不倫 不貞行為 証拠

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の証拠 » その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?

その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?


不倫された配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する場合には、二人が不倫をしたことを裏付ける証拠が必要です。

 

しかし、どの様な証拠を用意すればいいの?

 

この様に疑問を持つ方も多いと思います。

 

そこで、今回は「不倫の証拠」について取り上げたいと思います。

 

不倫した当事者に慰謝料請求を考えている方や、不倫を理由に裁判で離婚請求しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

この様な時に不倫の証拠は必要

不倫の証拠が必要となるのは、主に次の2つ場面においてです。

 

  • 不貞行為を理由に裁判で離婚請求する場合
  • 配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する場合

 

 

それでは個別に詳しく取り上げますね。

 

 

不貞行為が理由に裁判で離婚請求する場合

配偶者の不貞行為を理由に裁判で離婚請求する場合、請求する側(不倫をされた側)が「不倫の証拠」を出し、配偶者等の不貞の事実を立証する必要がありますよ。

 

不倫の証拠が無い場合や不十分な場合は、配偶者の不貞行為は不確かだと捉えられ、離婚請求が棄却されて離婚は認められません。

 

また裁判以前の離婚協議の段階でも、不倫の証拠があれば、慰謝料や財産分与などの、離婚に付随する諸条件の交渉を有利に進めることができます。

 

なお、不貞行為についての詳細については「不貞行為と不倫を同じ意味だと思っていませんか?」をご覧ください。

 

 

配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する場合

夫に不倫をされた妻は、夫に慰謝料を請求することができます。

 

また一定の条件下の元、夫の不倫相手にも請求ですることができます。

 

実際に不倫の慰謝料の請求をした場合、特に不倫相手は素直に不倫の事実を認めようとしません。

 

そこで、相手に不倫の事実を認めさせるには、「不倫の証拠」が必要となってきます。

 

また裁判になり、相手が不倫を否定している場合、不倫したことが100%真実であろうと、不倫の証拠が無い場合は、慰謝料を認めてもらえません。

 

 

 

不倫の決定的証拠とは?

裁判になった場合、裁判官に不倫があったと認めてもらえる可能性が高い証拠は次の通りです。

 

  • 性行為中の写真や動画
  • ラブホテルに出入りする写真
  • 不倫相手が不倫した事実を認めた書面

 

それでは個別の詳細を取り上げますね。

 

 

性行為中の写真や動画

不倫の証拠として、裁判でも絶対的に通用する「決定的な証拠」は、まさに二人が性行為中の写真や動画です。

 

しかし、これを取得するには、不貞行為の現場を押さえる必要があるので、そんなの絶対に無理だと思う方がほとんどでしょう。

 

確かに、SEX現場に乗り込みその場を撮影する方法で、取得するのは不可能に近いです。

 

でも、次の様な場合や方法なら取得できる可能性はあります。

 

  • 配偶者のスマホをチェックしたら、配偶者と不倫相手との性行為を撮った動画や画像を発見した。

 

  • 探偵会社に不倫調査を依頼した結果、車で性行為をしている映像が撮れた

 

  • 自分がいないときに、不倫相手を家に上げている気配がしたので、隠しカメラを置いたところ、性行為している映像が撮れた。

 

この様な方法などで、この決定的な証拠を入手できる方は稀にいますよ。

 

 

ラブホテルに出入りする写真

ラブホテルを利用する目的は「男女が性行為をする為」であることが一般的です。

 

不貞行為の定義とは「配偶者以外の異性と自由な意思で性的関係を持つ」ことです。

 

ですので、ラブホテルを利用するということは、性的関係があったとみなされる可能性が非常に高いといえます。

 

ラブホテルを利用していることを客観的に証明する方法は、ラブホテルに出入り写真を押さえることです。

 

写真や動画を撮る際は、必ず「男女二人が一緒」に出入りする写真を撮りましょう。

 

一人だけでラブホテルに入っている写真などを撮っても、不倫とは認められません。

 

なお、この様な写真を個人で押さえることは困難ですので、探偵を利用するのが現実的です。

 

ただし探偵業界も不透明な業界なので、探偵選びを間違えると多額の費用だけが発生し、何の証拠も得られないといった最悪な事態となります。

 

よって、探偵選びは慎重に行う必要があります。

 

間違いない探偵を選びたいなら「低料金&不倫の確実な証拠を掴む探偵を無料で見つける方法」もご参考ください。

 

 

ビジネスホテルの出入り写真は有効?

ラブホテル以外の宿泊施設であるビジネスホテルや旅館などに二人が出入りしている写真を撮っても有力な証拠にはなりません。

 

なぜなら、これらの宿泊施設は性行為を目的とする場所でなく、仕事でも利用することも多い場所です。

 

ですので「仕事の打ち合わせをしていた」などと言い訳ができるからです。

 

ただし、これらの宿泊施設に入る前に、二人が手を繋いでいる姿や、キスやハグをしている姿の写真も一緒に取ることが出来たなら、仕事云々の言い訳は出来ないので、有力な証拠となります。

 

 

不倫相手が不倫した事実を認めた書面

不倫相手が不倫の事実を認めた書面でも、不倫内容などを具体的に書くことによって、立派な証拠となります。

 

具体的とは次のような内容をはっきり書くことです。

 

  • どこの誰と
  • 肉体関係の期間・回数
  • どこでしたか
  • 既婚者だと分かって肉体関係を持ったこと

 

これらの内容をはっきり書き、最後に日付と不倫相手の住所や氏名を署名し、押印することで完璧です。

 

恐らく、このような書面を素直に書くのであれば、裁判の前の段階で示談となっている可能性は非常に高いといえます。

 

 

 

補助的な不倫の証拠とは

これからお伝えする証拠は、それ単体だけでは裁判の場で不貞行為があったことを認めてもらうには難しい。

 

しかし、その他の証拠を組み合わせることにより、認めてもらえる可能性があるもの。

 

または、裁判以外の方法で慰謝料を請求する場合において、有効で効果的な証拠。

 

この様な補助的な証拠を取り上げます。

 

補助的な証拠の主な例は次通りです。

 

  • メールやラインのやり取り
  • 配偶者が不倫の事実を認めた書面
  • 電話の通話履歴
  • その他(レシート・クレジット明細など)

 

それでは個別の詳細を取り上げます。

 

 

メールやラインのやり取り

配偶者の不倫が発覚するきっかけとして多いのは、次の様な内容のメールやラインを発見したときでしょう。

 

「愛している」

「大好きだよ」

「今度いつ会える」

 

この様な内容のメール等は、相手に対する好意は分かりますが、不貞行為があったどうか不明なので、これだけでは弱いです。

 

それでは、次の様な内容のメール等はどうでしょうか?

 

「君とのSEXの相性はバッチリだね」

「避妊しなかったけど大丈夫かな?」

 

この様に肉体関係があったと伺える内容であっても、それでもこれだけでは不貞行為があったとは認められません。

 

なぜなら、「単なる遊びでこんなメールのやり取りをした」と言い訳が出来るからです。

 

以上のことから、不倫相手のメールやラインのやり取りは、補助的な証拠である理由です。

 

補助的な証拠とはいえ、比較的手に入りやすい証拠です。

 

複数の補助的証拠を合わせて、不貞行為を立証させる為には、この様なメール等発見すれば必ず写真などに押さえましょう。

 

※不倫相手とのメールやラインについての詳細は「不倫が伺えるLINEやメールは裁判でも通用する証拠なのかをお教えます」をご覧ください。

 

 

配偶者が不倫の事実を認めた書面

配偶者から不倫の事実を認める書面を取り、それを基に不倫相手に内容証明などで慰謝料請求する。

 

このやり方はオーソドックスな慰謝料請求方法です。

 

不倫相手に、不倫を認める書面を書かせようとしても、「不倫なんてしていません」とか「既婚者なんて聞いていません」

 

などと、言い訳をして書くことを拒否されることがほとんどです。

 

その反面、不倫をした配偶者は、この書面を素直に書くことが多いです。

 

なぜなら、離婚を覚悟で本気で不倫している配偶者は少なく、言葉は悪いですが「遊び」感覚でしている者が大半です。

 

離婚をしたくない配偶者は、他方の配偶者から「許してほしければ書いて」などと言われれば拒否できません。

 

不倫相手がどれだけ関係を否定したとしても、配偶者が不倫を認めた確たる書面を持っていれば、最終的には認めざるを得ない状態に追い込まれることが多いです。

 

裁判になった時の補助的証拠としてはもちろん。

 

裁判外で慰謝料を請求する際には、強力な武器となりますので、必ず手に入れておきたい不倫の証拠です。

 

なお、書面に書く内容は先ほどの「不倫相手が不倫の事実を認めた書面」と同様です。

 

※配偶者が不倫の事実を認めた書面の詳細は「夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由」をご覧ください。

 

 

電話の通話履歴

携帯電話の契約者本人であれば、過去の通話履歴を携帯会社各キャリアから取り寄せることができます。

 

通話記録は不倫相手と電話のやり取りをしたか?してないか?の証拠にはなります。

 

しかし、補助的な証拠なので、それ単体では不貞行為を証明できるではありません。

 

有効的な活用法としては、嘘をついているか、否かの判断する為に使うことです。

 

不倫相手などが「数えるくらいしか電話したことがない」と言わせ、その後に通話記録を出す。

 

そうすれば、ボロが出た当事者は観念する可能性があります。

 

また裁判で争っているなら、嘘をついた側に対して、裁判官の心証は悪くなり、不貞行為があったと認める可能性が高まります。

 

 

その他(レシート、クレジットカード明細など)

配偶者の財布に入っているレシートや領収書も一度チェックしてみましょう。

 

ラブホテルなどの宿泊施設の領収書が出てくるかもしれません。

 

それ以外にも、コンビニや飲食店などで二人分の食事や飲み物を購入しているレシートなどがあれば、それも撮っておきましょう。

 

些細なものでも、それらを結集させることで、決定的なものができる可能性があります。

 

クレジットカードや車のETCなどの利用明細も重要です。

 

クレジットカードの明細で、ラブホテルなどに宿泊していることが発見出来る可能性があります。

 

それ以外にも、各利用明細を調べることで、不倫を裏づかせる履歴が判明することもあります。

 

その他にも次のようなものが挙げられます。

 

  • 二人のやりとりの手紙
  • デートを約束したメモ書き
  • 二人の写真やプリクラ

 

証拠として利用できそうなものはすべて集めましょう。

 

それが配偶者や不倫相手の自白に繋がったり、裁判所が不貞行為を認める要因となるからです。

 

 

 

複数の補助的証拠を集める目的と具体例

不貞行為を認めさせる為には、ラブホテルに出入りする写真を入手出来ればいいのですが、そう簡単にはできません。

 

個人でそれを取るには、時間的にも技術的にも困難ですし、探偵社に頼めば入手できる可能性は高いですが、費用が莫大です。

 

しかし補助的な証拠を集めるなら、探偵社に依頼しなくても、自分の力だけでも可能です。

 

それでは補助的な証拠を集めて、裁判官に不貞行為の事実を認めてもらうには、具体的にどうすればいいのでしょうか。

 

次のような例を踏まえお伝えしますね。

 

 

補助的証拠を組み合わせで不貞の事実を認めてもらえる例 

補助的な不倫の証拠として「昨日は一緒に過ごせて本当に嬉しかったよ。また近いうち会おうね」

 

このような、不倫相手から送信されてきたメールを発見したとします。

 

繰り返しになりますが、これだけでは不貞行為があったと認めてもらえません。

 

ところがこのメールを発見した後、配偶者の上着のポケットからラブホテルの領収書が見つかった。

 

その領収書の日付は、メールの受信日時の前日のものであった。

 

この二つの補助的な証拠を組み合わせることで「この二人の間に肉体関係があった」という推定が働き、裁判官に不貞行為があったことを認めてもらえる可能性が高くなります。

 

裁判外の慰謝料請求の場合も同様で、これらを突きつけることで、不倫相手などに不倫を認めざる得ない状況に追い込めます。

 

繰り返しになりますが、些細な証拠であっても、それらを結集させることで、不倫があったと裏付けさせることも十分可能です。

 

 

 

探偵会社を活用する上での注意点

自分で不倫の証拠を集めるのは難しいので、弁護士や探偵社に依頼して集めてもらおうと考えている方もいるでしょう。

 

まず、弁護士ですが不倫の証拠集めまではやってくれません。

 

あくまで依頼者が持っている証拠を基に、慰謝料請求が可能かを判断し、可能なら遂行するまでです。

 

なかには探偵会社と提携している事務所もありますが、弁護士事務所自体が行うことはありません。

 

ですので、不倫の証拠を自分以外の人に収集してもらうのであれば、探偵会社や興信所に依頼することになります。

 

ただ、探偵社などは当たり外れも多く、依頼者からお金だけを受け取り、あとは適当な調査しかしない様なところもあります。

 

そこで、探偵社などに依頼するか否かの判断は、次の様なことは最低でもチェックしてください。

 

  • 調査方法
  • 結果に対する責任
  • 経費の確認、機材等の料金
  • 最終的な金額
  • 探偵社との連絡方法
  • 成功報酬の有無
  • 契約書等の確認

 

この様な基本的な事項の説明が、しっかり出来ずに曖昧なところは避けた方がいいでしょう。

 

また、調査料金の全額前払いのところも依頼しない方が無難ですよ。

 

 

 

「その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?」まとめ

今回は「不倫の証拠」について取り上げました。

ご参考となれば幸いです。

 

本文でもお伝えした通り、証拠としてホテルに出入りする写真を入手できれば一番良いのですが、現実的になかなか難しいです。

 

配偶者の自白の書面、メールなどの補助的証拠を可能な限り集めることが、不貞行為を認めさす上のポイントとなります。

 

必ず些細な証拠でも取っておくようにしましょう。

 

それでは、最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

低料金&不倫の確実な証拠を掴む探偵を無料で見つける方法

配偶者が不倫をしていることは確かだが、それを裏付ける証拠が全然見つからないし、当の本人は不倫事実を絶対に認めない。

 

そこで、探偵事務所等に依頼して証拠を入手しようと考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

  • 探偵事務所の選び方が分からない
  • 悪徳業者に依頼しないか心配
  • 費用は出来るだけ押さえたい
  • 調査力が高い業者に依頼したい
  • 料金体系が明確なところを選びたい

 

 

このような希望を満たしてくれる探偵事務所などを「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

費用を極力抑えつつ、確実な不倫の証拠を押さえてくれる、信頼が置ける探偵をお探しの方は、詳細を下の赤いボタンから一度ご覧ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを