不倫相手 復讐

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム » 不倫その他 » 不倫相手に対して、その復讐の仕方は大丈夫ですか?

不倫相手に対して、その復讐の仕方は大丈夫ですか?


不倫相手を絶対に許せない。

 

私が信じていたもの、私の存在も、全否定されたみたいな苦しみ。

 

本当に辛く、耐え難い気持ちが私の中を支配している。

 

それなのに、不倫相手が当たり前の様に、平穏に生活しているのが耐えられない。

 

だから「自分と同じ苦しみを与えたい!!」との思いから、不倫相手に復讐を考える方は少なくありません。

 

確かに不倫された側は、不倫相手に対して復讐することは可能です。

 

しかし、不倫をされたからといって、どんな復習の仕方でも認められる訳ではありません。

 

間違った復讐をすることで、形勢が逆転し、不倫された側が責任を取らなければならない事態になりかねません。

 

そこで今回は、不倫相手の復讐の仕方について取り上げます。

 

具体的には、やってはいけない復讐の仕方や、法が認めた復讐の仕方についてお伝えします。

 

 

 

やってはいけない復讐の仕方

不倫された夫や妻というのは、大半自身の人生や家庭をメチャクチャにされたとして、猛烈な「復讐心」を抱いていることが通常です。

 

ですので、不倫相手に対して、高圧的な言動や非難罵倒をすることも結構ありますし、ある程度はやむを得ないと思います。

 

とはいえ、不倫(不貞行為)は刑法上の罪ではなく、あくまで民事上の不法行為でしかないのです。

 

ところが、なかには感情的になり過ぎて、次の様なやり過ぎた言動を取る方がいます。

 

  • 不倫相手に暴行
  • 不倫相手に脅迫や恐喝
  • 不倫相手に退職要求

 

上記3つは、それほど珍しくはない例です。

 

しかし、これらの言動を取ってしまうと、不倫された被害者側だとしても、逆にこちらが責任を取ることになったり、

 

本来は出来るはずの、不倫相手への責任追及(復讐)が軽減されたり、出来なくなる恐れもあるのです。

 

それでは個別に詳しく取り上げていきます。

 

 

不倫相手に暴行

怒りの感情を抑えきれずに、不倫相手に次の様な行為に及ぶ方がいます。

 

  • 水やお茶などの飲み物をかける
  • 髪をひっぱ叩いたり、突き倒す
  • 殴る蹴るの暴行を加える・・・etc

 

この様な行為は、形の上では「暴行事件」や「傷害事件」に当てはまります。

 

刑法第204条(傷害)

人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

 

さらには、暴行した後で、慰謝料といった名で金銭等を奪うと「強盗」に当てはまります。

 

刑法第236条(強盗

1 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。

2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

 

繰り返しになりますが、相手が配偶者と不貞行為に及んだ事は、大いに問題があるとはいえ、あくまで民事上の不法行為に過ぎません。

 

それに比べて、不倫相手に暴行したり、その上金銭を取ることは、いずれもまぎれもない犯罪行為です。

 

どれほど許せないとしても、こういった行為をすれば、逮捕される可能性すらもあるのです。

 

ですので、当然ながら不倫相手に暴行を加えることは、絶対に避けましょう。

 

 

不倫相手に脅迫や恐喝

不倫相手の自宅や勤め先に自ら出向いたり、電話を掛けて連絡を取ったりするのは避けて下さい。

 

不倫相手に適切でない発言をしてしまった時

 

たとえば「これからあんたの勤め先に乗り込んで、会社の連中に不倫の事実をばらしてやるよ」

 

といった発言は「脅迫」に当てはまる恐れがあります。

 

刑法第222条(脅迫)

1 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

 

また「慰謝料を払わないと大変な事態になるよ」等といった発言は「恐喝」に当てはまります。

 

刑法第249条(恐喝)

1 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

 

仮に脅迫や恐喝をする気が一切なくても、直接接触したことが原因で、不倫相手の家族や勤め先など当事者以外に不倫事実がバレて、その責任を追及される可能性もあります。

 

 

不倫相手に退職要求

職場不倫であったケースでも、不倫相手に対して退職の強制をすることはできません。

 

勤め先に不倫の事実をバラし、不倫相手に退職を強制すれば、不倫相手から多額の損害賠償請求をされる可能性があります。

 

なお、不倫相手が自分の意志で退職するならば支障ありません。

 

よって、退職の意志の確認をするのも一案です。

 

 

 

法律で認められた復讐の方法とは

次に不倫相手に対して、どの様な復讐が可能かについてお伝えします。

 

不倫相手の不倫配偶者と行う不貞行為は、もう一方の配偶者の貞操を侵害するものです。

 

侵害をされたことにより被る精神的・肉体的苦痛は「金銭」にて償ってもらいます。

 

従って、不倫をされた側の配偶者は不倫相手に慰謝料、要するにお金を請求することが可能です。

 

また二人の関係解消、復縁の禁止を約束してもらう事や、謝罪させる事も可能です。

 

これらが、不倫相手に対して、法で認められた「復讐」であり、責任の取らせ方となります。

 

 

 

慰謝料を請求できる条件とは

不倫相手への慰謝料請求は、どんな場合でもできる訳ではありません。

 

以下の要件が必要となってきます。

 

  • 不倫相手が既婚者と分かっていた
  • 不貞行為があった
  • 夫婦関係が破綻していなかったこと
  • 不貞行為の証拠があること

 

それでは個別に見ていきましょう。

 

 

不倫相手が既婚者と分かっていた

不倫相手は、相手が既婚者だと分かっていながら不貞関係を結んだことが、不倫相手に慰謝料を請求できる条件です。

 

もし、不倫をした配偶者が「自分は独身者だ」と偽って、相手と不貞関係になった場合は、慰謝料請求は出来ません。

 

しかし、不倫相手が既婚者だと知らないことに「過失」がある場合は、慰謝料請求は出来ます。

 

「過失」があるとは、ちょっと注意したなら既婚者だと確認できる状態をいいます。

 

例えば、相手が同じ勤め先であるとか、婚約指輪を嵌めていた場合などです。

 

 

不貞行為があった

不倫配偶者と不倫相手との間に不貞行為、つまり性交があることが必要です。

 

ただ単に、手をつなぐ、キスをするなどプラトニックな関係であれば、不倫相手、不倫配偶者共に、慰謝料は原則請求出来ません。

 

※詳細は「不貞行為と不倫を同じ意味だと思っていませんか?」をご覧ください。

 

 

夫婦関係が破綻していなかったこと

慰謝料請求可能な根拠は、不倫が元で夫婦関係の破綻や、ヒビが入ることで、不倫された側の精神的平和を荒らされた為です。

 

従って、二人が不貞関係になった時には既に夫婦関係が破綻していた。

 

この場合には、判例上、法的に保護すべき利益が無いとされます。

 

それ故に、不倫相手、配偶者共に慰謝料請求は出来ません。

 

 

不貞行為の証拠があること

不貞行為の証拠が無くても慰謝料は請求可能です。

 

但し、不倫相手が不貞の事実を認めずに裁判となった場合、証拠が無ければ慰謝料は認めてもらえません。

 

裁判外で慰謝料請求するにせよ、証拠がある方が、より早く問題解決する可能性が高いです。

 

※不貞行為の証拠の詳細は「その不倫の証拠は不貞行為を認めさすことができますか?」をご覧ください。

 

 

慰謝料はどれくらい請求できる?

不貞の慰謝料の額においては、はっきりとした基準がありません。

 

だからと言って、何らかの基準がなければ決めようがありません。

 

そういう訳で、弁護士等の法律家が目安として挙げている額を、参考にし、ざっくりまとめました。

 

あくまで参考程度で見てもらえればと思います

 

【不倫相手への慰謝料の相場】

1回限りの不貞行為:慰謝料額~50万円

離婚に至らない場合:慰謝料額~100万円

離婚に至る場合:慰謝料額100万円~300万円

 

※不貞行為の慰謝料の相場の詳細は「不倫慰謝料の相場と慰謝料額が増額となる事情をお教えします」をご覧ください。

 

 

 

離婚するか否かで優先順位が変わる

不倫された側の配偶者は不倫配偶者と婚姻関係を続ける否かで、不倫相手に対しての責任の取らせ方の優先順位が変わります。

 

 

離婚しない場合

配偶者の不倫を許し、婚姻関係を続ける場合は、不倫相手から慰謝料はさほど貰う事が出来ません。

 

ですから、復讐したい、痛い目に遭わせたいからといって、慰謝料の額にこだわるのは止めるべきです。

 

それよりは、不倫再発防止の為、二人の関係解消の確約をさせることの方が大事です。

 

 ※不倫再発防止法の詳細は「これが、不倫や浮気をやめさせる方法となります」をご覧ください。

 

 

離婚する場合

不倫をした配偶者をやっぱり許すことが出来ない為、離婚することになった。

 

この場合は、不倫相手から謝罪してもらっても、離婚になった以上、何の意味もありません。

 

加えて、関係解消や復縁禁止の確約も同様に意味のないものです。

 

不倫相手の謝罪を受けたところで、もう二度と夫婦関係が修復することはありません。

 

「どうせ形式だけの謝罪でしょ?心から申し訳ないなんて思ってもいないくせに!!」

 

といった様に、逆に増々あなたをイラつかせるだけかもしれません。

 

よって、離婚の選択をしたのなら、不倫相手からの「謝罪」にはこだわらず、不倫相手に慰謝料を払わす事にウェートを置くことです。

 

 

 

まとめ

今回は、不倫相手の復讐の仕方について取り上げました。

 

憎き不倫相手ですが、復讐する方法は基本的に「慰謝料」を請求して、相手をギャフンと言わせる他ありません。

 

不倫相手を、ひっぱ叩いたりしたくなる衝動に駆られるかもしれませんが、それをしてしまうと逆にこちらが不利になる要素があります。

 

よって、そこはグッと抑えてくださいね。

 

 

 

--------------------------------------------- 

 

私は夫の不倫がきっかけで離婚し、現在、離婚や男女トラブルを専門とする法務事務所に働きながら、息子と一緒に暮らしています。

 

私も不倫相手に慰謝料を請求した経験があり、その方にきっちりと責任を取ってもらいました。

 

とはいえ、慰謝料請求した当初は全然うまくいかず、相手の不誠実さに苛立ちが爆発するばかりでしたが、最終的にはケジメをつけることができ、前に進めるようになりました。

 

私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

 

不倫問題を解決させる為に必要な事とは?

 

 

 

 

 

不倫相手への慰謝料請求を失敗しない為に絶対に知っておくべきこと

不倫相手に対しての慰謝料請求を失敗して、散々たる思いや更なる精神的苦痛を負わない為に、必ず押さえておきたいポイントを取り上げています。

 

慰謝料請求を請求を成功させて、心の平穏を取り戻したい方は、下のオレンジのボタンをクリックして必ずご覧ください。↓

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


↓「いいね!」「ツイート」ボタンを押していただけたら嬉しいです!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
協議離婚の対策をお考えの方
離婚調停の対策をお考えの方
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを