不倫 GPS 違法

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

【不倫調査】GPS設置の違法性やプライバシー侵害の有無・証拠能力を解説


どうも最近の夫(妻)の行動が怪しいから、不倫をしているかもしれない…

 

真実を確かめる為に、「夫の車にGPSを忍ばせてみよう!」と考えたとき、次のような疑問などが浮かぶでしょう。

 

夫の車にGPSを設置することは違法?

 

GPSを忍ばせていることが妻にバレたら、こちらの立場が悪くなる?

 

ラブホテルの滞在を示すGPS履歴は、裁判でも通用する不倫の証拠になる?

 

配偶者の不倫調査をするために、GPSを忍ばせるのは有効な手段ですが、方法を間違えると違法となり、最悪は逮捕されることに。

 

そこでこの記事では、GPS設置が合法・違法になる場合や、不倫が伺えるGPS履歴の証拠能力を解説します。

 

読んでいただくことで、間違ったGPS設置を防げますし、実際に得たGPS記録の証拠能力が分かります。

 

 

必要やむを得ない範囲でのGPS使用は可

POINTと印字された単語帳

 

夫や妻に身の回りにGPSやカメラ、盗聴器を仕掛けることについては、多くの法律家は次のような解釈をしています。

 

夫や妻の不倫が疑わしい状況があることに加えて、その事実確認または証拠を確保する為に、必要やむを得ない範囲であれば違法ではない。

 

そりゃ、当然ですよね。これらの調査方法がダメだとなると、法律や裁判所は不倫を認容していることになりますもんね

 

 

仮にプライバシー侵害にあたるとしても

でもなかには夫婦間であっても、GPS設置はプライバシー侵害にあたり、違法だと考える方もいます。しかし、配偶者も不貞行為をしているので、そちらの方が重大な違法です!

 

仮にGPSや盗聴器を仕掛けたことが、プライバシー侵害になったとしても、その慰謝料の金額は数万円どまり。

 

ですので、GPSなどで不貞の証拠を入手できれば、相手の損害より、こちらの損害の方が金銭的に多くなります。

 

つまり、GPSや盗聴器など仕掛けることにより、不貞の証拠を入手するメリットとデメリットを比較したなら、メリットの方が大。

 

こちらのプライバシー侵害の慰謝料の支払いを考慮しても、GPSなどで証拠集めをするメリットがあると言えますよ。

 

 

配偶者にGPSがバレた

実際、不貞行為の裁判の場において、GPSなどの設置により得た証拠が多く提出されています。そのことで損害賠償の支払い義務が生じたり、提出した証拠が裁判で排除されることは基本的にあり得ません。

 

ですから、仮にGPSなどを仕掛けたことが配偶者にバレて、「違法だ!」と騒がれても、ひるむ必要はないですよ。

 

「全く問題ないし、そっちの不貞行為の方がよっぽど違法で悪質だ!」と言い返してやればOK 。

 

現実問題、配偶者のプライバシーを侵害することなく、不貞の証拠を収集することは不可能。

 

裁判所も必要やむを得ない範囲であれば、その行為を問題視しませんので、ここは割り切って考えるべきですね。

 

 

 

共有財産にGPS設置するのは合法

車の後ろ側

 

夫婦の共有財産である車などに、GPSを設置することは問題ありません。

 

共有財産とは、婚姻中、夫婦が協力して築いた財産のことです。名義はどちらであろうと関係ありません。

 

たとえ収入がない専業主婦であっても、そのぶん家事育児に貢献しているため、財産形成に貢献していることになるのです。ですので、基本的に婚姻後に取得した財産は、すべて共有財産となります。

 

共有財産である車などにGPSを設置しても合法なのは、自分の持ち物にGPSを設置するような解釈になるからです。

 

 

鞄や衣服に忍ばしてもいい?

配偶者の鞄や衣服にGPSを忍ばせることは、夫婦であってもプライバシー侵害になる可能性はあります。

 

ビジネス鞄や衣服などは、各自が専用で使うものであるため、共有財産にはならないからです。

 

仮にプライバシー侵害にあたったとしても、その被害評価は少ないと考えられるのは、すでにお伝えした通りです。

 

 

 

GPS設置が違法となる場合

指で×を作っている

 

次のような場合において、GPSを設置することは違法となります。

 

    • 不倫相手の車
    • 別居先の敷地などに侵入
    • 無断でGPSアプリを入れる
    • 共有財産以外の車など

 

個別に内容をお伝えします。

 

 

不倫相手の車に設置

夫婦という関係であるからこそ、共有財産である車にGPSを設置することは許容されます。

 

しかし、他人である不倫相手となるとプライバシー侵害の程度が大きいです。ストーカー規制法に触れる行為であり、刑罰を科せられる可能性があります。

 

 

別居先の敷地などに侵入し設置

配偶者の実家など別居先の敷地に侵入し、車にGPSを設置することは違法です。

 

不法侵入になる可能性があるからです。

 

 

無断でGPSアプリを入れる

配偶者のスマホをロック解除して、無断でGPSアプリをインストールすることは、違法性です。

 

「不正指令電磁低記録に関する罪」「不正アクセス禁止法」に抵触する行為であり、刑事罰に科せられる可能性があります。

 

 

共有財産以外の車にGPSを設置

婚姻前から配偶者が所有している車に、GPSを設置すると違法となります。共有財産ではないからです。

 

同様に、配偶者の勤務先である営業車などにGPSを設置することも違法です。

 

 

 

GPS履歴は決定的な証拠にはならない

HDDドライブ

 

次に、GPS履歴の証拠能力についてお伝えします。

 

夫や妻の車などにGPSを忍ばせたところ、ラブホテルに滞在している履歴がバッチリ残っていた。「だから、裁判でも不貞行為の立証はできる!」と普通は思いますよね。

 

ところが、基本的にはGPS履歴だけでは、裁判所は不貞行為があったとは認めてくれません。(色んなGPSで何回もラブホテルに行っていることが証明できれば、可能性はありますが。)

 

なんで?おかしい! という感じですが、次のような反論をされるからです。

 

「運転中に眠たくなって危ないと思ったから、睡眠をとる為に利用しただけだよ。」

 

「友人に車を貸していたから、俺がラブホテルに行ったわけではない!」

 

「その位置情報は間違っている。私はそのラブホテルの横のビルの居酒屋で友人と飲んでだけ」

 

こちらが絶対に嘘だ!と思っていても、このような言い逃れができる以上、裁判所は不貞行為があったとは認めてくれません。

 

「裁判所は不倫した奴を味方するの!」と感じますが、裁判所は証拠や客観性を重視するので、仕方がありません。

 

 

他の証拠を組み合わせる

お伝えした通り、GPSの履歴情報だけでは不貞行為を立証させるのは難しいですが、他にも不倫の証拠があれば可能性がでてきます。

 

例えば、ラブホテルにいたことが分かるGPSの履歴を夫に見せて、不倫をしているでしょ?と問い詰めたとします。夫は観念して、ラブホテルで他の女性と不貞行為をしたことを認めた書面を手に入れた。

 

この2つの証拠を組み合わせることで、信ぴょう性がUPするため、不貞行為があったと認めてもらえる可能性が高まります。

 

 

GPS×LINEで不貞行為を立証させる具体例

証拠を組み合わせることの具体例をもう1つ紹介します。実際にあった内容です。(内容は一部変えてます。)

 

夫がラブホテルにいたGPSの履歴が残っている同日に、夫が不倫相手と次のようなLINEのやりとりをしているのを見つけた。

 

19:50 夫「これから会える、熱いエッチしよう」

19:51 女性「うん、会いたい!したい!」

20:18 夫「到着したよ!」

~車載GPSが20:40~23:50ラブホテル~

24:20 女性「一緒になれて嬉しかった、ありがとう!」

24:01 夫「俺も!今日〇〇ちゃん超激しかったね」                               

24:06 女性「〇〇君こそ獣だったよ笑」

24:08 夫「あ、今日バックでしていない!」

24:08 女性「気持ちよくて忘れていた(笑)」

24:10 夫「〇〇のエロい体をもっと探求したい!」

24:11 女性「いいよ~私も探求されたい(笑)」

24:13 夫「探求がんばる~今日はありがとう!」

24:47 GPS帰宅

 

余談ですが、私はこれを見たとき、「なんて頭が悪いやり取りなんだろう…」って思わずにいられませんでした。2人の頭は、まさにお花畑状態のクズ以外の何ものでもないですよね。

 

話を戻して、このように、明らかに性行為があったことが分かるLINEのやりとりを証拠化したものと、ラブホテルの位置を示すGPS履歴があれば、裁判所は不貞行為を認める可能性は大です。

 

ちなみに、LINEの当事者が特定できるのなら、上記のやりとりだけでも不貞行為の立証できる可能性もあります。

 

 

 

GPS履歴が不倫相手の自宅と一致している場合

一軒家

 

次にGPSで特定された地点と、不倫相手の住所が一致する履歴データがある場合についてです。

 

これも先ほどと同じく、GPSの履歴だけでは裁判所は不貞行為があったとは認めてくれないので、他の証拠が必要となります。

 

手に入れやすい証拠としては、やはり配偶者が不倫したことを認めた書面。その日に不倫相手の自宅に滞在したことが分かるような、LINEなどのやりとりを証拠化することが考えられます。

 

他には、入手する難易度が高くなりますが、不倫相手の自宅に出入りする瞬間を押さえた写真や動画です。

 

このような証拠に加えて、さらに次の要件も満たすことが必要ですよ。

 

不倫相手の自宅の滞在が夜間で長時間に及ぶこと

 

昼間であれば、打ち合わせをしていただけ、等の言い逃れができるので厳しいため、この要件が必要です。

 

 

 

まとめ

今回は、GPS設置が合法・違法になる場合や、不倫が伺えるGPS履歴の証拠能力を解説しました。最後にポイントを箇条書きでまとめます。

 

    • 共有財産の車にGPS設置するのは合法
    • 不倫相手に対する設置は犯罪になる恐れがある
    • 無断でGPSアプリをインストールするのも同様
    • GPS履歴は不貞行為の決定的証拠にはならない
    • GPS履歴×他の証拠で不貞行為の立証が可能

 

GPSの設置は夫婦の共有財産だけにしましょう。それ以外の場所などの設置は違法となる可能性があります。

 

不貞行為を立証するには、不倫が伺えるGPSの履歴以外にも、その他の証拠を用意することが必須です。不倫に少しでも関連するのなら、些細な物でも全て取っておくことが重要となります。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

関連記事


個人でも簡単に不倫調査ができて、夫や妻の不倫の有無がハッキリ分かる&証拠も得ることができるGPSを紹介しています。

 

イチロクGPSを徹底解説【低費用で簡単に不倫調査&証拠も入手!】

 

 

 

 

不倫相手への慰謝料を成功させる為の必見記事


不倫相手への慰謝料請求を成功させる為に、特に押さえて頂きたい記事をまとめました。

 

下のリンク↓からご覧ください。

 

不倫相手への慰謝料請求を成功させる為の必見記事集

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。
⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを