慰謝料請求 タイミング

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

不倫相手に慰謝料請求する適切なタイミングと順序を解説【簡単回収】


不倫相手に慰謝料を請求するタイミング

夫の不倫が原因で離婚することになった場合、夫の不倫相手にも慰謝料請求ができる場合があります。

 

不倫相手にも慰謝料を請求しようと考えた際、疑問として次のようなことが出てくるのではないでしょうか?

 

不倫相手に慰謝料を請求するタイミングはいつが適切?

 

夫と不倫相手に同時に請求すればいいの?

 

不倫相手から簡単に慰謝料を払わすには?

 

そこで今回は、不倫相手に慰謝料を請求するタイミングや順序について取り上げます。

 

この記事を読めば、不倫相手に対する慰謝料請求の適切なタイミングや順序が分かり、簡単に慰謝料を受け取れる可能性が高まります。

 

不倫相手にも慰謝料の請求を考えている方は、押さえてきたい内容です。

 

 

不倫相手に慰謝料請求する前に確認すべき事

吹き出しの中にチェックと書かれたノート

 

夫の不倫が原因で離婚するケースは多いです。

 

不倫をされた妻とすれば、不倫した夫に慰謝料を払ってほしいと思うのは当然。

 

また同時に、共犯者である夫(妻)の不倫相手にも、きっちり慰謝料を払ってほしい!と思うでしょう。

 

※ 不倫相手に慰謝料請求できる要件については「不倫相手に慰謝料を請求できる条件はコレです」で取り上げています。

 

そして、実際に不倫相手に慰謝料を請求することになるのですが、その前に確認しておきたいことが次のことです。

 

夫に対して、不倫相手にも慰謝料の請求をすることを考えていることを伝えた時、夫がどのような反応をするか?

 

 

夫が不倫相手を必死に庇ったなら今は請求しない

このとき夫が何も言わなかったり、請求することを少し否定する程度なら不倫相手に慰謝料を請求しても構いません。

 

離婚するにしろ、しないにしろ、このことがこの先に何か大きな支障になることがないからです。

 

しかし、夫が不倫相手を必死に庇ったときは、今は不倫相手に慰謝料請求することは控えた方が無難。

 

なぜなら、もしかすると夫は離婚した後に、不倫相手と再婚を考えているかもしれないからです。

 

再婚を考えていなくても、今後も交際を続けていきたいと考えている可能性も大いにあります。

 

妻が不倫相手に慰謝料を請求することで、不倫相手が夫のことを嫌ってしまい、交際関係を終わらそうするかもしれません。

 

夫とすればこのような事態は、何としてでも回避したいと考えています。

 

それにもかかわらず、妻が不倫相手に慰謝料を請求した場合どうなるかというと・・・

 

 

離婚協議中に不倫相手に慰謝料を請求するリスク

当然に夫は不機嫌になり、妻に対しての憎悪感が出てきます。

 

夫がこのような心境になることは、離婚時の話合いにおいて良いことは何一つありません。

 

妻が養育費や財産分与、慰謝料などのことを夫に話しても、不機嫌になった夫は妻の要望を聞き入れません。

 

何を言っても「養育費は○○万までしか出さない」とか「俺が稼いできた金をなんでおまえに分配しなければならない?」などなど

 

妻に強い恨みを持ってしまった夫には、妻の声は一切届きません。

 

悪いのは夫なのに、逆切れされてしまう状態に・・・

 

ですので、離婚協議中に不倫相手に慰謝料請求をするのは避けた方がいいです。

 

 

 

不倫相手の慰謝料請求も苦戦する

イライラしている女性

 

また、夫への慰謝料をはじめとする離婚条件の話し合いが全く進まないと同時に、不倫相手に対しての慰謝料請求も苦戦するでしょう。

 

慰謝料を請求したが、不倫相手はなかなか応じないことが予想できるからです。

 

不倫相手に慰謝料請求をして、相手が素直に自分の非を認めてすんなり慰謝料を払うなんてことは、ほとんどありません。

 

相手の大抵の反応は・・・

「相手が積極的に誘ってきたから私は悪くない」

 

なかには、

「浮気される方が悪いんじゃないの?」

「恋愛は自由だから何が悪いの?」

 

このような言葉を吐かれ、傷つくことに・・・

 

もちろん法律には不倫は駄目だと規定しているので、不倫相手の言い訳は最終的に通用しません。

 

しかし自分が悪いと思っていない相手に、慰謝料の支払いを認めさすには時間がかかります。

 

そして何よりも、素直に自分の責任を認めない相手と接触し、慰謝料の約束を取り付けるまでの精神的負担はかなり大きなものです。

 

 

 

不倫相手の慰謝料も簡単に回収する方法

不倫の慰謝料が入った紙袋

 

それではどうすればいいのでしょうか?

 

答えは、夫に不倫相手の分まで慰謝料を払ってもらえばいいのです。

 

不倫の責任は夫と不倫相手が連帯して取るものです。

 

だから夫に不倫相手の責任分まで払ってもらっても全く構いません。

 

先ほどもお伝えした通り、夫は不倫相手の関係を離婚後も継続したいと思っています。

 

夫は不倫相手の分も合わせて慰謝料を支払うことで、妻が不倫相手には慰謝料を請求しないなら払おうと考える可能性があります。

 

 

誰の支払いでもお金の価値は同じ

不倫相手からもらうお金も、夫から不倫相手の分まで支払ってもらうお金も、お金の価値としては一緒です。

 

不倫相手から払ってもらった1万円が2万円の価値になる訳ではありません

 

だとすれば、慰謝料を素直に支払ってもらえる方に請求する方が、当然ながら精神的負担が軽く済みます。

 

とはいえ、夫の不倫相手にもしっかり責任をとってもらいたい!と思う方も多いはずです。

 

その場合は対応法は「夫が不倫相手の慰謝料支払いを拒否した場合」の欄でお伝えします。

 

 

夫と不倫相手の慰謝料をきっちり回収するには

夫が不倫相手の分まで払うことに了承すれば、それを確実に支払ってもらう必要があります。

 

その為には、夫と不倫相手の分を合算した慰謝料を記載した離婚公正証書を作成することが必要です。

 

離婚公正証書を作成することで、もし夫が約束した慰謝料を払わない場合は、強制的に夫の財産から慰謝料を回収できるからです。

 

※ 離婚公正証書の詳細は「離婚協議書を公正証書にすることで効力は絶大となります」で取り上げています。

 

 

 

不倫相手に請求しないことを確約することも必要

POINTと印字された単語帳

 

不倫相手分も合わせて慰謝料を払う夫としては、妻が本当に不倫相手に慰謝料を請求しないか不安です。

 

「不倫相手に慰謝料を請求しない約束をしても、妻はやっぱり許せないと思い、不倫相手に請求するのでは?」

 

このように疑心暗鬼になり、一旦は不倫相手の慰謝料分の支払いを約束したが、覆し「やはり払わない」という恐れもあります。

 

法律的には夫が不倫相手の分までの慰謝料を払えば、不倫相手には慰謝料を請求することは基本的にできません。

 

たとえば、二人の分を合わせての慰謝料が300万円だと評価ができたとします。

 

夫が300万円を支払えば、妻は精神的苦痛が慰謝されたと判断されるので、それ以上不倫相手には請求できないということです。

 

※ このことについての詳細は「夫とその不倫相手は共同不法行為者だから求償権の理解が必要です」で取り上げています。

 

 

慰謝料請求しないことを書面に記載

しかし、夫とすれば不倫相手が慰謝料を払う必要はないと分かっていても、不倫相手に請求されること自体を避けたいと思っています。

 

なぜなら慰謝料を請求されると、多かれ少なかれ不倫相手と揉めてしまい、関係が悪化することを恐れているからです。

 

この夫の不安を解消するにはどうすればいいかというと、離婚公正証書に不倫相手には慰謝料を請求しないという約束を盛り込むことです。

 

この約束を離婚公正証書に載せる事で、夫の不安感を取り除くことができる為「やはり払わない」という事態を防ぐ事ができます。

 

 

 

夫が不倫相手の慰謝料支払いを拒否した場合

指で×を作っている

 

夫が不倫相手分の慰謝料の支払いを拒否した場合や、どうしても不倫相手に慰謝料を請求したい!場合はどうすればいいのか?

 

その場合、まずは養育費や慰謝料などの取決めをした離婚公正証書を作成します。

 

次に離婚届を提出して、正式に夫との離婚が成立させてから、不倫相手に慰謝料を請求することです。

 

まずは夫とケリをつけてから、不倫相手に慰謝料請求する方が、不倫相手の慰謝料請求に集中できます。

 

二人同時に請求するよりも断然精神的負担が軽く、スムーズに進む可能性が高いです。

 

 

不倫の証拠を出すタイミング

夫の不倫相手に慰謝料を請求する場合は、内容証明郵便で行うのが一般的です。

 

※ 不倫相手に対する慰謝料請求方法の詳細は「不倫で内容証明郵便を利用しようと考えている方が知っておくべきこと」で取り上げています。

 

その際、「不倫の証拠はいつ出したらいいの?」という疑問が出てくるかと思います。

 

結論からお伝えすると、不倫の証拠を出す必要はありません。

 

文章で次のような内容を入れ、具体的なことは明かさないでおきます。

 

「この度、○○と貴方との間に不貞行為があることの証拠を入手いたしました。」

 

これを見た不倫相手は、あなたがどのような証拠を持っているか分からないので、焦ることになるでしょう。

 

その結果、自分で追い詰められて素直に不倫を認める可能性もあります。(責任を認めるかは別ですが…)

 

もちろん不倫相手が事実を否定してきたり、証拠を出せと言ってくる場合もあるでしょう。

 

この場合は、あなたが持っている証拠によって対応が変わってきます。

 

決定的な証拠がない場合は、特に慎重に対応することが必要なので、前もって弁護士などに相談しておくべきです。

 

※ 不倫の証拠の詳細は「その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?」で取り上げています。

 

 

「慰謝料を不倫相手に請求するなら適切なタイミングや順序があります」まとめ

今回は不倫相手に慰謝料を請求するタイミングや順序について取り上げました。

 

夫に不倫相手の分の慰謝料を払わすか否かにかかわらず、夫との離婚問題が片付いてから、不倫相手に慰謝料を請求することです。

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

 

まいみらいがお伝えしました。(夫の不倫相手に対する慰謝料請求などを載せた私のプロフィールはこちら

 

 

 

離婚・不倫問題に強い弁護士を無料で見つける方法

あなたは弁護士を通して離婚や慰謝料請求を考えているが、次のような悩みや考えをお持ちではないでしょうか?

 

    • 弁護士選びには絶対に失敗したくない
    • 不倫問題に強い弁護士に相談したい
    • 夫の不倫相手からも慰謝料を受け取りたい
    • 解決実績が豊富な弁護士に相談したい
    • 女性の弁護士と相談したい…など

 

このような希望を満たしてくれる弁護士等を「無料」で探してもらえる案内所があります。

 

理想かつ離婚に強い弁護士をお探しの方は、詳細を下のオレンジ色のボタンからご覧ください。↓

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

comment closed

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。
⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを