不倫相手 慰謝料請求 仕方

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の慰謝料請求の方法 » 不倫相手に対する慰謝料請求の適切な仕方をお教えします

不倫相手に対する慰謝料請求の適切な仕方をお教えします


こんにちは、まいみらいです。

 

夫や妻の不倫相手に対する慰謝料の請求の仕方について、主なものをここでは取り上げます。

 

それぞれの請求の仕方には特徴があり、自分が置かれた状況と照らし合せて選ぶことが何よりも大事。

 

出たとこ勝負でやると、解決までに時間が掛かったり、さらなる精神的苦痛を負うことになりかねません。

 

適切な請求の仕方を知った上で、実際の行動に移すことが早期解決に導いてくれますよ。

 

 

最も問題を解決できる可能性がある仕方

私が不倫相手に慰謝料を請求する上で、最も大事だと考えるのは、1日でも早く不倫相手にケジメをつけさせ、問題を解決させること。

 

なぜなら、問題の解決が長引くほど、精神的・身体的な負担が圧し掛かり、私を苦しめたからです。

 

このことは不倫問題を抱えた方なら誰でも一緒だと思います。

 

好き好んで問題が長引くことを願っている方なんて普通いないはず。

 

そこで最初にお伝えする慰謝料請求の仕方は、最も早く問題を解決できる可能性がありますよ。

 

それは「不倫相手と直接会って、その場で示談書を交わすこと」です。

 

具体的な請求の仕方の流れは以下の通り。

 

 

不倫相手と会う約束をとりつける

不倫相手に電話やLINEなどして、2人で会う日を決めます。

 

場所はファミレスや喫茶店など、人がそれなりにいる所が適切。

 

後になって「脅迫されたから示談書に署名した」と言わせない為。

 

人が多い場所なら、そのような言い逃れも防げるので。

 

そして、不倫相手と会う日の約束をとり付ける際は、「あなたに不倫の慰謝料を払ってもらう為の示談書を書いてほしいので・・・」

 

みたいなことを伝えてはダメ。

 

警戒して拒否される可能性が大だからです。

 

「私の主人との件で話を聞きたいから、次の日曜日の13時にファミレスの〇〇で待ち合わせしましょう」

 

こんな感じで具体的なことは伏せて約束をとりつけることです。

 

 

示談書に署名・押印してもらう

当日に不倫相手と会ったときに、不倫の慰謝料請求を口頭で行います。

 

そして不倫相手が応じるのなら、その場で事前に用意していた示談書に署名・押印させるのです。

 

印鑑は100円ショップなどで購入して、不倫相手の分もこちらで事前に用意しておきます。

 

不倫相手が慰謝料支払いに応じたとしても、こちらで用意した示談書の内容の全てに応じるとは限りません。

 

特に金額面や支払い方法に関しては、不倫相手の都合もあり、2つ返事にはなかなかならないと予想できます。

 

ですので、ノート型パソコンやタブレット、スマホなどに示談書のデータを用意しておけばOK。

 

そして示談書の内容に修正が必要ならば、その場で直して携帯用のA4プリンターで印刷すれば対応できます

 

携帯用プリンターが無い場合は、近くのコンビニで印刷が可能。

 

このような請求の仕方をすれば、ほんの少しの時間で一気に問題を解決させることが可能ですよ。

 

 

この請求の仕方が合っている方

私も夫の不倫相手に慰謝料を求めて直接会いました。

 

もちろん抵抗がありましたし、平常心を保てるかは分かりませんでしたが、勇気を持って会ったのです。

 

不倫相手が素直に自分の過ちを認め、謝罪してくれることを信じて。

 

ところがその思いとは裏腹に、不倫相手には間反対の信じられないくらい失礼な態度をとられました。(怒)

 

自分自身に責任があるなんて微塵も思っていないどころか、次のような暴言で私のことを攻撃してきたのです。

 

「不倫される方に問題があるんじゃないの!?あなたの旦那に対する日頃の行いが悪かったから、こんなことになるのよ!」

 

不倫相手を思いっきりビンタしたい気持ちを必死に押さえて、なんとかその場をやり過ごしました。

 

よって、この請求の仕方は、私のように傷つけられる可能性も大いにありますので、お勧めは正直しません。

 

しかし、不倫相手との事前のやりとりで、自分の非を認めて謝罪を口にしているようであれば、やってもOKかなと思います。

 

 

 

一般的な仕方である「内容証明郵便」

不倫相手に対する慰謝料請求の一般的な仕方は、「内容証明郵便」を利用してのもの。

 

内容証明郵便とは、どこの誰が、どのような内容の手紙を、誰に対して、いつ届けたか、を郵便局が証明してくれるものです。

 

よって、不倫相手が手紙を受け取っていないとか、慰謝料の事は載っていなかった、などのふざけた嘘を防げます。(本当にこんな事を言うバカがいるんです)

 

また内容証明郵便で出した手紙には、郵便局の印鑑がバンバン押されていて、通常の郵便物と比べて、明らかに威圧感があります

 

 

内容証明郵便を送ることの効果

そして手紙には、不倫の慰謝料や謝罪を求める内容が書かれている。

 

よって、普通の人間ならば、頭が真っ白になる、焦る、プレッシャーを受ける等の精神的ダメージを受けます。

 

これこそが内容証明を送る大きな意味の1つだと私は思う。

 

なぜなら、不倫相手にようやく自分のしたことの重大さを気づかせることができるからです。

 

とはいえ、先ほどお伝えした事を郵便局が証明してくれる以外は、通常の郵便物と同じ。

 

よって、内容証明郵便を受け取ったからといって、不倫相手は何らかの法的義務を負うわけではありません。

 

ですが、この特別な郵便物を通して、請求に対するこちらの本気度や覚悟を不倫相手に見せつけることができるのです。

 

その結果、不倫相手も真剣にこの問題に向き合うようになり、こちらとの解決に向けての話し合いに応じやすくなります。

 

実際に弁護士などの専門家を通して送った内容証明郵便には、90%以上、何らかの回答が送られてきますよ。(私は1度無視られた…)

 

※内容証明郵便についての詳細は「不倫で内容証明郵便を利用しようと考えている方が知っておくべきこと」で取り上げています。

 

 

不倫裁判は強力だけど・・・

最後にお伝えする不倫相手に対する慰謝料請求の仕方は、裁判所で行われる「不倫調停」や「不倫裁判」です。(各制度の詳細は文字のリンクから)

 

結論からお話すると、最初の段階において、調停や裁判を利用して慰謝料を請求する仕方はお勧めできません。

 

なぜなら、問題解決までに時間が掛かるし(裁判の場合の目安期間:6ヶ月)し、高額な費用も必要だからです

 

先ほどもお伝えしましたが、身体的・精神的負担は不倫問題の解決までの時間に比例します。

 

であれば、自分がなるべくダメージを受けない為には、なるはやで解決させることが絶対なのです。

 

ところが、調停も裁判もそれに反する制度ですので、たとえ問題が解決しても自身がボロボロの状態になる恐れもあるのです。

 

それに加えて、裁判は特に費用が高額になるので、赤字になることも。

 

だから、最初から調停や裁判をするのは、自ら棘の道に突き進むようなものだから避けるべきなんです。

 

 

不倫調停や裁判をする場面

それでは不倫調停や不倫裁判をすべき段階はいつか?について。

 

答えは、不倫相手が次のような舐め切った対応をとり続けたとき。

 

  • 話し合いにすら応じない
  • 不倫した事実を一切認めない
  • 自分には責任がないと言い張る
  • 微々たる慰謝料額しか認めない

 

このような対応をとり続けるのは、自分には本気で責任がないと思っている道徳が欠落した人間か、裁判するなんて単なる脅しでしょ?と高を括っている人間。

 

どちらにしても、こんなクズを相手し続けても、もはや仕方ありませんし、ストレスMAXな思いをするだけ。

 

だから、裁判所から「アンタのやっていることは、世間的に許されないことだから慰謝料を払え」と命令してもらうしかありません。

 

裁判で慰謝料の支払いを認める判決が出れば、どれだけ不倫相手が拒否しようと逆らうことは無理。

 

非常に強力な慰謝料の請求の仕方ですが、やはりデメリットを考えると最終手段だと言えます。

 

ちなみに私が慰謝料を請求した不倫相手はクズでしたが、それでも示談で終わらせることが出来たので、最悪クラスのクズではなかったのが、せめての救いでしたよ。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

まいみらいがお伝えしました。(夫の不倫相手に対する慰謝料請求などを載せた私のプロフィールはこちら

 

 

 

関連記事


内容証明郵便で慰謝料を請求するにおいて、サンプルやひな型の文面をそのまま使うと失敗しますよ。

 

そのような事態を避ける為にすべきことをお伝えしています

 

サンプルの慰謝料請求書でも不倫相手に効く方法をお教えします

 

 

 

知らないでは済まされない!不倫相手の慰謝料請求の成功を左右する最重要ポイント

夫や妻の不倫相手に対しての慰謝料請求を失敗して、散々たる思いや更なる精神的苦痛を負わない為に、必ず押さえておきたい最重要ポイントを取り上げています。

 

無事に慰謝料請求を請求を成功させて、早期に心の平穏を取り戻す為には欠かせないことです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。
⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを