不倫 慰謝料請求

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不貞行為とは » 

キスは不倫だから法的な責任が追及できる?夫の風俗通いは?


「妻が私の知らない女性と仲良く腕を組んで歩いていた。そして時にはハグしたりしていた。」

 

「夫が取引会社の女性と路上でキスするのを見た」

 

自分のパートナーが、この様な行為をしていた場面に遭遇したとします。

 

多くの方は腕組ならまだしも、自分以外の異性とキスをすれば、それは不倫である。

 

それと同時に、不倫をしたのだから、不倫をした配偶者などに対し、法的に責任追及ができるのでは?との考えを持つかと思います。

 

ということで、今回はキスやハグなどの行為は、法的に責任追及ができるのか否かを取り上げたいと思います。

 

キスやハグ以外にも、夫の風俗通いや、配偶者が違う異性とビジネスホテルに一緒にいた場合などのケースも取り上げます。

 

どこから不倫なのかを法律的な観点からお教えします


自分のパートナーが、配偶者であるあなた以外の異性と、仲良くデートしているところを目撃。

 

でも、そのパートナーは「酔って悪ふざけで手をつないでいただけだから、これは不倫じゃないよ」と主張。

 

その様な主張された側とすれば「法律上のところ言う、不倫とはどこからなの?」と思う方は多いかと思います。

 

ということで今回は「法律上の不倫はどこからか?」かについて取り上げたいと思います。

 

また、パートナーの行為が法律上の不倫に該当していれば、どの様な責任追及が可能になるかもお伝えします。

 

 

これが、法律が認める不倫であり、責任の追及ができます


夫が不倫をしたから、夫とその不倫相手に責任を取らせたい!

 

しかし、夫や不倫相手に法的に責任を取らせるには、どの様な条件が必要か?

 

また、どの様な責任の取らし方があるのか分からない方も、多いかと思います。

 

そこで、今回は法律上の不倫の法律の定義や、その法律上の不倫をした場合の責任追及の仕方などについて取り上げていきます。

 

不倫問題を抱えている方は、ぜひご覧ください。

 

 

不貞行為と不倫を同じ意味だと思っていませんか?


「相手に不倫されたので離婚したい」

 

または「不倫した相手に慰謝料を請求したい」と考えている方は、「不貞行為」という言葉を耳にすることがあるかと思います。

 

しかし、不貞行為の意味などの詳細を知っている方は少ないでしょう。

 

不倫を原因として離婚請求や慰謝料を請求する上で、不貞行為について正しく理解することは必要です。

 

そこで、今回は「不貞行為」について、詳しく取り上げたいと思います。

 

配偶者に不倫をされ、離婚や慰謝料請求を考えている方は、ぜひご覧ください。

 

管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを