不貞行為 証拠

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の証拠 » 裁判で通用する不貞行為の証拠をお探しならコレをご覧下さい

裁判で通用する不貞行為の証拠をお探しならコレをご覧下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


配偶者に不貞行為があった時には、離婚請求が出来る以外に、配偶者及び不貞相手に対して、慰謝料を請求することが可能です。

 

とは言っても、不貞行為をした配偶者やその不倫相手が、その事実を否定するときは、慰謝料を請求する側が不貞行為があったことを証明する必要があります。

 

そして、その証明をするには客観的な証拠が要ります。

 

不倫配偶者や不倫相手に対し、不貞行為があると、どんなに訴えたでも、それを裏付ける証拠がないと、裁判では認めてもらえません。

 

ということで今回は、裁判において不貞行為を立証するには、どの様な証拠が必要かについて取り上げます。

 

不倫した側が不倫事実を認めない状況にある方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

なぜ不貞行為の証拠が必要なのか?

不貞行為を理由に、離婚や慰謝料の請求を裁判で認めてもらうには、客観的な証拠が必要だということを、冒頭にお伝えしました。

 

それでは、なぜ必要かと言えば「請求する側」が、二人に肉体関係があったことの証拠を用意し、立証しなければならないからです。

 

不貞行為の証拠が不十分な場合、想像や余談が多いと捉えられ、請求を棄却され、認められない場合もあります。

 

加えて、不貞行為の証拠を持たずに、相手を追及したところで、ウソを貫き通されます。

 

ですので、有利に進める為には、証拠は可能な限り用意しておくことがポイントとなります。

 

 

可能な限り証拠を用意することが問題の早期解決へ繋がる

このことは、裁判の場合に限った話ではありません。

 

離婚や慰謝料を請求する場合、通常は示談交渉から始めます。

 

当然ながら、その段階であっても、証拠が多ければ多いほど、相手は言い逃れが無理だと思い、観念し、請求に応じやすくなります。

 

裁判での決着は、どうしても時間がかかり、精神的・金銭的負担も大きくなります。

 

決定的な証拠を用意するということは、示談交渉での解決が望めるということに繋がります。

 

それでは、どの様なものが不貞行為の証拠になるのかを、お伝えします。

 

 

 

写真・ビデオ

不貞行為の証拠として、証拠能力が高いとされるのは、何と言っても、写真やビデオといった画像や映像です。

 

もちろん、どんな写真やビデオでもいいのはなく、証拠能力が高いとされるのは次の2つです。

 

  • 性交渉時の写真や動画またはそれに準ずるもの
  • ラブホテルへの出入り写真

 

それでは個別に見ていきます。

 

 

性交渉時の写真や動画またはそれに準ずるもの

配偶者が不倫相手との性交渉の場面をスマホ等で写真を撮ったり、動画を撮ったりしているケースがあります。

 

その画像や映像は、不貞行為を裏付けする確固たる証拠です。

 

画像や映像に映っている人物が配偶者だと特定だけ出来たら、それのみで不貞行為を立証出来ます。

 

 

ラブホテルへの出入り写真

配偶者と不倫相手が二人でラブホテルに出入りするときの状況を撮った写真も、不貞行為を裏付けする強い証拠です。

 

通常、男女が単にそこで休憩する目的で、ラブホテルに行くことはあり得ません。

 

要は男女がラブホテルに入った、という実態から、そこで性交渉があったと合理的に推測されるのです。

 

 

不倫相手の家に出入りしている写真はどうなの?

ラブホテルなどは使わないで、ひとり暮らしをする不倫相手の住まいに出入りするケースも数多くあります。

 

不倫相手のの住まいに泊まったら、アウトなのではと思う方は多いでしょう。

 

確かに、それだけで不貞行為があったと認められる可能性はありますが、1回だけでは証拠として弱く、認められにくいでしょう。

 

認められるには、常習化が分かるように複数回に渡って出入りする写真や、別の証拠を合わせる必要があります。

 

 

 

携帯電話などのメール

配偶者と不倫相手とのメールのやり取りから、不貞行為が分かることも多いです。

 

現実、裁判の場では、不倫当事者のメールのやり取りが証拠として提出されることはよくあります。

 

しかし、それのみでは不貞行為の決定的な証拠にはならないのです。

 

だからといって、これは意味が無いという訳でなく、他の証拠と合わせることで、証拠能力が上がります。

 

このことの詳細は後でお伝えします。

 

 

証拠としての残し方

写真に残す際は、メールの文字がはっきり読める様に撮ることが絶対です。

 

メールの内容が読めないと意味がないからです。

 

他には、配偶者の携帯電話等に保存されているメールのデータを、自身のパソコン等のメールアドレスに転送します。

 

そして、それをプリントアウトしたものを証拠として出す方法もあります。

 

ただこの方法だと、データであるが為に、相手から編集されている、などと反論される可能性もあります。

 

ですので、写真に残し、もしものとき為に備え、転送もしておくのが一番安心です。

 

 

不貞行為の事実が明白に分かるメールだとしても

入手したメールの内容が、

 

「君とのSEXの相性は抜群だね」

 

「またあのラブホテルに泊まりたい。」

 

など、明らかに不貞行為があったと思える内容だと、このメールは証拠能力は高いのでは?

 

この様に思う方もいるかもしれません。

 

でも残念ながら、これは決定的な証拠にはなりません。

 

なぜなら、相手が「言葉遊びをしていただけ」といった、言い逃れが出来てしまうからです。

 

 

 

LINEなどのSNS

ここ最近、不貞行為の証拠として増え続けているのが、次の様なSNSのやりとりです。

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • mixi・・・など

 

これらの中でも、最近特に多く、直接結びつく証拠となりやすいのが「LINE」です。

 

LINEのトーク機能がメールと一緒で、ふたりだけの交信なので、不貞行為の察しがつく様な内容のやり取りをしがちになるのでしょう。

 

その上、メールより操作が更に楽なので、利用者が急増していることも理由として挙げられます。

 

 

LINEのやりとりを証拠にする際の注意点

LINEのやり取りを証拠にする際、注意しないといけない点は、相手が匿名を使っている場合です。

 

LINEは、実名ではなくあだ名やニックネームで登録していることも多いため、相手から証拠のやり取りが、私ではないと反論されることもあります。

 

そうなると、不貞行為の裏付けが出来なくなります。

 

 

 

レコーダーで録音・謝罪文

不貞行為が発覚し、追及した際、その場で相手が不貞事実を認めても、後に裁判となった場合、一転して否定するケースがあります。

 

この場合「あの時は不倫事実を認めた」と主張しても、信憑性が薄いので、裁判所は不貞行為があったとは当然に認めません。

 

そこで、不倫した配偶者などが不貞事実を認める様な発言をした際に、それをICレコーダー等で録音することで証拠となります。

 

これと合わせて、書面で「謝罪文」を書かせるとより良いでしょう。

 

なお、この様な証拠が不倫配偶者と不倫相手ともに入手できれば、証拠能力は高いです。

 

しかし、不倫配偶者だけだと証拠能力は低く、他の証拠も合わせて裏付けを強化してくことになります。

 

 

録音する際のポイント

レコーダーで録音する際、なるべく詳しい内容を発言させることがポイントです

 

次の内容を抑えておくと、証拠能力が高まります。

 

  • 不貞開始の時期
  • 不貞行為の期間
  • 不貞行為の回数
  • 不倫相手の名前や住所、職業
  • 不貞相手方と出会ったきっかけ
  • 不倫相手が相手(不倫した配偶者)を既婚者だと知っていたか

 

謝罪文も同様の内容を記載するようにしましょう。

 

※謝罪文の詳細については「夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由」をご覧ください

 

 

 

その他の証拠

次の様な物も証拠として残しましょう。

 

  • 不倫相手とのこと書いたメモや日記
  • 不倫相手からの手紙やプレゼント
  • 不倫相手と宿泊したホテルの領収書
  • ホテルを利用したクレジットカードの明細や請求書
  • 不倫相手と食事をした飲食店の領収書
  • 不倫相手とドライブしたときのカーナビの記録
  • 不倫相手との通話記録
  • 友人や関係者など第三者の証言・・・など

 

これらの中には「こんな些細なものでも必要?」と思う方もいるかもしれません。.

 

しかし、小さな証拠を積み重ねることで、不貞行為があった事実を立証できることもよくあるのです。

 

 

証拠を組み合わせる例

たとえば、次の様なケースが当てはまります。

 

「昨日は、一緒にホテルにお泊り出来て本当に嬉しかったよ。また近いうち会おうね」

 

お伝えした通り、このメールだけでは不貞行為を裏付ける証拠としては弱いです。

 

ですが、そこに配偶者のスーツからラブホテルの領収書が出てきた。

 

領収書の発行日は、さっきのの不倫を伺わせる内容のメールの受信日時の前日であった。

 

この二つの証拠を結び付けることにより「二人の間に不貞行為があった」という推定が働きます。

 

その結果、裁判官が不貞行為があったと認める可能性が高まります。

 

こういった様に、些細と思える証拠だとしても、それらを集めることで、不貞行為があったと裏付けさせることは出来ます。

 

ですので、少しでも関連性があるかもと思えば、プリントアウトするなどして、証拠として残すようにしましょう。

 

 

 

探偵事務所を利用する際の注意点

以上、不貞行為の証拠となるものをお伝えしましたが、証拠能力が高いものを入手するのは、やはり難易度が高いと言えます。

 

性交渉しているときの写真や動画は、通常は不倫が発覚することを配偶者が恐れて撮りません。

 

ですので、その様なものを入手できるのは稀です。

 

そうなれば、ラブホテルに出入りする写真の方が、入手し易いといえます。

 

しかし、配偶者にばれずに、配偶者を尾行し、不倫相手とラブホテルに入る瞬間を撮影する。

 

このことは、よほど時間と体力、何といっても技術がある人でないと、無理でしょう。

 

そこで探偵事務所等に依頼し、その瞬間の写真を入手してもらう方法が考えられます。

 

とは言っても、探偵に不貞調査をお願いすれば、相当な費用が必要です。

 

また、この業界は悪徳業者も少なくありません。

 

ですので、探偵を利用するなら、慎重に業者を選ばないといけません。

 

 

探偵業者を選ぶ際のポイント

選ぶ際に最低限チェックすべきことは、次の通りです。

 

  • 探偵業の届出番号を明示されていること
  • 料金システムが単純明快であること
  • 事務所の所在や連絡先、代表者氏名、が明確になっていること
  • 使用している報告書の実例等を見せてもらえること
  • 調査委任契約書や重要事項説明書の取り交わしがあること
  • しっかりとこちらの話を聞いてくれること

 

また、費用を抑える方法としては、2人がラブホテルに行きそうな時間帯に的を絞って、調査を依頼することです。

 

そうすれば、通常よりも料金を低く抑えることが出来るケースが多いです。

 

 

 

「裁判で通用する不貞行為の証拠をお探しならコレをご覧下さい」まとめ

今回は、裁判において不貞行為を立証するには、どの様な証拠が必要かについて取り上げました。

 

証拠能力として高いのは「性交渉しているときの写真や動画」や「二人がラブホテルに出入りする写真」です。

 

しかし、この証拠を用意できる人はそう多くはありません。

 

その場合は、細かな証拠を多く集め、それを合わせることで、不貞行為を裏付け出来ることもあります。

 

ですので、些細な証拠であっても可能な限り集めることが、最も大事なことです。

 

 

 

関連記事


ラブホテルの不倫と証拠をテーマに取り上げています。

 

↓下のリンクからご覧ください。

 

ラブホテルでの不倫を立証できる証拠はこれです

 

 

 

低料金&不倫の確実な証拠を掴む探偵を無料で見つける方法

配偶者が不倫をしていることは確かだが、それを裏付ける証拠が全然見つからないし、当の本人は不倫事実を絶対に認めない。

 

そこで、探偵事務所等に依頼して証拠を入手しようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 探偵事務所の選び方が分からない
  • 悪徳業者に依頼しないか心配
  • 費用は出来るだけ押さえたい
  • 調査力が高い業者に依頼したい
  • 料金体系が明確なところを選びたい

 

 

このような希望を満たしてくれる探偵事務所などを「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

費用を極力抑えつつ、確実な不倫の証拠を押さえてくれる、信頼が置ける探偵をお探しの方は、詳細を下の赤いボタンから一度ご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを