不倫 謝罪文 認める

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の証拠 » 夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由

夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由


夫が不倫をしている気配があったので、追及したところ不倫の事実を自白し認めた。

 

あなたが夫やその不倫相手に慰謝料を請求する予定であるのなら、夫が不倫を認めた際に必ずやるべきことがあります。

 

それは「不倫の謝罪文」を書かせることです。

 

今回は、不倫をした配偶者に書いてもらう「不倫の謝罪文」について取り上げます。

 

自身の配偶者の不倫が発覚した方はもちろん、不倫を疑っている方も必ず知っておきたい内容なので、ぜひご覧ください。

 

 

配偶者から簡単に不倫の自白を取る方法

最初に、配偶者から簡単に不倫の自白を得る為の、効果的な方法をひとつ紹介します。

 

「あなたの最近の行動はおかしいけど不倫しているじゃないの?」

 

この様に問い詰めた際、相手の大方の反応は「証拠もないくせに疑うのか!」とシラを切られます。

 

そこで、あなたは次の様なセリフを相手に投げかけてください。

 

「正直に話せば許すつもりだったけど・・・」

 

 

正直に話せば許すというセリフの効果

離婚を覚悟のうえで不倫をやっているケースは少ないです。

 

不倫をやっているたいていの夫や妻は、自身のパートナーとの離婚を望んでいないのです。

 

当然、不倫相手との再婚も考えていません。

 

それに、この不倫関係がずっと続くとも思っていないです。

 

要するに、不倫が判明してあなたとの関係が傷つくのを恐怖に思っているのです。

 

ですから、問われた際に自白せず、後日分かった場合のリスクをはっきりと示すセリフは相手に効果的に働きます。

 

「正直に話せば許す」という言葉は、

 

後日発覚したなら「離婚」となってしまう最悪な結果に繋がるというリスクを相手に刷り込ませることになるのです。

 

現実、不倫をしている夫や妻の多くは、このセリフに動揺をします。

 

そして、離婚を避けたいが為に不倫を自白するのです。

 

 

 

不倫配偶者に謝罪文を書かせる理由

あなたの配偶者が不倫を認めたなら、不倫した事実の内容を含む「謝罪文」を書かせましょう。

 

謝罪文を書かせる主な理由は次の3つです。

 

  • 不倫の証拠を手に入れる
  • 不倫相手の責任逃れを阻止する
  • いざという裏切りに備える

 

それでは個別に見てみましょう。

 

 

不倫の証拠を手に入れる

よく知られている不倫の証拠としては、

 

体の関係があったと予測できる内容が載ったメールやライン、二人がラブホテルに出入りする写真等が挙げられます。

 

しかし、この様な決定的な証拠は、そう簡単にを入手できる物ではありません。

 

仮に、他に証拠があったとしても、証拠は少ないより多いことに越したことはありません。

 

また、今手にしている証拠を何かしらの理由で失くしてしまうリスクもゼロではありません。

 

ですので、不倫の物的証拠がない場合はもちろん。

 

不倫の証拠を固める上でも、配偶者から不倫の事実関係を載せた謝罪文を取っておく必要があるのです。

 

※メールやラインの証拠能力等の詳細は「不倫が伺えるLINEやメールは裁判でも通用する証拠なのかをお教えます」をご覧ください。

 

 

不倫相手の責任逃れを阻止する

不倫相手に慰謝料を請求した際、様々な言い訳で不倫事実を否定し、慰謝料の支払いを免れようすることがあります。

 

しかし、配偶者が不倫した事実を認めた謝罪文を証拠として持っていれば、不倫相手も結局認めざるを得ない結果に追い込まれることが殆どです。

 

 

いざという裏切りに備える

今の時点で配偶者が不倫の事実関係を認めていても、いつ否定に転じるか分かりません。

 

下手をすると、不倫相手と口裏を合わせて結託することもあります。

 

しかし、一度不倫の事実関係を認める謝罪文を差し出していれば、後からそれを否定に転じるのは難しいという気持ちになるでしょう。

 

それに仮に否定に転じても、謝罪文という証拠を手にしているので問題ありません。

 

 

不倫事実の謝罪文の証拠能力

裁判外の示談においては、不倫事実を認める謝罪文を持っていることを伝えれば、不倫相手が否定するケースは少ないです。

 

ですので、とても効果的な「武器」にはなるとは思います。

 

裁判においては、単に配偶者が不倫事実を認めているだけで、不倫相手が認めていない場合は、証拠能力は弱いと思われます。

 

しかしながら、その他の証拠を合わせれば、裁判でも不倫の事実があったと認められる可能性は高くなります。

 

 

 

不倫事実の謝罪文の例文

不倫した配偶者から不倫事実の謝罪文を取る場合は、以下のような内容の謝罪文としましょう。

 

謝罪文

 

東京晴海様

 

私、東京太郎は、東京都新宿区○○町1-2-3 ○○マンション○○○号室に住む大阪花子さんと平成27年10月頃から平成28年2月18日にかけて6回、ホテルや大阪花子さんの自宅等において、肉体関係を持ったことを認め、ここに謝罪します。

 

なお、大阪花子さんは私を既婚者と認識していた上で、私と肉体関係を持ちました。

 

以後、二度と、大阪花子さんと、電話やメール、面会、その他、方法の如何を問わず、一切の私的な接触をしないことを約束します。

 

平成28年3月12日

 

住所 東京都品川区○○町4-5-6

氏名 東京 太郎 ㊞

 

 

謝罪文のポイント

謝罪文を作成する際のポイントは以下の通りです。

 

 

不倫相手を特定させる

不倫相手を特定させる為にどこの誰かをしっかり明記しましょう。

 

 

不倫期間と回数

不倫期間や肉体関係の回数によって慰謝料額は大きく変わります。

 

ですので、 できたら「平成○年○月○日から平成○年○月○日にかけて○回」という具体的に明記しましょう。

 

 

肉体関係(不貞行為)の事実

不倫相手に慰謝料を請求できる条件は、

 

  • 不倫相手が配偶者のことを既婚者と知っていた事
  • 肉体関係を持ったこと

 

ですから、このことをしっかり明記する必要があります。

 

※不倫相手に慰謝料を請求できる条件の詳細は「このようにして不倫相手には慰謝料を請求します」をご覧ください。

 

 

署名押印など

謝罪文に証拠能力を持たす為、「作成年月日」「署名」「押印」をしましょう。

 

なお、署名や押印は必ず本人にしてもらいましょう。

 

できれば、謝罪文の本文も本人に直筆してもらうのが一番安心です。

 

 

 

「夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由」まとめ

今回は、不倫配偶者に書かせる「不倫の謝罪文」について取り上げました。

 

不倫の謝罪文を取っておくことは、離婚話を進める上においてはもちろん、不倫相手に慰謝料を請求する際にも有利となります。

 

配偶者が不倫を認めた際は、必ず謝罪文を書かせるようにしましょう。

 

 

 

 

--------------------------------------------- 

 

私は夫の不倫がきっかけで離婚し、現在、離婚や男女トラブルを専門とする法務事務所に働きながら、息子と一緒に暮らしています。

 

私は不倫相手に慰謝料を請求した経験があり、その方にきっちりと責任を取ってもらいました。

 

とはいえ、慰謝料請求した当初は全然うまくいかず、相手の不誠実さに苛立ちが爆発するばかりでしたが、最終的にはケジメをつけることができ、前に進めるようになりました。

 

私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

 

不倫問題を解決させる為に必要な事とは?

 

 

 

 

不倫相手への慰謝料請求を失敗しない為に絶対に知っておくべきこと

不倫相手に対しての慰謝料請求を失敗して、散々たる思いや更なる精神的苦痛を負わない為に、必ず押さえておきたいポイントを取り上げています。

 

慰謝料請求を請求を成功させて、心の平穏を取り戻したい方は、下のオレンジのボタンをクリックして必ずご覧ください。↓

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを