不倫 慰謝料請求

不倫の慰謝料請求講座

男女トラブルや離婚を専門に扱う某法務事務所に勤める1児のシングルマザーが、不倫の慰謝料請求に関する役立つ知識を発信します。

ホーム

私も不倫相手にきっちり責任を取ってもらいました

私は夫の不倫がきっかけで離婚し、現在、離婚や男女トラブルを専門とする法務事務所に働きながら、息子と一緒に暮らしています。

 

私は不倫相手に慰謝料を請求した経験があり、その方にきっちりと責任を取ってもらいました。

 

とはいえ、慰謝料請求した当初は全然うまくいかず、相手の不誠実さに苛立ちが爆発するばかりでしたが、最終的にはケジメをつけることができ、前に進めるようになりました。

 

私の離婚に至ったいきさつや、不倫問題を解決させる迄の経緯、早期に問題に解決させる為のポイント等を私の自己紹介と共に、下のリンクの記事でお伝えしています。

 

不倫問題を解決させる為に必要な事とは?

不倫相手の奥さんから慰謝料請求をされた時の適切な対処法を解説


いけない事だと思っていたものの、妻子ある男性と不倫関係になった。

 

不倫相手の奥さんにばれるリスクがあると思いながらも、ズルズルと関係を続けてしまった。

 

そのリスクは現実になり、ある日、不倫相手の奥さんから慰謝料請求の手紙が届いた。

 

この様な事態の想定はしていたものの、実際に慰謝料請求を受けてみると、パニックなり、何をしていいかサッパリ分からない。

 

強い恐怖感や自己否定等が襲い、もはや自分では収拾がつかない・・・

 

不倫の慰謝料請求された方の多くが、この様な悩みを持つと思います。

 

そこで今回は、不倫相手の奥さんから慰謝料請求をされた時の対応法について取り上げます。

 

無事かつ早期の問題解決を望む方は、ぜひご覧ください。

 

不倫慰謝料の内容証明が届いたら、これを見て早期問題解決を図りましょう


ある日突然、不倫相手の配偶者から、慰謝料を求める内容証明が届いた。

 

顔から血の気が引き、頭の中が真っ白になった。

 

それ以降、仕事や家事は全く手がつかず、何をどうしてもいいか分からないし、誰に相談していいかも分からない・・・

 

この様に、不倫の慰謝料請求の内容証明を受け取った方の多くは、自責の念に駆られ、強い不安や恐怖を抱えているかと思います。

 

ここでは、この様な問題を抱えた方が、問題を無事解決する為には、どの様に対応すればいいかについて取り上げます。

 

対応を間違えれば、訴訟や考えもしない最悪な事態にまで発展してしまいます。

 

無事かつ早期に問題を解決させたい方はご覧ください。

 

夫の浮気から夫婦再構築させる為に押さえるべき4つのポイント


夫が浮気をしていたことが分かった。

 

私を全否定された気分で、怒り、悲しみ、絶望など色んな感情が私に襲い掛かる。

 

そんな中で悩んで悩んで悩み抜いて、夫の浮気のことは忘れ、夫婦再構築を目指す決断をした。

 

でも、実際はなかなか気持ちの切り替えができない・・・

 

どの様に夫と接すればいいか分からない・・・

 

夫婦を再構築させる上で、この様な悩みを持つ方は多いかと思います。

 

ということで今回は、夫に浮気されてからの夫婦再構築について取り上げます。

 

不倫が違法か否か?違法ならどの様な責任追及が可能?を徹底解説


夫が会社の部下と不倫関係にあることが発覚し、それ以降私は悲しさや怒り、やるせなさ等で本当に辛い日々を送っている。

 

夫は謝罪こそあるものの「彼女とはつい出来心で、遊び感覚で不倫関係になってしまった、でも本気じゃないから気にしないで」

 

この様な感じで自分が不倫したことを軽く流さそうとしている。

 

でも不倫された側の私は納得いかないし、よく分からないが不倫は違法であり、法的に責任を取ってもらう事が可能では?

 

不倫された側とすれば、この様な疑問を持たれるかと思います。

 

そこで今回は「不倫は違法か」をテーマにして取り上げます。

 

不倫が伺えるLINEやメールは裁判でも通用する証拠なのかをお教えます


ある日、夫のスマホの画面にLINEのトークがポップアップされた。

 

私の知らない女性のアカウント名で「今日は短い時間だったけど一緒にいれて嬉しかった。次はお泊りでゆっくり会いたいな」

 

これを見た瞬間、強い衝撃が走り、真っ青になった。

 

その後、夫とその女性のLINEでやりとりを見返すと、体の関係があることもはっきりした。

 

気が動転しながらも、不倫の証拠を残す為、自分のスマホでLINEのやりとりの一部始終を撮影した。

 

この様に自身のパートナーの不倫発覚のきっかけが、LINEやメールからというケースは多いです。

 

その際、そのやりとりの画面を撮影したり、自分に転送する等して、不倫の証拠を残そうとします。

 

ここでは、そのLINEやメールが、いざという時の裁判でも通用する不倫の証拠になるのか?について取り上げます。

 

また不倫が発覚した際のとるべき対応についてもお伝えしています。

 

1 2 3 10
管理人紹介
管理人紹介
管理人:まいみらい

不倫相手への慰謝料請求経験者です。現在某法務事務所で働くシングルマザーが、不倫相手に対する慰謝料請求に関する詳しい情報を発信しています。⇒管理人の自己紹介

カテゴリー
最新記事
ブログ内検索
慰謝料請求を失敗しない為のルール
不透明な業界だからこそ、間違いない探偵選びを