不倫 証拠 LINE メール

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の証拠 » 不倫が伺えるLINEやメールは裁判でも通用する証拠なのかをお教えます

不倫が伺えるLINEやメールは裁判でも通用する証拠なのかをお教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ある日、夫のスマホの画面にLINEのトークがポップアップされた。

 

私の知らない女性のアカウント名で「今日は短い時間だったけど一緒にいれて嬉しかった。次はお泊りでゆっくり会いたいな」

 

これを見た瞬間、強い衝撃が走り、真っ青になった。

 

その後、夫とその女性のLINEでやりとりを見返すと、体の関係があることもはっきりした。

 

気が動転しながらも、不倫の証拠を残す為、自分のスマホでLINEのやりとりの一部始終を撮影した。

 

この様に自身のパートナーの不倫発覚のきっかけが、LINEやメールからというケースは多いです。

 

その際、そのやりとりの画面を撮影したり、自分に転送する等して、不倫の証拠を残そうとします。

 

ここでは、そのLINEやメールが、いざという時の裁判でも通用する不倫の証拠になるのか?について取り上げます。

 

また不倫が発覚した際のとるべき対応についてもお伝えしています。

 

 

法律上の不倫とは何か?

最初に、そもそも「法律上における不倫とは何か?」について確認しておきましょう。

 

自身のパートナーの行為が法律上の不倫に該当しなければ、離婚や慰謝料の請求は原則出来ないからです。

 

法律上の不倫とは「配偶者ある者が、配偶者以外の異性と自由な意思に基づいて、性的関係をもつこと」です。

 

簡単に言えば、自分のパートナー以外の異性と性交渉(SEX)をすれば、法律上の不倫となるのです。

 

 

不倫の決定的な証拠

不倫の決定的な証拠とは、裁判の場で不倫があったと認めてもらえる可能性が非常に高い証拠のことです。

 

その決定的な証拠とは「二人がまさに性交渉(SEX)をしている場面を撮った写真や動画」です。

 

写真や動画にパートナーがしっかり写っていれば、文句のない証拠です。

 

そんなの手に入れるなんて無理だと思われるかもしれませんが、スマホで撮影したデータがそのまま残っているケースもあります。

 

一度パートナーの携帯端末を調べてみましょう。

 

 

ラブホテルに出入り時の写真など

パートナーと不倫相手が一緒にラブホテルに出入りする際を撮った写真や動画も、不倫を裏付ける強力な証拠となります。

 

ラブホテルは通常、性交渉目的で入るものです。

 

よって、そこに入ったという事実があれば、性交渉があったと判断するのが妥当です。

 

 

 

LINEやメールは不倫の証拠なるのか?

それではLINEやメールは不倫の証拠になるのかについてです。

 

実際の裁判の場では、二人の不倫関係が伺えるLINEやメールのやりとりが証拠として提出されることは多いです。

 

しかし、継続的に証明できるならまだしも、断片的なやりとりのものだけでは、不倫の証拠としては弱いです。

 

たとえばLINEに「金曜日にいったホテルでまたエッチしたいな^^でも奥さんにバレたら修羅場だね」といった内容が書かれていたとします。

 

これを見れば、不倫事実があると考えるのが自然ですが、パートナーから「単に言葉遊びをしていただけ、実際会ってもいないよ」

 

この様な反論をされれば、裁判所はそれだけでは二人の間に性交渉があったとは判断しにくいのです。

 

 

LINEやメールで不倫事実を認めてもらうには

だからといって、この様なLINEやメールの証拠は、意味がない訳ではありません。

 

この様なLINEやメールの証拠に加えて、他の証拠を組み合わせることで、不倫があったと認めてもらえる可能性は上がります。

 

たとえば、先ほど例として出した内容のLINEに加えて、ラブホテルの領収書が見つかったとします。

 

ラブホテルの領収書の日付がLINEの内容と合致するのであれば、不倫事実があったと認めてもらえる可能性が高くなります。

 

つまり各証拠を色々組み合わせて、点と点が線で繋がれば不倫があったと認めてもらえるのです。

 

ですので「こんなのは不倫の証拠にはならないわね」と思えるものでも、全て取っておくことをお勧めします。

 

たとえば次の様なものです。

 

  • 二人で利用したと思われる飲食店のレシート
  • 本人が不倫したことを認めた書面
  • ホテル利用時のクレジットカードの明細
  • 不倫相手との通話記録
  • 不倫相手からの手紙やプレゼント
  • 車のETC利用明細・・・などなど

 

この様な些細なものでも、それらを積み重ねることで、合わせ技一本をとれることもよくあります。

 

 

継続的なやりとりも有効

LINEやメールなどのやりとりが長期に渡り、かつ不倫関係が伺るものも有効です。

 

長期的なやりとりが追えるなら、二人がハグやキスなどをしている写真などが添付されていることも可能性も十分あります。

 

そして性交渉した感想などのやりとりなどがあれば、それ単体でも不倫があったことを示す重要な証拠となりえます。

 

もちろんこの場合においても、他の証拠もある方が望ましいです。

 

以上の様に、LINEやメールの証拠だけでも不倫があったことを認めてもらえる可能性もあるので、諦めずに色々と探ってみましょう。

 

 

 

LINEやメールを証拠として残す際の注意点

LINEやメールはデジタルデーターである為、やろうと思えば簡単に改ざんが出来ます。

 

LINEやメールを不倫の証拠として利用したい側とすれば、その様な疑惑を持たれることは避けたいところです。

 

よってデータの取り扱い方には、十分に気をつける必要があります。

 

ポイントしては、二人のやりとりは写真で撮影することです。

 

自分の携帯に転送する方法もありますが、改ざんされていると言いがかりをつけられる可能性がある為、写真撮影の方が望ましいです。

 

加えて、そのスマホ端末が不倫をしているパートナーの物であることが分かるようにしておきましょう。

 

具体的には、電話番号が表示されているプロフィール画面を撮っておくことです。(LINEの場合)

 

 

違法収集証拠の証拠能力

不倫の証拠を収集する際は、プライバシー侵害に強くあたるような方法は避けましょう。

 

なぜなら、不倫の証拠の収集方法が違法と判断された場合は、証拠能力が否定される可能性があるからです。

 

刑事事件においては、証拠の収集方法が適正か否かについて厳格な規定があり、それに反する収集方法で得た証拠は否定されることが多いです。

 

民事事件においては、証拠の収集方法についての制限などについては、明確な規定はありませんので緩いです。

 

とはいえ、反社会的な度合いが強い手段を用いて採集した証拠は否定されています。

 

なおパートナーのロックされているスマホのパスワードを解除させ、LINEやメールを閲覧したり、転送する行為は「不正アクセス禁止法」違反となります。

 

パートナーの不倫の証拠を取る為だとしても、刑事罰を科せられる可能性はゼロとは言い切れません。

 

 

 

不倫が発覚しても離婚しない場合

LINEやメールがきっかけでパートナーの不倫が発覚したが、色々考えた結果、離婚は回避したいと考える方もいるでしょう。

 

その場合の対処法についてお伝えします。

 

まずは、すぐにでもパートナーに不倫事実の追及をしてください。

 

人によっては「確実に不倫相手と別れさす為に、絶対的な証拠を掴み、言い逃れが出来ないようにしよう」

 

この様に考えて、わざとパートナーを泳がせて、不倫相手との関係を続けさせ、絶対的な証拠を押さえよう考える方がいます。

 

でも私個人の考えではお勧めはできません。

 

なぜなら、不倫関係が長く続けば続くほど二人の関係は深まりますので、別れさすことが難しくなるリスクが高まります。

 

加えて、自分の考えでパートナーを泳がせたとしても、実際に自身とは違う異性と体の関係を持たれてしまうことで、大きな苦痛やショックを受けてしまうのです。

 

そのことでやっぱり離婚を決断したり、離婚は回避してもショックのあまりセックスレスになって、逆に自身が不倫に走ってしまうこともあるのです。

 

ですので、離婚を回避し夫婦関係を修復させるのであれば、すぐに不倫の追及をすべきです。

 

 

誓約書を差し出してもらう

基本的にパートナーに不倫の追及をすれば、認める確率の方が高いです。

 

なぜなら離婚を覚悟で不倫をする人は少ないからです。

 

ですのでLINEやメールの証拠を元に、パートナーに不倫事実を追求すれば認めることも実際に多いのです。

 

パートナーが不倫事実を認めたのなら「誓約書」を差し出してもらいましょう。

 

誓約書とは簡単に言えば次の様なことを載せた書面です。

 

  • 不倫事実を認める
  • もう二度と不倫をしないこと
  • 不倫相手との接触を絶つこと
  • 約束を反故した場合の違約金

 

誓約書は証拠として残りますので不倫再発の抑止力となります。

 

可能であれば、この誓約書は不倫相手にも差し出してもらうべきです。

 

「慰謝料は請求しない代わりに誓約書を差し出してほしい」と言えば、不倫相手は慰謝料を払わなくて済むのならと思い、応じる可能性が高いです。

 

仮にパートナーが不倫事実を認めないとしても「不倫を疑われる行動は今後とらない」という内容の誓約書を差し出してもらいましょう。

 

なお誓約書や不倫再発防止などについての詳細は「これが、不倫や浮気をやめさせる方法となります」をご覧ください。

 

 

 

パートナーが許せず離婚する場合

LINEやメールでパートナーの不倫を知り、裏切りが許せずに離婚する場合の対処法です。

 

離婚すると決めた以上、少しでも有利な条件で離婚する為にも不倫の証拠を固めましょう。

 

パートナーの不倫の事実証明ができたのなら、相手を有責配偶者に出来る為、離婚請求を通し易くできます。

 

加えて、パートナーの不倫という有責な行為によって、離婚に至る為、その苦痛を慰謝させる為の慰謝料を請求できます。

 

不倫の証拠を固めるには、先ほどの「LINEやメールで不倫事実を認めてもらうには」の欄でお伝えした証拠を数多く揃えることです。

 

 

不倫の証拠がLINEやメールしかない

不倫の証拠がLINEやメールしかない、または他にも証拠はあるがどう組み合わせても不倫事実を裏付けることは困難である。

 

この場合は、探偵に不倫調査を依頼して証拠を得ることも手段のひとつです。

 

しかし調査を依頼する探偵業者は、慎重に選ぶ必要があります。

 

探偵業者を選ぶ際に絶対確認すべきことは次の通りです。

 

  • 探偵業届出証明書の掲示
  • 行政処分を受けていない事
  • 誇大表現してないこと(100%成功等)
  • 調査料金が明示されていること

 

これらがされていない探偵業者は、悪徳である可能性が非常に高いです。

 

高い調査料金を取られた上に、証拠は何も掴められていない、という最悪な事態になります。

 

※探偵の選び方の詳細は「不倫調査を依頼する探偵選びを失敗しない為に知ってくべきこと」をご覧ください。

 

また調査料金を抑える為に前もって、自身で揃えておくべきデータがあります。

 

それはパートナーが不倫相手と会っていると思われる、曜日や時間などを調べておくことです。

 

たとえば、毎週火曜日は決まって帰りが深夜であるのであれば、そのときに不倫相手と密会している可能性が高いです。

 

他には、泊りがけの出張であると告げた日は、いつも連絡がとれないという場合なども同様です。

 

つまり調査する時間を絞らないと、あっという間に莫大な調査費用がかかり資金不足に陥ります。

 

ですのでパートナーの行動パターンを分析できた上で、調査を依頼するようにしましょう。

 

そうすることで調査料金を抑えつつ、最短で不倫の証拠を得ることが可能です。

 

 

「探偵=ラブホテルの写真」は絶対ではない

探偵業者に依頼する限り、二人がラブホテルに出入りする瞬間の写真を入手できないと意味が無いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

たとえその証拠が入手できなくても、

 

  • 仲良く手を繋いでいる姿の写真が撮れた。
  • 不倫相手の家に出入りする写真が撮れた
  • 抱き合ってキスをしている写真が撮れた

 

この様な証拠が入手できたのなら、LINEやメールで不倫を伺うやりとりの証拠と組み合わせれば、裁判でも通用する証拠になる可能性も十分あります。

 

しかもその様な証拠の方が、ラブホテルに出入りする写真を入手するよりも、ハードルが低いので入手し易いです。

 

探偵業者は「不倫を証明するには、ラブホテルに出入りする瞬間の写真は絶対必要ですよ。キスだけの写真では不十分ですので、もっと調査する必要がありますよ」

 

この様に言ってくるかもしれませんが、そこは弁護士などの専門家に判断してもらえばいいのです。

 

その結果、専門家が十分通用する証拠だと判断したのなら、そこで調査を終了出来る為、更に費用を抑えることも可能です。

 

 

離婚協議書を作成すること

不倫を裏付けできる証拠が固まれば、次はそれを元にパートナーに対して、離婚や慰謝料などを請求します。

 

パートナーが離婚に同意し、慰謝料などの支払いに応じるのなら、そのことを必ず離婚協議書に残しましょう。

 

離婚協議書とは、離婚に際しての慰謝料や養育費などの取り決めを記録して、契約書のひとつとして書面に残すことで、離婚後のトラブル防止を目的に作成するものです。

 

離婚協議書などの書面を残さずに、口約束だけにするのは絶対に避けるべきです。

 

口約束は証拠に残りません。

 

ですので、後に慰謝料や養育費などの支払いを拒否してくる可能性が非常に高いのです。

 

そうなると、調停や裁判などの手続を経なければならなくなり、多大な時間や精神的負担を負うことになります。

 

離婚後に不倫の慰謝料や養育費などを安心して受け取りたいのであれば、必ず離婚前に離婚協議書を作成しましょう。

 

※離婚協議書についての詳細は「離婚協議書を公正証書にすることで効力は絶大となります」をご覧ください。

 

 

 

まとめ

今回は「不倫が伺えるLINEやメールは裁判でも通用する証拠になるのか?」について取り上げました。

 

お伝えした通り、LINEやメールだけでは決定的な証拠にはなりませんが、その他の証拠と組み合すことで不倫を認めてもらえる可能性が高まります。

 

ですので、些細な証拠でも集めて保存しておくようにしましょう。

 

また不倫が発覚したが、離婚するか否かで対応法が大きく変わってきますので、このことも今回の記事を参考にしてください。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

まいみらいがお伝えしました。(私が不倫慰謝料請求をした経緯などを載せたプロフィールはこちら

 

 

 

低料金&不倫の確実な証拠を掴む探偵を無料で見つける方法

配偶者が不倫をしていることは確かだが、それを裏付ける証拠が全然見つからないし、当の本人は不倫事実を絶対に認めない。

 

そこで、探偵事務所等に依頼して証拠を入手しようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 探偵事務所の選び方が分からない
  • 悪徳業者に依頼しないか心配
  • 費用は出来るだけ押さえたい
  • 調査力が高い業者に依頼したい
  • 料金体系が明確なところを選びたい

 

 

このような希望を満たしてくれる探偵事務所などを「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

費用を極力抑えつつ、確実な不倫の証拠を押さえてくれる、信頼が置ける探偵をお探しの方は、詳細を下の赤いボタンから一度ご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを