不倫 キス 不貞行為

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不貞行為とは » キスは不倫だから法的な責任が追及できる?夫の風俗通いは?

キスは不倫だから法的な責任が追及できる?夫の風俗通いは?


「妻が私の知らない女性と仲良く腕を組んで歩いていた。そして時にはハグしたりしていた。」

 

「夫が取引会社の女性と路上でキスするのを見た」

 

自分のパートナーが、この様な行為をしていた場面に遭遇したとします。

 

多くの方は腕組ならまだしも、自分以外の異性とキスをすれば、それは不倫である。

 

それと同時に、不倫をしたのだから、不倫をした配偶者などに対し、法的に責任追及ができるのでは?との考えを持つかと思います。

 

ということで、今回はキスやハグなどの行為は、法的に責任追及ができるのか否かを取り上げたいと思います。

 

キスやハグ以外にも、夫の風俗通いや、配偶者が違う異性とビジネスホテルに一緒にいた場合などのケースも取り上げます。

 

 

法的に責任追及できる要件

不倫をしたと思う配偶者に対して、法的に責任が追及できるには、その配偶者の行為が「不貞行為」に該当することが必要です。

 

それでは配偶者以外の異性とキスやハグすることは、不貞行為となるのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

ですので、キスやハグは道義的な責任追及は可能ですが、法的な責任追及はできないことになります。

 

 

不貞行為とは何か

不貞行為について、法律上の条文規定はありませんが、これまでの判例で次のような定義づけがされています。

 

配偶者のある者が、配偶者以外の異性と自由な意思に基づいて、性的関係を持つこと

 

簡単に言えば、配偶者以外の異性との間で、性交がある状態をいいます。

 

ですので、たとえ二人がディープキスをしていようが、ベットの中でずっと抱き合っていても、不貞行為にはならないのです。

 

また性交事実があっても、既に夫婦関係が破綻している場合は、不貞行為にはなりません。

 

たとえば、離婚を前提に夫婦が別居していて、その最中に一方の配偶者が配偶者以外の異性と性交があったとしても、不貞行為にはなりません。

 

※不貞行為についての詳細は「不貞行為と不倫を同じ意味だと思っていませんか?」をご覧ください。

 

 

どんな法的責任追及ができる?

不貞行為をした配偶者やその不倫相手に対して、どういった法的責任追及が可能なのかをお伝えします。

 

法的責任追及が可能なのは主に次の2つ内容です。

 

  • 裁判にて不貞行為をした配偶者と強制離婚が可能
  • 慰謝料を請求できる

 

 

裁判にて不貞行為をした配偶者と強制離婚が可能

不貞行為は法定上の離婚原因に該当します。

 

法定上の離婚原因に該当すれば、不貞行為をした側の配偶者が離婚を拒否しても、裁判手続で強制的に離婚させることが可能です。

 

なお協議離婚や調停離婚は、お互いに離婚する事に合意することが絶対条件です。

 

よって離婚調停までの段階であれば、不貞行為をした側の配偶者が離婚を拒み続ける限り、離婚が成立する事はありません。

 

 

慰謝料を請求できる

不貞行為をした配偶者に対して、他方の配偶者は慰謝料を請求することが可能となります。

 

慰謝料を請求できる理由は、配偶者が異性と不貞行為に及んでいることを他方の配偶者が知ることで、多大なる精神的苦痛を受けます。

 

その苦痛を慰謝させる為に、法律は加害者側(不貞行為をした側)に慰謝料という金銭を被害者に支払わせ、償ってもらうとしているからです。

 

また当然ですが、不貞行為はひとりでは出来ません。

 

場合によっては、不貞をした配偶者だけではなく、配偶者の不貞相手にも慰謝料を請求することが可能です。

 

その要件のひとつとして、不貞相手が配偶者の事を既婚者だと知っていたことです。

 

詳しくは「このようにして不倫相手には慰謝料を請求します」をご覧ください。

 

 

 

この様なケースは不貞行為になる?

最後に「これって不貞行為と認められるのでは?」といった疑いの多い行為などについて、実際に不貞行為になるか否かを取り上げます。

 

次の様な行為について取り上げます。

 

  • ラブホテルに入っただけ
  • 1回だけの不貞行為
  • オーラルセックス
  • ビジネスホテルの場合
  • 二人で長時間自宅にいた
  • 風俗通い

 

 

それでは個別に見てみましょう。

 

 

ラブホテルに入っただけ

不倫をした側の言い訳として「相手の体調が悪くなったから、休ませる為にラブホテルに入っただけ」との内容があります。

 

この言い訳が通るか否かというと、当然ながら通用しません。

 

ラブホテルに入る利用目的はセックスに限定して一般的に捉えられる為です。

 

どれだけ不貞事実を否定しても、仮にそれが真実だとしても、

 

二人でラブホテルを出入りしている写真があれば、裁判では不貞行為として認定される可能性が非常に高いです。

 

なお、この様な写真を個人で押さえることは困難ですので、探偵を利用するのが現実的です。

 

ただし、探偵業界も不透明な業界なので、探偵選びを間違えると多額の費用だけが掛かり、何の証拠も得られないといった最悪な事態となります。

 

よって、探偵選びは慎重に行う必要があります。

 

間違いない探偵を選びたいなら「低料金&不倫の確実な証拠を掴む探偵を無料で見つける方法」をご参考ください。

 

 

1回だけの不貞行為

酒に酔っぱらって、あるいは交際するつもりはないけど一回だけ異性と不貞行為をした。

 

このケースは、不倫があった事実には変わりがないのですが、一回だけだとは不貞行為にはならない事が多くあります。

 

不貞行為にはならないとは「離婚原因としては認められない」という意味です。

 

当然ながら、慰謝料請求は認められる可能性は大いにあります。

 

 

 

オーラルセックス

オーラルセックスとは、口などでお互いの性器を愛撫する行為のことです。

 

ですので、性器への挿入、貫通行為迄には及びません。

 

既にお伝えした通り、不貞行為は性交がある状態を指す為、通常、オーラルセックスはそれには該当しません。

 

とは言え、ほぼ不貞行為に近い行為であることに違いはありません。

 

ですので、慰謝料請求が認められる可能性があります。

 

 

ビジネスホテル(シティホテル)

ラブホテルは不貞行為だと認められるなら、ビジネスホテルやシティホテルも同じでは?と思う方もいるでしょう。

 

しかしビジネスホテルなどは、二人でそこに出入りする写真があっても、基本的に不貞行為があったとは認められません

 

なぜなら、それらのホテルでは、二人が同部屋に入室するとは限らないからです。

 

また一般的に、利用目的がセックスに限定されていないのも要因です。

 

ただし宿泊した場合であれば、不貞行為があったと認められる可能性があります。

 

 

二人で長時間自宅にいた

二人のどちらかの自宅に一緒に入り長時間いた。

 

この自宅に二人で出入りする写真があっても、不貞行為があったとは認められません。

 

自宅に居たことが、直ちに不貞行為があったとは必ずしも言えないからです。

 

ただし、ビジネスホテルなど同様で宿泊を伴う場合は、不貞行為があったと認められる可能性があります。

 

 

風俗通い

風俗でもセクキャバやピンサロと言われる、女性が裸などで接触などはするが、性交を伴わない店でサービスを受けても不貞行為にはなりません。

 

ただし場合によっては離婚原因となり、離婚請求が認められる可能性があります。

 

これがソープランドであれば、性交を伴うので不貞行為となります。

 

サービスを提供する風俗嬢の方は、原則的に不貞行為の責任を負いません。

 

風俗嬢は客にサービスを提供する義務があり、もっぱら業務を行なっているだけだからです。

 

 

 

まとめ

今回はキスやハグなどの行為は、法的に責任追及ができるかについてをテーマに取り上げました。

 

法的な責任追及するには、基本的には不貞行為に及んでいることが条件となる為、キスでは法的な責任を取らすことは出来ません。

 

とはいえ「キス止まりの関係ではない、女性の直感で絶対に不倫をしている」等と感じる方もいるでしょう。

 

そう感じた方は「その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?」の記事を参考にして頂くことで、配偶者が不貞行為を認めることに繋がるかもしれませんので、ぜひご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを