不倫相手に対する適切な慰謝料請求額の決め方【計算式はありません】

不倫相手に対する適切な慰謝料請求額の決め方【計算式はありません】
  • 不倫相手に対する慰謝料請求額はどれくらい?
  • 不倫の慰謝料の計算式はある?
  • 請求する金額は高額でもいい?

不倫相手に慰謝料を請求する際に悩むのが金額ではないでしょうか。

深く傷つけられた相手ですので、しっかりとそれ相応の金額を払ってもらって、責任をしっかりとらせたいですよね。しかし怒りの感情に任せてだとか、何となく金額を決めてしまえば、失敗したり、損をします。

ここでは夫や妻の不倫相手に対する、慰謝料請求の金額をどのようにして決めるべきかを解説。本記事を読めば適切な慰謝料の決め方が分かる結果、慰謝料請求を成功する可能性が高まります。

請求金額を間違えれば、問題解決までにかかる時間が大幅に遅くなります。適切な金額設定を知りましょう。

高額すぎる慰謝料額で請求すると失敗する

高額すぎる不倫慰謝料に注意

法律は不倫慰謝料の金額について、明確な基準を定めていないため、計算式たるものは存在しません。慰謝料とは、精神的な損害に対する賠償金であり、不倫の被害者の精神的苦痛は人によって変わるためです。

法律で明確な基準がないからこそ、請求額はこちらで自由に決められます。

「あの女のせいで、私は心に一生消えない心の傷を負ったし、色んなものを失ったから、1,000万円は請求しないと気が済まない!」

このように感じたなら、その額を請求するのは何ら問題ありません。

特に不倫相手が不誠実であるほど、それに比例して請求額を高くしたくなるのも自然な心理です。しかし高額すぎる金額を請求すると、失敗する可能性が高くなります。

失敗する理由は後ほどお伝えします。

適切な請求額を決めるためのも相場を知る

不倫慰謝料の相場

慰謝料請求を失敗しないためには、まずは不倫慰謝料の相場を押さえる必要があります。

相場とは、不倫の慰謝料請求などに関する案件の裁判で認められた慰謝料額を統計化し、平均額をまとめたものです。

相場と照らし合せることで、自分が考える請求額がどうなのか? が分かります。

相場の金額は、不倫が原因で【離婚するor離婚しない】で大きく変わります。大まかな相場は次の通りです。

離婚しない場合の相場・・・50万円~100万円
離婚する場合の相場・・・200万円前後

あくまで大まかな金額ですので、個々の状況により多少の増減はあります。正確な目安を知るには、弁護士などの男女トラブルの専門家に相談するといいでしょう。

※ 不倫慰謝料額など詳細は「不倫慰謝料とは|目安はどれくらい? 【離婚しない場合も含め解説】」で取り上げています。」

相場にかけ離れた請求額だと失敗する理由

相場にかけ離れた慰謝料請求は失敗する理由

不倫相手に対する慰謝料請求の金額が相場からかけ離れると失敗する理由をお伝えします。

あるケースの不倫慰謝料の相場が100万円だとして、請求者が次のように考えたとします。

「相場の100万円という額では、私が受けた苦しみの1/10も癒されない。だから不倫相手に私の苦しみを分からすためにも、受け入れるかどうかは別として、500万円を請求する!」

例のような相場からかけ離れた慰謝料額では、請求額を拒否されるどころか、無視される可能性も十分あります。不倫相手も不倫慰謝料の相場を調べ、次のような感情をもつ可能性が高いからです。

「確かに不倫したのは悪いと思う。でも被害者という立場を都合の良いように振りかざし、非常識な金額を強要してくる相手とは、何も話したくないから無視しよう。」

「不倫慰謝料の相場を調べてみたら100万円じゃない! 何なの500万円って。吹っかけすぎじゃない!?」

被害者側とすれば、「加害者のあなたが私に謝罪して、相場くらいの金額にして下さい、と頭下げるのが筋でしょ?」このように思うでしょうが、残念ながら筋を通さない不倫相手が多くいます。

慰謝料請求を無視されるリスク

不倫相手がこちらの請求額を法外だと感じ、減額交渉をするのが嫌になり無視されてしまう、という流れは避けるべき。

無視を決めこんだ不倫相手から慰謝料を払わすためには、裁判手続きが必要になる可能性が高いからです。

裁判になれば訴訟費用が高額な上、判決が出るまで1年以上もかかるケースもあります。

裁判で慰謝料を勝ち取っても、高額な訴訟費用を差し引けば手元にはあまり残りません。場合によってはマイナスになることもあります。この結末は失敗と言わざるを得ません。

以上のことから、相場からかけ離れた慰謝料を請求するのはNGです。

適切な不倫の慰謝料請求額の決め方

適切な慰謝料額の決め方

最後に、正しい請求額の決め方についてお伝えします。

交渉事の基本として、自分が得たい金額をそのまま要求しないことです。

例えば不倫相手に慰謝料を150万円払ってほしいとします。実際に、その額を請求すると150万円が争点になり、落としどころを探るとなると、150万円より安くなります。

なぜなら、「150万円払って⇒分かりました」とは普通にならないから。「経済的に苦しいのでもう少し減額してください」という流れになりがちです。

不倫相手からの減額交渉も考慮して、請求額を決めましょう。

相場より高い金額になる可能性も十分ある

お伝えした通り、相場額よりかけ離れ過ぎると無視される可能性があるため、それを考慮すると次のような金額になります。

【相場額から最大で2倍くらいの金額で請求】

例えば、相場が150万円とすれば300万円を請求。請求された不倫相手は高いすぎるなど主張し、減額請求を求めてくる可能性が非常に高いです。

相手の要望にも応じながら、頃合いを見計らって譲歩し、「150万円プラス@」を狙うのです。このやりとりであれば、相場より50万円高い200万円での決着することも十分あり得ます。

不倫相手が反省せずに不誠実な態度をとるならば、こうして最大限の慰謝料を払わせたいものです。

まとめ

不倫相手に対する適切な慰謝料請求額の決め方のまとめ

不倫相手に対する慰謝料請求の適切な金額の決め方について取り上げました。

お伝えした内容を考慮して金額を決めれば、相場より多くの慰謝料を受け取ることが可能です。加えて、裁判などの長期化になるのを防ぎ、早期の問題解決も望めます。


合わせて確認したい記事

不倫相手に対して慰謝料請求できる要件の詳細を取り上げています。

≫ 不倫相手に慰謝料請求するには?【故意過失など請求要件5つを解説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA