることの裏付けができるまでは、余計な質問は絶対に控えるべきです。

 

 

 

イチロクGPSのその他Q&A

その他、イチロクGPSをレンタルする上で気になりそうな点をまとめました。

 

    • 紛失時の料金は?
    • どんな端末でも使えるの?
    • レンタル期間を延長したい場合
    • 屋内でも大丈夫?

 

それでは個別の答えをお伝えします。

 

 

紛失時の料金は?

「万が一にGPS端末を失った場合はどうなるの?凄い高額な弁償代になるのでは!?」という不安はありますよね。

 

この辺りのサポートもしっかりとられています。

 

保険料はレンタル料金内に含まれていますので、万が一、端末を紛失しても弁償代は高額ならないように押さえられています。

 

    • お手軽GPS:17,600円(税込) 
    • Pro‐GPS:21,450円(税込) 
    • Pro-NEXT:32,450円(税込)

 

 

どんな端末でも使えるの?

次の一般的な端末だと問題ありません。

 

    • パソコン
    • スマホ
    • タブレット

 

私もこれら全ての端末でログインしましたが、何ら問題はありませんでしたよ。

 

なお、ガラケーはPro-NEXTでは使えません。

 

 

 

レンタル期間を延長したい場合

「パートナーが急に、全く予定になかった泊まりの出張を言ってきたから怪しい。」

 

「でも、その日はレンタル期間が過ぎているので延長したい!」ということも起こりうることです。

 

このような場合は、レンタル期間の終了日の前日までに連絡すれば延長ができます。

 

 

屋内でも大丈夫?

私が利用したときは、さすがに屋外よりは不安定なところがありましたが、概ね位置的な大きなズレはありませんでした。

 

イチロクGPSは屋内でも、携帯電話基地局による補正によるアシスト機能で、圏外を軽減し、屋外と差が出ないように設計されています。

 

 

 

イチロクGPS徹底解説まとめ

イチロクGPSは個人で不倫調査するには、本当に良いものだと思います。

 

    • 精度
    • 耐久性
    • 操作性
    • バッテリー面

 

どれをとっても合格点です。

 

不倫問題は放置しておくほど、取り返しのつかない事態を招く可能性が高まります。

 

そうならない為には、やはりあなた自身が動かなければなりません。

 

探偵を雇うのが難しいのなら、イチロクGPSを利用する等して、自ら不倫調査をして真相をはっきりさせるべきです。

 

そして実際にパートナーが不倫をしていたなら、あなたが望む形での解決となるように、この問題に対処できるようにしなければなりません。

 

その対処には、やはり真実を証明するGPS履歴データが絶対に必要なのです。

 

積極的な行動があなたの将来を守ることに繋がります。

 

それではあなたの不倫問題が無事解決できますように。

 

イチロクGPSの詳細はオレンジのバナーからご覧いただけます。↓↓↓

 

 

 

 

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。
⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを