旦那 浮気 証拠がない

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の証拠 » 旦那の浮気の証拠がない、全く掴めない方の証拠の掴み方はコレ!

旦那の浮気の証拠がない、全く掴めない方の証拠の掴み方はコレ!


両手で何かを掴むとしている

ここ数カ月の旦那の様子が明らかにおかしいので浮気をしていると確信。

 

そこで旦那の浮気の証拠を見つけようとするも、スマホは常に完全ロックされているし、行動が怪しい日の持ち物やカーナビの記録など全てを確認したけど何も証拠がない…。

 

このように旦那の浮気の証拠が全く掴めなくて、悩んでいる方は多いですよね。

 

しかし、証拠が掴めない状態が続くことは、浮気の問題が解決できないどころか、取り返しのつかない事態になる恐れも。

 

ここでは、隙がなくボロを出さない旦那から浮気の証拠を掴む方法を取り上げますよ。

 

 

旦那の浮気の証拠がないのは大問題

頭を抱え込んで悩んでいる女性

 

冒頭で旦那の浮気の証拠が全くない状態だと、取り返しのつかない事態になる恐れがあるとお伝えしました。

 

なぜなら、次のような深刻な事態に陥る可能性が十分にあるからです。

 

  • 浮気を認めさせることができない
  • 慰謝料を払わすことができない
  • 浮気相手に大金を使われてしまう
  • 浮気が本気になってしまう
  • 嫌な気持ちを一生ひきずる

 

それでは個別に内容をお伝えします。

 

 

浮気を認めさせることができない

旦那に浮気をしていることを問い詰めても、証拠がない状態では高確率で浮気を否定してきます。

 

それどころか「証拠もないのに俺を疑うのか!」等と逆ギレされた上に、自分が妻に浮気を疑われていることを知ったことで、バレないように警戒をさらに強めてしまいます。

 

最悪、「俺を信用できない奴とは、もう一緒にやっていけない」となり、あなたの意思に関係なく、一方的に離婚を求めてくる事態になる恐れもあります。

 

 

慰謝料を払わすことができない

旦那に浮気されたことが原因で離婚となったなら、当然ながら旦那やその浮気相手に慰謝料を払わせて、しっかり責任をとらせたいですよね。

 

しかし証拠がない状態では、浮気の事実を旦那や浮気相手が否定してしまえば、もはやそこまで。

 

なぜなら、裁判で慰謝料を求めても、旦那が浮気したことを立証できないので、慰謝料を支払えという判決を得ることができないからです。

 

慰謝料は、離婚後の生活を安定させる上で欠かせないお金なので、それが得られないとなると経済的に困窮して、あなたや子供が惨めな思いをすることになりかねません。

 

 

離婚したくてもできない

私や子供を平気で裏切るバカ旦那とはこの先もうやっていけない!となったとします。

 

しかし旦那は浮気を否定し、離婚も絶対に応じない姿勢を見せてきた。

 

そうなれば、裁判で旦那の浮気を理由に離婚を求めることになりますが、浮気の証拠がない状態では、裁判所が離婚判決を出すことはありません。

 

このように浮気の証拠がないと、嫌すぎる旦那と離婚したくても、できない状態に陥る可能性があります。

 

 

浮気相手に大金を使われてしまう

浮気の証拠があれば、旦那とその浮気相手を別れさすことができます。

 

仮に、旦那が浮気相手との交際をやめる気がなくても、あなたが浮気の証拠を元に、浮気相手に対して慰謝料の請求や関係解消を求めれば、旦那との関係を切るでしょう。

 

でも浮気の証拠がなければ、旦那や浮気相手は「ただの友達だから」等と言って、交際をやめようとはしません。

 

別れさせることができなければ、旦那は浮気相手に高価なプレゼントを贈る等して、どんどんお金を使います。

 

それは本来、旅行や子供の進学など家族で使う大事なお金なのに、不倫相手の為に消えてしまうのです。

 

また離婚となれば、財産分与で得られるお金が大きく減ってしまうことに…。

 

 

浮気が本気になってしまう

旦那に浮気をされても子供の為に、または旦那に愛情が残っているから、離婚はせずに夫婦関係の修復を目指す場合もあるでしょう。

 

先ほどの「浮気相手と別れさすことができない」の所でもお伝えした通り、証拠がないと旦那と浮気相手を別れさすことが難しくなる恐れがあります。

 

なぜなら、旦那と浮気相手の交際が続くことで関係性が深くなり、旦那があなたと別れて浮気相手と一緒になりたい!と本気になることも…。

 

そうなると、あなたが旦那との関係修復を望んでも、最終的には離婚になってしまう恐れがあります。

 

 

嫌な気持ちを一生ひきずる

あなたが旦那に浮気されたことを許せずに離婚となったときに、浮気の証拠がないが為に、旦那に責任を何1つ取らすことができません。

 

悪いのはあなたを裏切った旦那なのに、謝罪どころか不誠実な態度をとられ続けて、とことん傷つけられ、こちらが泣き寝入りして終わってしまうのです。

 

旦那の「浮気の事実を証明できない」ということは、このような理不尽が過ぎる事態をもたらせてしまうのです。

 

到底、納得できるものではなく、いつまでも気持ちに整理がつかずに、今後ずっと嫌な気持ちを引きずって生きていくことにもなりかねません。

 

 

 

ボロを出さない旦那から浮気の証拠を得る3つの方法

不倫カップルがタクシーに乗り込む

 

これまでお伝えした通り、旦那の浮気の証拠がないことで、取り返しのつかない事態を起こしてしまう可能性は十分にあるので、それだけは避ける必要があります。

 

しかし、浮気の証拠が残ることを警戒している旦那の元では、今までと同じやり方では、いつまで経っても証拠を掴めない状態がおそらく続くでしょう。

 

であるならば、自分の方から動いて旦那の浮気の証拠を掴みに行くことが必要です。

 

自分の方から動いて証拠を掴む主な方法は次の3つです。

 

  • 探偵を利用する
  • ボイスレコーダーを仕掛ける
  • GPSを設置する

 

 

探偵は浮気の証拠を得る可能性が最も高い方法

浮気調査という文字を虫眼鏡で覗いている

 

浮気の証拠を得られる方法として最も可能性が高いのは、やはり探偵に依頼して、旦那がラブホテルや浮気相手の家に出入りする写真や動画を撮ってもらうことです。

 

しかし、探偵による調査料金は高額ですので、旦那の浮気に関する情報や手掛かりが何も無い状態で依頼すると、調査に時間を要するのであっという間に莫大な費用が掛かります。

 

ですので、探偵を利用するならば、旦那の動きをそれなりに把握した上で依頼するほうが現実的です。

 

旦那の行動パターンが分かれば、調査依頼をかける時間を絞ることが可能となり、費用もその分押さえることができます。

 

また探偵の選び方を間違えると、何1つ証拠を得ることができないまま、高額な費用だけを取られてしまう最悪な事態になってしまうので、探偵選びは重要です。

 

間違いない探偵選びについては「不倫調査を依頼する探偵選びで押さえるべき8つのポイント」で詳しく取り上げています。

 

 

ボイスレコーダーで2人の会話を録音する

ボイスレコーダー

 

旦那が乗る車などにボイスレコーダーを仕掛けて、不倫相手との会話を拾い、それを証拠とするのも1つの方法です。

 

たとえば「今日はどこのホテルに行く?」「〇〇に行きたい」等といった会話だったり、カーセックス中の音声は、浮気の状況証拠の1つとなります。

 

状況証拠とは、それが不貞行為(体の関係)があったことを直接証明するものではなく、背景や関係などから事実を推定し、裏付けできる証拠となるものです。

 

最近は、マイクの性能が高い小型で大容量のボイスレコーダーがあるので、以前と比べて2人の会話データを得られる可能性は上がりました。

 

 

 

ボイスレコーダーを仕掛けていることがバレやすい

 

ボイスレコーダーを仕掛けても旦那と浮気相手の声を拾えなければ、全く意味がありませんので、どうしても運転席と前方の助手席に近い部分に設置する必要があります。

 

なぜなら、その位置より遠いところに設置しても、エンジン音や車内の音楽でかき消される可能性が高いからです。

 

ですので、どうしても旦那や浮気相手との距離が近い位置に設置する必要があるので、ふとした瞬間にバレてしまう可能性が高くなります。

 

それ以外にも、旦那が浮気相手と会う前に、車の中を綺麗にしようと思って掃除している時にバレてしまう、なんてことも起こりうるのです。

 

 

このようにボイスレコーダーを仕掛けることはリスクが高いですが、それでも実行したい場合は次の2つの要件を備えるのは絶対です。

 

① 小型でマイクの性能が高く長時間の録音ができる物、かつ目立たない色のボイスレコーダーを使う。

 

② 運転席、助手席などあらゆる場所からも、ボイスレコーダーが見えない死角を見つけて設置すること。

 

 

GPSで確実に裏をとりにいく

GPSのイメージイラスト

 

GPSを旦那の車などに仕掛けることで、「いつ」「どこに行ったか」が分かるようになるので、そこから浮気の状況証拠を得ることが可能です。

 

たとえば、旦那が急に「明日は泊りの出張ができた」と言ってきたので怪しいと思い、その日の夜に旦那に仕掛けたGPSの位置を見るとラブホテルだった。

 

GPSの性能によっては、日時や詳しい住所、滞在時間などの履歴を残すことができるので、その履歴データがあれば立派な状況証拠となります。

 

 

他にも、旦那がLINEで「今日の夜は本社で会議だから帰りは遅くなる」と連絡してきたが、その夜のGPSの履歴を見れば、本社ではなく見知らぬ家に長時間に渡り滞在していた。

 

このように旦那の言っている事と、実際の行動が違うことを示すGPSの履歴データがあれば、ウソを証明できるようにもなります。

 

そのウソが積み重なれば、旦那は言い逃れができなくなり、最終的に浮気を認めさせることができる結果、新たな証拠を掴めることに繋がるのです。

 

新たな証拠の掴み方は後の「旦那に浮気事実を書面で認めさせて新たな証拠を掴む」の欄でお伝えします。

 

 

 

GPSを車外に設置できるタイプのならバレない

 

GPSはボイスレコーダーと同様に、旦那に設置していることがバレる可能性があるものですが、車外に設置できるタイプならバレる可能性はかなり低いです。

 

具体的には、車の底の部分にGPSを設置できるタイプなら、地面に膝をついてのぞき込まない限り、GPSが見えることはありません。

 

 

旦那の鞄など持ち物にGPSを忍ばせる場合は、車外に設置するよりはやはり、バレる可能性は高まりますので、バレないようにする為の対策は必須です。

 

小型で無音・無振動・無発光のGPSを用意し、それを見つかりにくい場所に忍ばせるのは当然ですが、ぱっと見てもGPSだと分からないようにカモフラージュも必要。

 

たとえば、ポケットティッシュの中に紛れ込ませておけば、旦那がぱっと見ても実際にティッシュを使おうとしない限り、そうそうバレることはありません。

 

なお個人でも簡単に浮気調査ができて、しっかり証拠も得られるGPSは「イチロクGPSなら低費用で簡単に不倫調査ができて証拠も入手!その理由を徹底解説」で取り上げます。

 

 

 

旦那に浮気事実を書面で認めさせ新たな証拠を掴む

探偵やボイスレコーダー、GPSを使って旦那の浮気調査をした結果、決定的ではないが浮気が十分に疑える証拠を得ることができたとします。

 

それを以下のように使えば、旦那に「浮気事実を認めた書面」という新たな証拠を掴むことができます。

 

たとえば、先ほども例に挙げた、旦那の言っている事と実際の行動が違うGPS履歴データがたくさん用意できれば、それを旦那に突き付けて、次のような揺さぶりをかけるのです。

 

 
あなた言っている事とやっている事が全く違うけど、どういうこと!?

 

あなたが浮気しているのは分かっている。離婚されたくなければ書面で認めなさい!

 

多くの男性は離婚を覚悟で浮気をしていませんので、浮気が伺える証拠と共にこのような揺さぶりをかければ、離婚されたくない旦那はすぐに堕ちます。

 

そして素直に浮気をしたことを書面で認め始めるのです。

 

証拠は多いほうがいいので、その際は書面の他にも、ボイスレコーダーで浮気したことを認めさせた音声データも証拠として撮っておきましょう。

 

※旦那が浮気を認めたときに書かせる書面の詳細は「夫が不倫を認めたなら謝罪文を必ず書かすべき理由」で取り上げています。

 

 

 

旦那の行動パターンを分析し決定的な証拠を掴む

指と折れ線グラフ

 

旦那の性格によっては、浮気が伺える証拠を元に問い詰めても、事実を否定したり、言い逃れをする等して、絶対に認めないタイプもいるしょう。

 

この場合は、今持っている状況証拠だけで裁判をしても、旦那が浮気をしていたとは認めてもらえません。

 

ですので、旦那が否定してきそうな可能性が高い場合は、さらなる証拠を掴む必要があります。

 

どうすればいいかと言えば、GPSで旦那の行動パターンをしっかりと分析した上で探偵を利用することです。

 

GPSで旦那の行動パターンを分析できれば、次のような情報を探偵業者に提供できます。

 

    • いつも浮気相手と待ち合わせる場所
    • よく利用する飲食店
    • 利用しているラブホテル
    • 不倫相手の自宅住所・・・など

 

具体例を出すと、

 

旦那は毎週木曜日の夜に〇〇町のオフィスビルに向かい、その後は□□にある和食屋に寄り、最後はいつも△△のラブホテルに行っている。

 

このような情報を事前に探偵業者に提供できれば、浮気調査する担当者が当日の対象者の行動が分かっているので、断然に尾行をし易くなるのです。

 

その結果、旦那と浮気相手がキスしている写真や、決定的な証拠であるラブホテルに出入りする写真なども掴める可能性は格段に高まります。

 

 

調査費用も最低限に抑えることができる

コストカットと書かれた文字とはさみ

 

既にお伝えした通り、旦那の浮気の証拠の手がかりが全く無い状態で依頼すると、調査に時間を要するので莫大な費用が掛かってしまいます。

 

ですが、GPSで旦那の行動パターンを分析できていれば、無駄な調査を極力減らすことができる為、調査費用も最低限に押さえることが可能です。

 

もしこれが、毎週木曜日の夜は旦那の帰宅が遅いという情報だけなら、無いよりはマシですが、情報が絞り込めていないので、やはり尾行のし易さは落ちます。

 

その分、時間も掛かり調査費用が膨らむので、やはり探偵に依頼する際は旦那の行動パターンをしっかり分析した上で行うべきですね。

 

 

決定的な証拠が得られなくても十分に戦える

探偵に依頼したからといって、ラブホテルに出入りする写真や不倫相手に出入りする写真が、必ず押さえられる確証は残念ながらないですよね。

 

しかし、ラブホテルや浮気相手の家に出入りする写真だけが、浮気を絶対に認めない旦那を観念させることができる、または裁判で浮気が認められる証拠ではありません。

 

旦那が浮気を絶対に認めなくても、離婚や男女問題が得意な弁護士を通じて、慰謝料請求をすれば旦那が離婚や慰謝料の支払いに応じることも十分あり得ます。

 

なぜなら、それだけ浮気を認めさせる為のポイントや駆け引きを知っているからです。

 

 

持っている証拠を組み合わせて浮気を立証させる例

 

また裁判になっても、持っている証拠を組み合わせれば、旦那が浮気をしたと認められる可能性も十分あります。

 

たとえば、ラブホテルに滞在していたことを示すGPS履歴データと、探偵の浮気調査によって掴んだ、旦那と浮気相手がキスをしている写真などを組み合わせることで、

 

2人に体の関係があったとの推定が働くので、浮気があったと認めてもらえる可能性が出てくるということです。

 

ですので、探偵に調査依頼した結果、決定的な証拠を得られなくても、離婚や男女問題が得意な弁護士に相談すれば、今持ち合わせている証拠でも問題解決ができるか否が分かります。

 

結果、弁護士が裁判でも立証できる等の判断をしてもらえれば、探偵に追加の浮気調査を依頼する必要はなく、新たな費用が発生することはありません。

 

 

 

旦那の浮気の証拠がない、全く掴めない方の証拠の掴み方はコレ!まとめ

今回は旦那の浮気の証拠が全くない状態から、どうすれば証拠を掴めるかを主に取り上げました。

 

浮気の証拠を全く残さない旦那からは、やはり自分の方から動いて浮気の証拠を掴みにいく必要があります。

 

3つの方法をお伝えしましたが、調査をしていることをバレにくく、かつ調査料金を抑えたいならGPSを利用した方法がお勧めです。

 

旦那の浮気の証拠がない…とお悩みの方はぜひ参考にして下さいね。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

まいみらいがお伝えしました。(夫の不倫相手に対する慰謝料請求などを載せた私のプロフィールはこちら

 

 

関連記事

 

個人でも簡単に不倫調査ができて、夫や妻の不倫の有無がハッキリ分かる&証拠も得ることができるGPSを紹介しています。

 

イチロクGPSなら低費用で簡単に不倫調査ができて証拠も入手!その理由を徹底解説

 

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。
⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを