ホーム » 不倫の証拠 » これが、旦那の浮気を見極めるチェック方法です

これが、旦那の浮気を見極めるチェック方法です

ここ最近、旦那の様子がおかしい・・・

 

今までと比べて行動が明らかに変・・・

 

この様な変化をあなたの旦那さんに感じるのなら、浮気や不倫を疑ってみるべきでしょう。

 

でも、様子や行動が変だからといって、単にそれだけで旦那さんが浮気や不倫をしているという確信は持てないですよね。

 

ということで今回は、夫が浮気や不倫をしているかどうかを見極めるチェック方法を主に取り上げます。

 

また、浮気や不倫が発覚した後の対応法などについてもお伝えしていきます。

 

あなたの旦那さんが、浮気や不倫をしているかどうかをチェックしたい方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

夫の浮気や不倫の特徴とは

まずは、夫の浮気の特徴や傾向についてお伝えしたいと思います。

 

夫としては、今ある家庭を壊してでも浮気相手との関係を続けたい

 

または、妻とは離婚して浮気相手と一緒になりたい。

 

こんな風に「本気」で浮気相手に夢中になるタイプは少なく、ほとんどは「お遊び」感覚です。

 

もっといえば「体の関係」だけを求めているのです。

 

今の家庭や夫婦関係は壊したくないけれども、浮気相手との関係も続けたい。

 

この様な自分に都合が良い関係状態を望んでいます。

 

ですので、浮気がバレれば、妻と離婚したくない夫は、すぐに浮気したことを認め猛反省し、浮気相手と別れるケースが多いです。

 

 

夫が本気になってしまうケースとは

なかには稀に、浮気相手に本気になってしまう人もいます。

 

離婚も覚悟した上で家を出て、浮気相手の家に転がり込んで一緒に暮らし始める。

 

そして、のちのち夫が妻に対して、離婚請求する様なケースもあります。

 

夫が本気になってしまうケースの多くは、浮気相手との関係が長い場合です。

 

妻が夫の浮気をずっと見抜けずにいた為、その間に夫と浮気相手の関係が深くなってしまったのです。

 

夫が浮気相手に本気になられてしまうと、あなたは離婚するつもりがなくても、離婚をせざるを得ない状態となります。

 

ですので「旦那の様子がおかしい」と思ったなら、夫が浮気をしていないかのチェックし、事実関係を確かめる必要があるのです。

 

 

 

旦那の浮気チェック方法とは

それでは次に、夫が浮気するときの兆候の具体例を取り上げます。

 

つまり、これらは浮気のチェックポイントとなります。

 

これらのことが多くあてはまるのであれば、あなたの旦那さんは浮気している可能性は高いです。

 

また浮気の兆候の事例と共に、それに関する補足事項もお伝えしていきます。

 

 

夕食を外で済ますことが多くなった

夫は今までどれだけ仕事が遅くなっても夕食を家で取っていた。

 

ところが急に会社の飲み会や取引会社との接待など、何かと理由をつけて夜に外食することが頻繁になった。

 

これは浮気相手と会っている際に、一緒に食事しているからと推測できます。

 

夫が営業職ならこの様なことも考えられますが、そうでない場合は特に疑って探りを入れましょう。

 

例えば、外食してくるという日に夫に連絡を入れてみましょう。

 

何度かけてもその場で取らず、折り返してくる場合が多い。

 

また、食事や飲みのメンバーや場所を聞いても、具体的な内容を話さない。

 

この様な場合は、浮気の可能性は濃厚といえます。

 

 

急に休日出勤が増えた

今までも休日出勤が多い場合や、前々から休日出勤が増えることを宣言されていれば、浮気の可能性は少ないでしょう。

 

しかし、その前ぶれもなく急に休日出勤が増えたのなら、浮気相手が出来たという可能性が高いです。

 

特に夫の表情に注目してください。

 

休日出勤が増えると、おのずとテンションは下がり、機嫌も悪くなります。

 

ところが疲れた表情は見せず、何だか楽しそうにも感じる様な場合は浮気相手と会っていたと考えるのが自然です。

 

 

泊りの出張が増えた

浮気相手との関係が深まれば、外泊をするというようなこともあります。

 

外泊をするとなると何がしかの理由を要します。

 

理由として多いのが「泊りの出張」です。

 

残業や外食、休日出勤の頻度が増え、その上泊りの出張が入るようになった場合は、浮気の疑いの余地はありません。

 

このような場合、会社に確認をすればすぐに本当かどうかは分かります。

 

 

毎週定まった曜日に帰宅時間が遅い

夫の浮気相手は、日曜日が固定の休みと決まっている訳ではありません。

 

浮気相手の休日が、平日の火曜日や金曜日など、特定の曜日に固定されているかもしれません。

 

ですので、いつも特定の曜日だけ決まって遅いというのは、浮気相手の休日に合わせて密会している可能性があります。

 

 

車に違和感を覚える

車に女性と思われる長い髪の毛が落ちていた、車内の香りがいつもと違う、座席の位置がいつもの位置から変わっている。

 

このような事があれば浮気相手を車に乗せている可能性があります。

 

また同時にカーナビもチェックしましょう。

 

ルート検索をしていれば、最近のものだと履歴が残っていることがあります。

 

その履歴を調べたところ、どうみても自分とは行った記憶がない。

 

または行くようなことは言っていなかった場所であれば、かなり怪しいと言えるでしょう。

 

 

レコーダーを仕掛けてみよう

あなたの旦那さんが主に車を使っている場合、ICレコーダを仕掛けてみましょう。

 

少なくとも24時間以上録音が可能なICレコーダーを用意しましょう。

 

それを車のダッシュボードにある物入れの中など、夫からは見つかりにくく、音声が拾いやすい場所に仕掛けるのです。

 

特に残業で帰りが遅くなると宣言していたり、泊まり出張に行くときは、必ず仕掛けるようにしましょう。

 

 

服装の趣味が変わった・オシャレに気を使いだした

今までの服装の趣味とはまったく違うものを着用し始めた。

 

これは、浮気相手の趣味(希望)に合わせていると推測できます。

 

また、服装に興味を示さなかった人が、急にオシャレをしはじめるのも浮気の兆候です。

 

浮気をすると、相手に気に入られようと、オシャレをする人が多いからです。

 

 

夫から香水の匂いがした

浮気をしていた場合、不倫相手とハグなどすれば、相手の香りが移ります。

 

夫はそれに気づかない&気にしないことが多いのですが、女性のあなたにはよく分かることです。

 

一度ならたまたまということにありますが、何回も同じ香りがしたら浮気している確率は大です。

 

また香水など以外でも、スポーツジムに通った帰りなどでも無いのに、風呂上がりのボディソープの香りがした。

 

この場合も、当然ながら疑いの目を向けましょう。

 

 

金遣いが荒くなった

浮気相手との食事代やホテル代や旅行代、プレゼント代の為に、お金の使い方が荒くなった可能性があります。

 

 

携帯電話から分かる浮気の兆候

最後に携帯電話から分かる浮気の兆候についてお伝えします。

 

夫はもちろん、妻の浮気が発覚するきっかけとして、特に多いのが携帯電話からです。

 

あなたはまず何よりも、旦那さんの携帯に関することをチェックしてみましょう。

 

  • 携帯を仕事用に必要だと言って二台持っている
  • 常に携帯でメールのやり取りしている姿をよく見る
  • 携帯に暗証番号をかけてロックしている
  • 家の中でもいつも自分の近くに携帯を置いている
  • 電話が掛かってくると、違う部屋に行く。
  • 夫の携帯に掛けた際、夫の受け答えがぎこちない時がある
  • 発信・着信の履歴が全て消されている。
  • フルネームで登録されていない人がいる
  • 予測変換で好意的な文面が出てくる
  • メール等が来てもその場で確認せず、一人になってから確認する
  • 家ではマナーモードにしている
  • あなたが旦那の携帯を触ると慌てる

 

携帯電話に関するこの事例に複数チェックが入る方は、浮気をされている可能性が高いと言えます。

 

 

 

旦那は浮気していると確信した場合に取るべき行動

浮気チェックをしたところ、私の旦那は浮気をしていると確信した。

 

この場合にあなたが取るべき行動について、ここからは取り上げます。

 

あなたが取るべき行動は「離婚するor離婚しない」で変わってきます。

 

まずは離婚しない場合についてからお伝えしていきますね。

 

 

離婚しないなら、夫にすぐに揺さぶりをかけること

男の人は女の人と比べ、ウソやかくし事がヘタな人が多いです。

 

そこで「最近いつも夜が遅いけど、私知っているの、あなた浮気をしているでしょう?」

 

この様に誘導尋問すると、ウソやかくし事が上手く出来ない夫は、必ず動揺し、顔や言動におかしな所がでてきます。

 

そこでさらに追い打ちを掛けるセリフを夫に投げかけましょう。

 

「正直に話せば許すつもりだけど・・・」

 

この言葉は、今白状すれば許すが、後からばれた際は、離婚するよという意味合いを持っています。

 

冒頭に伝えた通り、離婚を覚悟して浮気をしている夫は少ないです。

 

ですので、離婚したくない夫は、浮気していることを認めはじめるのです。

 

あなたの旦那さんが浮気をしている確信を持った、もしくは可能性が高いと感じたなら、先ほどの様なにすぐ揺さぶりをかけましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

確実な証拠を得ようとして夫を泳がしてはいけない

ときどき確実な証拠を得るまで、夫を泳がそうとする人がいますが、お勧めできません。

 

泳がすということは、それだけ時間をかけるということです。

 

時間が掛れば掛かるほど、夫と不倫相手の関係が深くなってしまい、夫が本気になってしまいます。

 

本気になれば、夫とは浮気相手と一緒になることを考えます。

 

その結果、あなたは離婚するつもりが無くても、夫があなたに離婚を請求してくる事態となってしまうのです。

 

 

 

 離婚しないなら「誓約書」を作成しよう

離婚をせずに夫婦修復を目指すなら、浮気の再発防止に力を入れる必要があります。

 

再発防止の手段としては「誓約書」を作成することです。

 

誓約書とは簡単に言うと

 

「~さんと浮気していたことを認めます」

「浮気相手とは一切の関係を断つことを誓います」

「もし約束を破れば慰謝料○○○万円支払います」

 

この様な浮気の再発を防止する内容が書かれた書面です。

 

この誓約書はあなたの旦那さんはもちろん、浮気相手にも書いてもらいましょう。

 

浮気の当事者双方から誓約してもらうことで、より再発防止に効果があるので安心です。

 

※誓約書についての詳細は「これが、不倫や浮気をやめさせる方法となります」をご覧ください。

 

 

夫婦関係を修復させよう

夫の浮気の事実が発覚すると、否応もなく夫婦関係にヒビが入ります。

 

このヒビは放置しておくと、さらなる夫婦関係の悪化を招き、最終的には離婚という結果にもなりかねません。

 

ですので、夫婦関係の修復は必須です。

 

浮気した全責任は夫にあるとは限らず、妻も多少なりとも責任があることが多いのです。

 

例えば、夫が妻にセックスを求めても、いつも拒否している場合や、子供の世話ばかりで夫はいつも適当にされているなど。

 

この様に、自分の性的欲求や愛情を補う為に浮気してしまう男性も多いのです。

 

ですので、妻自身も見つめ直すことが必要です。

 

このことが夫婦関係の修復の第一歩となります。

 

なお、夫婦関係の修復方法の詳細は「これが、夫婦関係を修復させる方法となります」をご覧ください。

 

 

離婚を決意したなら「浮気の証拠」を固めよう

夫の浮気が許せず離婚するなら、まずは浮気の証拠をバッチリ押さえましょう。

 

なぜなら、浮気が原因で離婚する場合は、夫に慰謝料を払ってもらうことが出来るからです。

 

浮気の事実があったことを証明できる証拠が無ければ、夫から慰謝料を払ってもらうことは出来ません。

 

浮気の決定的な証拠としては、二人がラブホテルに出入りしているところを撮った写真や動画です。

 

他には、浮気があったことが伺えるメールや、通話履歴、夫や浮気相手が浮気を認めた書面などがあげられます。

 

注意点としては、これらはそれ単体では裁判になった場合、浮気があったとは認めてもらえにくいです。

 

ですので、それ単体だけでなく、複数の証拠が必要となります。

 

※浮気の証拠についての詳細は「その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?」をご覧ください。

 

 

離婚協議を進める

夫の浮気の証拠を押さえたなら、次に離婚協議を進めます。

 

協議する主な内容は次の通りです。

 

  • 子供の親権
  • 養育費
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 面会交流

 

これらのことを二人で話し合い決めていきます。

 

取り決めたことは口約束ではなく、離婚協議書などの書面に必ず残すようにしましょう。

 

口約束だと証拠がありませんので、養育費や慰謝料を払ってもらえなくなる可能性が高いからです。

 

そして、必ず離婚協議書を作成してから離婚届を提出するようにしましょう。

 

※離婚協議書の詳細については「離婚協議書を公正証書にすることで効力は絶大となります」をご覧ください。

 

 

浮気の慰謝料の相場とは

浮気の慰謝料の相場はあってないようなものです。

 

なぜなら、婚姻期間や経済力などの様々なことを考慮して決められるからです。

 

ですので一概には言えません。

 

ただ過去の判例等を見ると、浮気が原因で離婚した場合の慰謝料の金額帯として多いのは「200万円前後」の額となっています。

 

※浮気の慰謝料の詳細については「不倫慰謝料の相場と慰謝料額が増額となる事情をお教えします」をご覧ください。

 

 

場合によっては浮気相手にも慰謝料を請求できる

離婚することになった責任は何も夫だけではありません。

 

夫の浮気相手にも多少なりとも責任があります。

 

妻とすれば夫だけでなく、浮気相手にも責任を取ってほしいと思うのは当然です。

 

そこで場合によっては、責任を取らす為、夫のみならず浮気相手にも慰謝料を支払ってもらうことが出来ます。

 

浮気相手に慰謝料を請求するには、主に次の要件が必要です。

 

  • 浮気相手が夫を既婚者だと知っていた
  • 肉体関係があった
  • 夫婦関係が破綻していなかったこと
  • 浮気の証拠があること

 

浮気相手に慰謝料を払わす方法については「このようにして不倫相手には慰謝料を請求します」をご覧ください。

 

 

 

「これが、旦那の浮気を見極めるチェック方法です」まとめ

今回は、夫が浮気や不倫をしているかどうかを見極めるチェック方法を主に取り上げました。

 

参考になったのなら幸いです。

 

大事なのは旦那さんが浮気をしていると確信や可能性が高いと思ったなら、すぐに問い詰めて白状させることです。

 

決定的な証拠を得るまで待っていたなら、旦那さんと浮気相手の関係が深まり、別れさすことが難しくなる恐れがあります。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
タグクラウド
1回限りの性交渉と不貞行為 ソープランドと不貞行為 ペティングと不貞行為 ホテルに入ったが性交渉なし、不貞行為 不倫が伺えるメール(ライン) 不倫の事実を認める書面 不倫の内容証明のメリット 不倫の内容証明の目的 不倫の慰謝料が請求できない場合 不倫の慰謝料額と不倫の度合い 不倫の慰謝料額と婚姻期間 不倫の求償権とは 不倫の求償権とトラブル 不倫の求償権と示談書 不倫の求償権の放棄 不倫の決定的証拠 不倫の示談書の必要性 不倫の示談書の記載事項 不倫の証拠が必要な場面 不倫の証拠を組み合わせる 不倫事実の守秘義務 不倫慰謝料が高くなる事情 不倫慰謝料を相場より高く確保する方法 不倫相手と私的接触禁止 不倫相手に対しての慰謝料の相場 不倫相手に対しての慰謝料請求書の例文 不倫相手に対して慰謝料が請求できる条件 不倫相手に対して慰謝料を請求する方法 不倫相手に対する慰謝料請求調停 不倫相手に慰謝料に応じさせるポイント 不倫相手に慰謝料請求する際のポイント 不倫示談書の書き方 不倫示談書の清算条項 不倫示談書の雛形 不倫調停のメリット 不貞行為の定義 不貞行為の慰謝料 不貞行為の慰謝料の相場 浮気の内容証明 浮気の慰謝料 浮気の法律 浮気の示談書 浮気の調停 浮気相手に対しての慰謝料請求 離婚の有無と不倫慰謝料の関連性
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
人気記事(30日集計)