不倫 内容証明 浮気

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫の慰謝料請求の方法 » 不倫で内容証明郵便を利用しようと考えている方が知っておくべきこと

不倫で内容証明郵便を利用しようと考えている方が知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


不倫相手等に慰謝料を請求する場合「内容証明郵便」を使用することは多いです。

 

一般の方は、内容証明という言葉自体は、聞いたことはあるかもしれませんが、詳しいことを知っている方は少ないと思います。

 

そこで、今回は不倫の内容証明郵便について知っておくべきことを取り上げたいと思います。

 

不倫相手等に慰謝料請求を考えている方の多くは、内容証明郵便を出すことになると思いますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

不倫の内容証明とは?

不倫をされた配偶者は、不倫をしたもう一方の配偶者や、不倫相手に慰謝料を請求することが可能です。

 

そして、主に不倫相手に対して、慰謝料を請求する際、よく使用されるのが「内容証明郵便」です。

 

不倫の場合における内容証明郵便は、慰謝料請求する場合以外にも、不倫相手に交際中止を求める際に使用することもあります。

 

 

内容証明郵便はどんな手紙?

内容証明郵便とは、手紙の一種であり

 

「どこの誰が」

「どんな内容の文章を」

「誰に対して」

「いつ」

 

郵便局が証明してくれる一般書留郵便物です。

 

紛争の事前防止、一定の法律効果を発生させる目的で、使用するのが一般的です。

 

内容証明郵便は、相手が受け取った日(配達日)が、重要ですので、「配達証明」を付けて利用するのが通常です。

 

 

 

不倫の慰謝料請求で内容証明を使用する目的とは?

内容証明郵便を使用して、不倫の慰謝料を請求する目的やメリットは次の通りです。

 

  • 不倫相手等に慰謝料請求した事実の証拠を確実に残せる。
  • 不倫相手等に対して、心理的圧迫を与えられる。
  • 慰謝料請求の真剣度を不倫相手に見せられる
  • 裁判外(示談)での問題解決が望める
  • 時効の中断ができる

 

それでは個別に取り上げてみましょう。

 

 

不倫相手などに慰謝料請求した事実の証拠を確実に残せる

繰り返しになりますが、内容証明郵便には「誰が、どんな内容を、誰に対して、いつ」を証明してくれる手紙です。

 

もし、不倫相手が「そんな手紙は来てない」「手紙にはその様な内容は書かれていない」

 

などと言ってきても、内容証明郵便を利用しておけば、そうした反論を防ぐことが出来ます

 

また、仮に裁判に発展した場合でも、その証拠力は高く非常に有効です。

 

 

不倫相手等に対して、心理的圧迫を与えられる 

内容証明郵便には差出人や郵便局の印鑑がたくさん押されています。

 

たとえば、文末には「この郵便物は平成27年8月1日 第000-00-00000-0 号 書留内容証明郵便物として差し出した事を証明します。 郵便事業株式会社」と書かれた判が押されています。

 

通常一般の方は、この様な特殊な郵便物を受け取ることはありませんので、緊張感や心理的圧迫感(プレッシャー)を感じます。

 

これら心理的圧迫感により、不倫を事実を認めさせたり、慰謝料の支払いに応じさせることが期待できます。

 

 

慰謝料請求の真剣度を不倫相手に見せられる

不倫相手に再三に渡り、電話や通常の手紙などで、不倫の慰謝料や謝罪を求めてきたが、全否定で応じようとしない

 

そこで、内容証明郵便で不倫の慰謝料請求書を通知しただけで、後日、慰謝料が振り込まれた来ることもあります。

 

これは、内容証明郵便を受け取った相手側に、次の様な心境の変化があったからです。

 

「今回は内容証明を送ってきたのだから、相手も生半可な気持ちではなく、本気になってきたな・・・。」

 

「応じなければ裁判をする気だろうから、そうなれば裁判所に出廷したり、弁護士に弁護を依頼する必要がある・・・」

 

「そうなれば時間が取られて仕事にも支障が出るし、多大な弁護士費用もかかるし、面倒な事態になる・・・応じるしかないか」

 

この様な感じで、請求者の真剣度や覚悟を見せつけることで、不倫相手等が話し合いや支払いに応じることが期待できます。

 

 

裁判外(示談)での問題解決が望める

裁判で不倫問題を解決しようと思えば、時間や多額の費用がかかるので、できる限り裁判にならないように考えるのが通常です。

 

ですので、裁判を起こす前に、まずは内容証明郵便を送り、示談で問題解決を目指すのが一般的な流れです。

 

実際、内容証明郵便を送り、そこからのやり取りを重ねる事で問題解決に至ることが大方で、裁判までになることは少ないです。

 

 

時効を一時的に中断をさせることができる

慰謝料請求には時効があり、不倫相手に対する慰謝料請求は、損害及び加害者を知った時から3年を経過してしまうと請求できなくなります。

 

仮に不倫相手に対する慰謝料請求の時効が、来月に成立するケースがあるとします。

 

この場合、いったん内容証明郵便で請求することで、その時効を一時的に中断させることが出来る効果が発生します。

 

なお、内容証明郵便で時効を一時的に中断したその後、正式に中断させようとすれば、6か月以内に訴訟等を提起する必要があります。

 

 

 

不倫相手の慰謝料請求書はどんな感じの文面?

ここで内容証明郵便などを利用した、不倫相手に対する慰謝料請求書の例文を載せたいと思います。

 

あくまで例文ですので、「このような感じの文面なんだな」というぐらいで見て下さいね。

 

お決まりですけど、下記文面の利用により生じた損害・トラブルに関して、当サイト管理者は一切責任を負いません。

 

 

不倫相手に対する慰謝料請求書の例文

 

通知書

 

私は○○○○の妻・○○と申します。

 

私は、平成○○年○月に夫と婚姻し、円満な夫婦関係を築いてきました。

 

ところが、昨年夏頃から夫の言動に不自然な点が多くなるなど、様子がおかしいと感じておりました。

 

そこで、○月○○日、夫に問いただしたところ、貴女と交際し不貞行為を繰り返していることを告白しました。

 

夫の書面による自白以外にも、メールその他の数多くの証拠を入手しています。

 

同日私は、貴女に電話でも確認し、貴女も夫が私と婚姻しているのを知っていながら、平成○○年○○月頃から不貞行為を繰り返していることを白状しております。

 

当然ながら、貴女の行為は不法行為(民法第709条)にあたります。

 

これにより、約○○年間続いた婚姻生活は、もはや修復不可能で、離婚せざる得ない状況となり、多大な精神的苦痛を負いました。

 

つきましては、貴女に対し、本書面を持って、以下の通り請求いたします。

 

<請求内容>

不貞行為の慰謝料として金200万円を指定金融機関の口座に振り込み入金にて支払うこと。

振り込み手数料は貴女負担とする。

 

<振り込み指定口座>

銀行名:○○銀行

支店名:○○支店

預金種別:普通預金

口座番号:0000000

口座名義:○○ ○○

 

請求内容の履行期限を本書到着時より2週間とします。

 

もしも本書到着後2週間以内に、上記事項についての履行がなされない場合、当然ながら、訴訟の提起をする所存ですので、ご承知おき下さい。

 

以上、宜しくお願い申し上げます。

 

平成○年○月○日

 

通知人 ○県○市○町○○

□□□□ 印

 

被通知人 ○県○市○町○○

△△△△ 殿

 

 

 

不倫の慰謝料請求は自分でも出来る?

不倫の慰謝料請求の内容証明郵便は、弁護士などの法律家ではない、一般人でも作成は可能です。

 

本屋で内容証明に関する本を購入すれば、具体的な作成方法は分かりますし、書式のフォーマットも載っています。

 

それらを参考にすれば、自分で書面作成から発送まで出来ます。

 

しかし、書店で売っている内容証明などの本は、あくまで一般的な内容しか書かれていません。

 

ですので、請求者の実情に合うかどうかは分かりません。

 

それに、内容証明郵便で慰謝料請求したからといって、相手が不倫の事実を認め、謝罪し、慰謝料の支払いに素直に応じる。

 

この様な展開になることはかなり稀です。

 

この後でも取り上げますが、大方の不倫相手の反応は、慰謝料を払うどころか、私は悪くない的な主張し、責任を認めません。

 

その様な相手を観念させるには、相手の主張では責任を逃れられないことを、論理的に辛抱強く説き伏せ続けなければなりません。

 

しかし、その様なことまで載っている本などはありません。

 

 

慰謝料請求を成功させたいなら法律家へ依頼しよう

仮に一通の内容証明郵便だけで、相手が慰謝料支払いに応じたとしても、支払いを確保する為に示談書を作成しなければなりません。

 

示談書とは、不倫問題について、被害者と加害者が話し合いをした結果、問題解決に至った。

 

その際に、不倫相手などの加害者が被害者に、支払うことになった慰謝料額や支払い方法などが明記された書面のことです。

 

示談書も本を参考にすれば、自分で作成することは可能ですが、こちらも一般的な内容しか載っていません。

 

ですので、請求者の状況に合わせた適切な示談書を作成するのは困難でしょう。

 

なお、示談書についての詳細は「どうして不倫の示談書を作成することが必須なのかをお教えします」をご覧ください。

 

以上のことから、一般人が内容証明郵便を出したり、示談書を作成するのは困難です。

 

ですので、自分の力だけで不倫相手に慰謝料を請求すると、失敗に終わる確率は高いといえます。

 

 

 

慰謝料請求に対する相手の対応

内容証明郵便等により、不倫相手に慰謝料請求をした場合、相手の対応としては、次の通り、大まかに分類することができます。

 

  1. 全て認める(全額支払いに応じる)
  2. 減額や分割いの申し出
  3. 言い訳(弁解)
  4. 事実を否認
  5. 回答が来ない

 

それでは、不倫相手からの対応である1~5に対して、請求側はどうすればいいかなどを取り上げていきます。

 

 

全て認める(全額支払いに応じる)

相手が全て認めてきた場合(かなり稀なパターンです)「示談書」の作成に進みます。

 

示談書とは、示談に至るまでの様々なことを記録し、将来的な紛争を回避するために作成する書面です。

 

たとえ相手が、一括で支払うと約束してきても、示談書の作成はするべきです。

 

そもそも口約束だけで払うといっても、本当に払ってもらえるかは分かりません。

 

支払いを確保するためにも示談書の作成は必須です。

 

 

減額や分割払いの申し出

相手が不倫の事実を認め、慰謝料の支払いに応じるが、慰謝料額の減額や分割払いを申し出てくることは多くあります。

 

この場合、不倫相手の資力や、経済状況などを検討し、減額や慰謝料の分割に応じるかを検討します。

 

その結果、減額等に応じるのであれば、示談書の取り交わしをすることになります。

 

 

言い訳・弁解をしてくる

不倫相手が言い訳・弁解をしてくることも、頻繁にあります。

 

特に言い訳として多いのが次の様な感じの内容です。

 

「あなたの夫が、私が断っているのにも関わらず、積極的に誘ってきた。だから私には責任はありません」

 

この場合は、判例(最判昭53・3・30)等を持ち出し、それは言い訳にならないことを伝え、相手を説得する流れとなります。

 

 

 事実を否認してくる
不倫事実を否認し、明らかに争う姿勢でいる場合には、これ以上やりとりをしても、問題解決に至ることは難しいです。

 

この場合は、民事調停の申し立てや、民事訴訟を提起し、問題の解決を目指すこととなります。

 

なお、民事訴訟を一般の方が自分の力だけで遂行するのは難しいですが、民事調停は十分可能です。

 

 

 回答が来ない

不倫相手から回答が来ない場合は、回答を求める催告の書面を送ります。

 

回答を送ってこない理由で、よくあるのが「どうすればいいか分からない」です。

 

どうしていいか分からないので、それを放置し「もしかしたらこれ以上は来ないかも?」と現実逃避する人も多いようです。

 

ですので、催告の書面を受け取ることで「やっぱり逃れられない」と観念して、何らかの回答があることはよくあります。

 

なお、催告の書面を送っても回答が無い場合は、拒否とみなして、調停や訴訟に進む流れとなります。

 

 

 

「不倫で内容証明郵便を利用しようと考えている方が知っておくべきこと」まとめ

今回は、内容証明郵便を利用した不倫相手に対しての慰謝料請求について主に取り上げました。

 

今回の記事が、内容証明郵便で慰謝料を請求しようと考えている方の参考になれば幸いです。

 

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

--------------------------------------------- 

 

私は夫の不倫がきっかけで離婚し、現在、離婚や男女トラブルを専門とする法務事務所に働きながら、息子と一緒に暮らしています。

 

私は不倫相手に慰謝料を請求した経験があり、その方にきっちりと責任を取ってもらいました。

 

とはいえ、慰謝料請求した当初は全然うまくいかず、相手の不誠実さに苛立ちが爆発するばかりでしたが、最終的にはケジメをつけることができ、前に進めるようになりました。

 

私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

 

不倫問題を解決させる為に必要な事とは?

 

 

 

 

不倫相手への慰謝料請求を失敗しない為に絶対に知っておくべきこと

不倫相手に対しての慰謝料請求を失敗して、散々たる思いや更なる精神的苦痛を負わない為に、必ず押さえておきたいポイントを取り上げています。

 

慰謝料請求を請求を成功させて、心の平穏を取り戻したい方は、下のオレンジのボタンをクリックして必ずご覧ください。↓

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを