どこから不倫

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不貞行為とは » どこから不倫なのかを法律的な観点からお教えします

どこから不倫なのかを法律的な観点からお教えします


自分のパートナーが、配偶者であるあなた以外の異性と、仲良くデートしているところを目撃。

 

でも、そのパートナーは「酔って悪ふざけで手をつないでいただけだから、これは不倫じゃないよ」と主張。

 

その様な主張された側とすれば「法律上のところ言う、不倫とはどこからなの?」と思う方は多いかと思います。

 

ということで今回は「法律上の不倫はどこからか?」かについて取り上げたいと思います。

 

また、パートナーの行為が法律上の不倫に該当していれば、どの様な責任追及が可能になるかもお伝えします。

 

 

 

一般的な不倫のイメージは?

「どこからが不倫か?」について、一般の方が思う線引きをお伝えしたいと思います。

 

「ウレぴあ総研」というサイトの記事に、参考となるデータがありました。

 

当該サイトの読者から「浮気の境界線はどこから?」についてアンケートを取り、その結果が公表されていました。

 

【浮気の境界線は?<男性編>】

1位:SEXをしたら 31.2%

2位:異性とふたりきりで出掛けたら 18.4%

3位:キスをしたら 16.0%

4位:「好き」という感情が芽生えたら 12.8%

5位:手をつないだら 8.8% 

 

【浮気の境界線は?<女性編>】

1位:「好き」という感情が芽生えたら 27.1%

2位:キスをしたら 20.3%

3位:手をつないだら 17.0%

4位:異性とふたりきりで出掛けたら 16.1%

5位:SEXをしたら 14.4%

 

「浮気」と「不倫」の定義は、同じ様な意味で捉えている方が多いかと思います。

 

ですので、この調査結果を「不倫の境界線はどこから?」としても遜色は無いと思います。

 

 

不倫の価値観は統一されていない

結果を見ると、男性からの不倫の線引きは「SEXをしたら」が1位。

 

女性だと「好きという感情が芽生えたら」が1位でした。

 

男女で不倫の価値観の違いがはっきり出ていますね。

 

他には、手をつなげば不倫と考える人、キスで不倫になる・・・etc

 

同じ男女でも人によって感じる不倫の線引きは実にバラバラです。

 

では、法的に責任を問える「法律上の不倫」とは、どの様な行為でしょうか?

 

 

 

法律上の不倫の定義とは

実は民法上において、不倫についての「明確な基準」というのは存在しません。

 

「配偶者以外の異性とキスをすれば損害賠償責任が生じる」

 

といった様な具体的な条文が無いのです。

 

条文での明確化はされていませんが、

 

過去の多くの裁判例では「SEXをしたとき」を不倫だと判断しています。

 

ですので、法律上の不倫の基準は「SEXの有無」となります。

 

なお、婚姻関係ある者が配偶者以外の異性とSEX関係を持つことを、法律用語で「不貞行為」と呼びます。

 

 

プラトニックな恋愛も法律上の不倫となる場合がある

SEXの有無が不倫の基準となると、多くの方が「その線引きのラインだと甘いのでは?」と感じるのではないでしょうか。

 

実は例外もあり、体の関係が無かったらといって、全てセーフになる訳ではありません。

 

例えば、プラトニックな恋愛が対象になることもあるんです。

 

不倫に対する法的責任の追及の根拠は判例上、

 

「夫婦一方が相手方に対して有する貞操権の侵害」と「平穏な夫婦関係の破壊」だとしています。

 

よって、仮にプラトニックな恋愛関係であろうとも、

 

「社会通念上の許容範囲を逸脱し、夫婦関係の平穏を侵害している場合」

 

と認められる場合には、不法行為として慰謝料の請求を認めた判例もあります。

 

ですので、あなたの配偶者が「SEXさえしなければ大丈夫!!」

 

と思い、配偶者以外の異性と遊びまくっている場合は、法的な不倫の責任追及が出来る余地がありますよ。

 

 

 

こんな場合は不倫になるの?

夫がある女性とラブホテルから出てきたところを発見し、証拠として写真に残した。

 

でも、夫は「友人の体調が悪くなったから、休ませる為に入っただけだ!」

 

こんなトンデモ主張をする人は多いです。

 

でも、確かにSEXの現場を押さえたわけではないので、その様な言い逃れも通用するのでは?と不安になりますよね。

 

この様なトンデモ主張に対して、裁判所はどう判断するかというと、やはり二人の間に体の関係があったと考えます。

 

結局どれだけもっともらしい訳をしようとも、それが真実であっても、裁判官は「苦しい言い訳だな」としか思わないのです。

 

ですので、不倫行為(不貞行為)があったと判断する可能性は非常に高いです。

 

 

酔って一度だけSEXをしてしまった場合は?

付き合う気もないが、酒に酔ったせいで、一回だけ体の関係を持ってしまった。

 

合コンや飲み会などでこの様なケースは多いですが、これも法律上の不倫となります。

 

たった一度きりであろうとも、酒が入っていたとしてもとも、体の関係を持てば、貞操義務に反するので不貞行為に該当します。

 

ただし、酒を飲みすぎて酩酊状態になった結果、朝起きたらとなりに女性が一緒に寝ていた。

 

このようなケースは、少し話が違ってきます。

 

民事上の責任を負わせるには、行為の結果を認識できるだけの能力が求められます。

 

その点で、夜間の事態を完全に記憶にないというケースは、最終的に責任を負わない場合もゼロとは言えません

 

とは言っても、それをどんな方法で証明するかは、極めて難しい問題ではあります。

 

 

風俗店の利用は不倫の扱いになる?

ソープランドといった風俗店が提供する性的サービスを受けた場合は、法律上の不倫(不貞行為)に当てはまるでしょうか?

 

答えは、たとえ風俗店であろうとも、自分の意志で性的サービスを受けているので、法律上の不倫となります。

 

ただし、性的サービスを提供する風俗嬢は、不貞行為の責任を負いません。

 

なぜなら、客に対し性的サービスを提供する事が仕事であり、単に業務を行っているだけだからです。

 

あくまで、不貞行為の責任を負うのは、風俗店を利用した配偶者ということになります。

 

 

 

 

SEXの事実はあるが法律上の不倫ではない例

SEXの事実はあるが、それでも法律上の不倫(不貞行為)とはならない場合があります。

 

この場合は、当然ながら責任の追及は出来ません。

 

 

自由意思によらない肉体関係

あくまで「自由な意思」からくる肉体関係が、法律上の不倫(不貞行為)です。

 

そのため、配偶者が何らかの脅迫をされたことにより、体の関係を結んだ。

 

または、レイプされたケースだと、法律上の不倫(不貞行為)ではありません。

 

ただし、配偶者ある者が、配偶者以外の異性を脅迫してSEXした場合など、逆のパターンは当然ながら法律上の不倫(不貞行為)となります。

 

 

夫婦関係が破綻後の肉体関係

以前から「夫婦関係が破綻した状況」で、他の異性とSEXした場合は、法律上の不倫(不貞行為)にはなりません。

 

夫婦関係の破綻状況とは、客観的に夫婦生活が破綻しており、修復の目途が今や無い状態をいいます。

 

ただ単に夫婦仲が良くないとか、家庭内別居くらいでは、夫婦関係が破綻しているとは言えません。

 

 

 

 

不倫配偶者の責任の取らせ方

法律上の不倫(不貞行為)をやられた側の配偶者は、不倫配偶者はもちろん。

 

その不倫相手にもしっかりと責任を取らせたいですよね。

 

ここで、不倫配偶者等に法律上どういった責任追及可能なのかを、ここからはお伝えします。

 

 責任追及の仕方は主に次の2つです。

 

  • 法廷で不倫配偶者と強制的に離婚ができる
  • 慰謝料を請求できる

 

それでは個別に取り上げますよ。

 

 

法廷で不倫配偶者と強制的に離婚できる

法律上の不倫の事実は、離婚の成否に影響を及ぼします。

 

具体的に言うと、 自分の配偶者が不貞行為を行った。

 

そこで、不倫をされ、裏切られた側の配偶者は、そんな相手とは別れたいと思い離婚を請求した。

 

しかし、不倫配偶者は離婚を拒否をした。

 

協議離婚や調停離婚の方法で離婚するには、理由は問われないが、夫婦の合意が絶対必要です。

 

よって、協議離婚や調停離婚の時点では、不倫配偶者が離婚を断固拒否し続ければ、離婚は出来ません。

 

しかし、裁判の場、つまり法廷では、不倫配偶者がどれだけ離婚を拒絶したとしても、離婚を強制的に成立させることが可能です

 

なぜなら、法律上の不倫(不貞行為)は、法律で定められた離婚事由に当てはまるからです。

 

法定上の離婚事由に当てはまることで、離婚請求を認める「勝訴判決」が認められ易くなります。

 

その結果、強制的に離婚を成立させることが可能です。

 

ただし、1度だけの不倫(不貞行為)だと離婚は認められにくいです。

 

 

不倫配偶者に慰謝料を請求できる

不倫をされた側の配偶者は、不倫配偶者に対して、慰謝料を求めることが出来ます。

 

何故かというと、自分のパートナーの不倫事実を知ったもう一方の配偶者は、精神的に多大なる苦痛を受けますよね。

 

その精神的苦痛を慰謝させる為に、慰謝料を求めることが認められているからです。

 

 

不倫相手にも慰謝料の請求が可能な場合もある

当たり前ですが、不倫はひとりではやれず、相手が必ずやいるものです。

 

この後にお伝えするに該当しなければ、不倫配偶者だけでなく、不倫相手にも慰謝料請求が可能です。

 

その場合は、不倫配偶者と不倫相手のふたりは連帯して、被害者である配偶者に対し、慰謝料を支払う責任を負います。

 

なお、不倫相手に対しての慰謝料請求の方法については「不倫で内容証明郵便を利用しようと考えている方が知っておくべきこと」をご覧ください。

 

 

慰謝料を請求できない場合とは

配偶者がある者が、配偶者以外の異性と不倫事実があるからといって、絶対に慰謝料が請求できるとは限りません。

 

  • 婚姻関係が既に破綻している場合(不倫配偶者と不倫相手共に請求不可)
  • 不倫相手が過失なく既婚者だと知らなかった(不倫相手に請求不可)

 

この2つのケースは、慰謝料請求が出来ない代表例です。

 

 

 

「どこから不倫なのかを法律的な観点からお教えします」まとめ

今回は「法律の不倫はどこからか?」について取り上げました。

 

ご参考になったのなら幸いです。

 

もしあなたのパートナーが法律上の不倫をしていたなら、責任を取ってもらうことが出来ますので、しっかり追及しましょう。

 

 

 

関連記事


不倫相手に対しての慰謝料請求方法について取り上げています。

 

↓下のリンクからご覧ください。

 

このようにして不倫相手には慰謝料を請求します

 

 

 

--------------------------------------------- 

 

私は夫の不倫がきっかけで離婚し、現在、離婚や男女トラブルを専門とする法務事務所に働きながら、息子と一緒に暮らしています。

 

私も不倫相手に慰謝料を請求した経験があり、その方にきっちりと責任を取ってもらいました。

 

とはいえ、慰謝料請求した当初は全然うまくいかず、相手の不誠実さに苛立ちが爆発するばかりでしたが、最終的にはケジメをつけることができ、前に進めるようになりました。

 

私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

 

不倫問題を解決させる為に必要な事とは?

 

 

 

 

不倫相手への慰謝料請求を失敗しない為に絶対に知っておくべきこと

不倫相手に対しての慰謝料請求を失敗して、散々たる思いや更なる精神的苦痛を負わない為に、必ず押さえておきたいポイントを取り上げています。

 

慰謝料請求を請求を成功させて、心の平穏を取り戻したい方は、下のオレンジのボタンをクリックして必ずご覧ください。↓

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを